福島県警察本部フクシマケンケイサツホンブ
業種 公社・官庁
本社 福島

先輩社員にインタビュー

双葉警察署
福島県巡査
【出身】日本大学  工学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 警察署の企画・運営、地域住民の相談担当等
警察安全相談や被害者支援などの業務を担当しています。相談を受ける際は、相談に来られた方と同じ目線で物事を考えるように心掛けるとともに、警察関係各係と連携を取ることで、相談内容から事件化や対応方法についての的確なアドバイスをしています。また、被害者の支援活動にについては、犯罪被害に遭われた方の心の支えとなれるように、被害者に寄り添った対応に努めています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
地域の生活に密着しており、住民の生活に役立っていることが肌で感じられる
双葉地方は原発事故で住民が避難しており、一時帰宅した際、自宅の敷地が荒らされていたという相談を受けました。その後、すぐに警察署のパトロール担当に連絡を取り、定期的にパトカーで相談者の自宅付近を警戒していたところ、後日帰宅していた相談者がパトカーを見つけて「ありがとう」と声をかけてくれました。自分が直接パトロールしたわけではありませんが、地域の方に安全・安心を感じてもらえたということが実感でき嬉しく感じました。また、私が行方不明者の捜索や帰還困難区域等の警戒パトロールに従事した際、住民の方から「いつもありがとう」「お疲れ様」と声をかけていただきます。その一言で、もっと頑張らなくてはという気持ちになります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 人の役に立つ仕事がしたい
私は、大きくなったら機械関係・生産の仕事に就きたいと思い、工業高校から大学の工学部へと進みました。実際に一度民間の会社へ就職しましたが、もっと人と関わる仕事がしたいと思い、直接人の役に立てる職業である警察官を志しました。警察官は毎日いろいろな方と関わる仕事であり、毎日の業務に変化があります。1日として同じ内容の仕事はありません。現在、全国でも例のない道の駅に警察署機能を置き、福島第一原子力発電所を管轄しています。復興の最前線署という特殊環境で避難者が一日でも早く帰還できるよう頑張っています。
 
これまでのキャリア 警察学校(6か月)→署地域課(1年10か月)→本部災害対策課(1年11か月)→署警務課(2年)

この仕事のポイント

職種系統 警察官・自衛官
仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は大変ですが、自分の人生を決める大切な時期だと思います。警察官は体力的にも気力的にも大変な仕事ではありますが、大きな充実感を得られる職業です。「福島県の復興を治安面から支えたい」、「心から人の役に立つ仕事をしたい」と思う方は、是非とも警察官という道を選んでいただきたいと思います。

福島県警察本部の先輩社員

交通事故の真相解明

いわき南警察署
福島県警部補
福島大学 経済学部

地域警察官は一番身近な警察官

田村警察署
福島県巡査
国士舘大学 法学部

警察官と共に県民の安全と安心を守るための多岐にわたる仕事

警察本部会計課
福島県警察事務職員
山形大学 人文学部

少年警察補導員として少年の健全育成に努める

棚倉警察署
福島県少年警察補導員
東京学芸大学 教育学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる