ミドリ久慈衣料株式会社
ミドリクジイリョウ
2021

ミドリ久慈衣料株式会社

作業用ユニフォーム
業種
アパレル・服飾・雑貨・皮革製品
本社
岩手

私たちはこんな事業をしています

【説明会8月19日より開催】
私たちミドリ久慈衣料は、ミドリ安全グループの作業用ユニフォーム国内生産工場として1985年に設立。オフィスウェアやワーキングユニフォームを生産してきました。着る人の安全と健康を守るため、機能性、デザイン性を追求。快適で働きやすいユニフォームを作り続けています。また、ユニフォームのほか、無塵衣、食品白衣、医療白衣、高級ファッションやカジュアルウェアーも手掛けています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

仕事が好きになる服を追求!快適で働きやすいユニフォーム製造

当社は、安全保護具メーカーであるミドリ安全グループの一員として働く人が快適に、安全に働けるユニフォームを生産してきました。ユニフォームは1日の中でも着ている時間が最も長い衣服。だからこそ、着心地と職場での安全に配慮したうえで、防汚、吸湿などの機能を備え、かつデザイン性も高いユニフォームづくりを心がけています。また、早期にジャスト・イン・タイム思想に基づくTSS生産方式を採用。多品種、少量生産、短納期で対応し、高付加価値・高品質な製品づくりを目指しています。ユニフォームを通し、ミドリ安全ならではの安心と働きやすさをお届け。気持ちがひとつになり、仕事が好きになる服を作り続けます。

戦略・ビジョン

効率化と生産性の向上を目指すとともに、人材育成に注力

生産性の向上や効率化を追求し、積極的に業務改善活動に取り組む当社。毎日小さな改善を積み重ね、効率化や不良の低減を目指すとともに、働きやすい環境づくり、高品質な製品を生み出せる職場づくりに力を入れています。そして、10年先を見て、できる限り自動化して効率化を図りたいとも考えています。また、当社が培ってきた技術やノウハウを若手に継承し、会社の若返りも目指しています。そのために、注力しているのが人材育成です。未経験者や海外工場への指導も行うなど、指導育成の経験も豊富なため、若手社員を独り立ちまで丁寧にフォロー。若手が生き生きと活躍できる環境を目指しています。

会社データ

事業内容 作業用ユニフォーム
異物混入防止対策ユニフォーム
オフィスユニフォーム
高級ファッション・カジュアルウエア
SP商品(Sales Promotion)注文商品
ST商品(STandard)カタログ商品のいずれにも対応
設立 1985年4月
資本金 1000万円
従業員数 72名(2019年5月現在)
売上高 315,034658円(2017年度実績)
代表者 取締役社長  川代 利幸
事業所 【本社】 岩手県久慈市大川目町 14-67-1
沿革 1985年4月 ミドリ安全グループの作業用ユニフォーム製造工場として設立
1986年9月 全員参加による、提案制度を導入
1987年12月 小ロットライン増設 従業員約65名なる
1989年2月 QCC活動を導入。(管理者よりサークル活動を開始)
1989年8月 QCCグループ大会にて代表グループが銀賞受賞
1990年1月 正社員によるQCC活動開始
1990年7月 姉妹工場として、アパレル中央株式会社を葛巻町に設立。
1990年8月 QCCグループ大会にて代表グループが銀賞受賞
1991年6月 QCCグループ大会にて代表グループが特別賞受賞
1991年10月 USAのAmerica 2 1st Inc、主催の研修場所となる
1992年6月 TSSコミュニティ総会にてQCC事例発表を行う
1993年5月 QCCグループ大会にて銀賞受賞
1994年5月 QCCグループ大会にて2年連続銀賞受賞
1994年7月 関連会社合同会議にてQCC事例発表を行う
1997年7月 CADシステム導入
2004年9月 CAM(自動裁断機)導入
2016年6月 社名を久慈衣料株式会社からミドリ久慈衣料株式会社に変更
ホームページ https://www.kujiiryou.com/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)