沖縄製粉 株式会社オキナワセイフン
業種 食品
商社(食料品)
本社 沖縄

先輩社員にインタビュー

営業部 部長
匿名
【年収】非公開
これが私の仕事 営業課で業務用小麦粉・ミックス粉・小麦フスマの販売を担当しています
主に県内のパン業者、製麺所、洋菓子店等に業務用小麦粉・業務用ミックス粉の販売を行っています。また、小麦粉の副産物のフスマ(家畜飼料)を配合飼料メーカーに販売しています。さらに、現場でのお客様の意見を元に、開発グループと協力して新商品の提案・開発も行います。私自身の仕事ですが、一営業マンとして動いていた当時は、個人が担当とするお客様とのつながりが深く、担当のお客様に対する商品の販売や提案で頭がいっぱいでしたが、今は部長代理として部全体を見るようになり、視野が広がりました。会社がより良くなるために、販売促進部の一人一人にできることはないか、また私自身にできることはないか、と日々考えています。責任はありますが、その分結果が出たときにその喜びを人一倍実感できることが一番のやりがいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「お客様の声で強くなる、チームの団結力」
お客様を集めての講習会を行うことがあり、この日のために事前に販売部門と開発・技術サービス部門が一丸となって、社内プレゼンを行い何度も打合せを行いました。講習会は無事成功し、お客様から「とても良い講習会だったよ」「新商品開発のヒントになる」等たくさんのお褒めの声を頂いた時はとても嬉しかったです。また、お客様が新商品の開発で困っている時に、「何かお客様のために新商品の提案はできないか」と考えることが度々あります。その際も営業課だけでなく、技術サービス部門のメンバーも加わって打合せを行います。社内での提案から開発テストを経てお客様に提案するのですが、この提案が受け入れられ、さらに商品化までされ、ついにスーパーの店頭にその商品が並んでいるのを見た時に感じた喜びは今でも鮮明に覚えています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 生活の基礎を支える食品メーカーで働きたかったから
初めて海外に製品を出荷した時の喜びが深く印象に残っています。現在の沖縄製粉はまだ沖縄県内での販売がメインですが、昨年から香港・台湾で行われた展示会にも出展していて、販売促進に力を入れています。貿易には為替のリスクや相手国との商習慣の違いなどの障壁もありますが、相手側との信頼関係をつくり上げる事で、少しづつではありますが成果もでてきています。海外は市場も大きく大変魅力的なマーケットなので、今後の展開が楽しみですね。
 
これまでのキャリア 業務部商品管理課(2年間)⇒個人ベーカリーや洋菓子店向けの業務用粉の営業・小麦フスマの営業(7年間)⇒二次加工メーカー(パン・麺)への業務用粉の販売と小麦フスマの販売(現職)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動はいろんな企業を知る事ができる絶好のチャンスです。できるだけ多くの企業を訪問し説明会に参加し自分に合う会社かを見極めて下さい。焦らずに納得いくまで頑張って下さい。

沖縄製粉 株式会社の先輩社員

ユーザー様の製造ラインメンテナンスと二次加工での技術提供

営業部 営業課
大城 靖順
琉球大学 電気・電子学部

小麦を原料とした「小麦粉・ミックス粉・乾麺・ふすま(飼料)」の品質管理

品質管理室
石川 愛貴
青森大学 工学部 生物工学科

沖縄そば、サーターサンダギー、ちんすこうなど沖縄の食文化を支えてます。

営業部 営業課
小渡
琉球大学 法文学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる