株式会社ネオス
ネオス
2021

株式会社ネオス

化学薬品の開発・販売、フッ素系界面活性剤、有機合成技術
業種
化学
商社(化学製品)/石油・石炭/タイヤ・ゴム製品
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

【モノづくりを化学の力で支える!】
金属同士の滑りを良くして、摩耗を防ぐ潤滑油。
金属をいためることなく、塗料をきれいにはがす剥離剤。
こうした製品を開発しているのが、私たちネオス。
フッ素系界面活性剤の開発をはじめ、様々な製品を開発しています。

独自の高い技術力で、
世界のモノづくりを支え、貢献する。
“Best Industry Supporter”として
存在感を発揮する会社です。

当社の魅力はここ!!

企業理念

研究・開発型企業として世界中のメーカーから頼られる存在です。

研究・開発を何より重視する当社。化学の力で、世の中をもっと便利にしたい…。環境を守りながら、住みよい暮らしを実現したい…。そんな思いで、昭和25年の創業以来「心魂開発」をモットーに様々な製品を世の中に送り出してきました。「ネオスのおかげで、新製品を発売できた」「製造工程の課題が、ネオスのおかげで解決できた」と大手メーカーをはじめとしたお客様から頼りにされる存在です。現在、取引先は海外にも拡大。環境に配慮した研究開発も進められています。これは、社員一人ひとりのアイデアや研究、努力があったから。これからも、ネオスは既存製品の改良・新製品の開発・新技術の研究を進め、世界のモノづくりを支えます。

戦略・ビジョン

世界中のお客様へ、材料だけでなく製造プロセスまで提供します。

これまで日本は「モノづくり大国」「技術大国」と呼ばれ、世界へ新たな製品や技術を発信し続けてきました。しかしグローバル化が進む現代、日本だけでなく世界中のメーカーと連携した製品開発が必要とされています。今、ネオスは、アジア圏をはじめとした世界中のメーカーと連携し、より一層の製品強化を進めています。これまで使ってきた製品にも「さらなる改良の余地はないか」と疑問を持つこと。そして、これまでにない新たな製品をつくりだすこと。世界中のどのメーカーにも当社の製品を知っていただくために、開発力の強化はもちろん、営業力や人材育成・組織強化にも力を入れて取り組んでいます。

仕事内容

こだわりぬいた製品だから、自信をもって送り出せる。

ネオスの研究・開発職は、好奇心旺盛なメンバーばかり。「新たな素材を使ってみたい」「もう少し実験を続けたい」など、仕事の進め方をメンバー一人ひとりが自ら考え、決定。もちろん上司や先輩はいつでも相談に乗ってくれますが「こうしなさい」と言われることはありません。誰もが変化を恐れず、ネオスやお客様のためにより良い製品をつくりだしたいと思っています。そうしてできた製品は、営業メンバーがお客様にご案内。ご要望を満たし、期待を超えられる製品を、自信をもって紹介しています。もちろん、売って終わりではありません。お客様に使っていただいた感想をおうかがいしながら、改良や新製品開発に活かしていくのです。

会社データ

事業内容 ■モノづくりを縁の下で支える化学薬品の製造・販売■
「洗浄」「剥離」「防錆・防食」「潤滑」などの
機能をもとにした化学薬品をそろえています。

たとえば、金属を削る際の潤滑性を高め、
金属の磨耗を低減する“潤滑油”。

工場の設備に付着した塗料を
キレイにはがし取るための“剥離剤”

自動車のハンドルを金型からきれいにはがす“離型剤”などは、
日本の大手動車メーカーでも使われています。

また、主力商品である“フッ素系界面活性剤”は、
「撥水性」「撥油性」「防汚性」「レベリング」等の機能を持ち、
お客様の主力製品に組み入れることで性能を強化することができる、
強力な添加剤となっています。


■環境配慮とコストダウンのための精密洗浄ならびに精密研磨■
「目に見えない異物を取りのぞく技術」を用いて、
精密部品や装置の使用年数をあげることに貢献しています。

たとえば精密部品の代名詞ともいえる半導体。
実は半導体を製造する装置にもクリーンな状態が求められています。

装置の汚れを取りのぞくことで、お客様の競争力強化に貢献しています。


■『表面機能をデザインする』ための表面コーティング技術■
創業60年を超えた当社。
これまで、様々な技術を積み重ねてきました。
これからはそれらの技術やノウハウ、知見を基に新たな事業を生み出します。

副資材(お客様にモノづくりの現場で使用して頂くもの)を中心とした製品群から
今後はお客様の製品に直接的に機能を付与し、
常に付加価値を提供し続けるコーティング技術を開発していきます。
創業 昭和25年8月(1950年8月)
設立 昭和27年10月(1952年10月)   阪神工業(株)<旧新日東工業(株)の前身>
資本金 4億975万円
従業員数 300(男250・女50)名
売上高 96億1,700万円(2018年9月期)
代表者 代表取締役社長   葛原 塁
事業所 【本社】      神戸
【支店】      東京(千代田区)
【事業所】     滋賀(湖南市)
【研究所】     滋賀(湖南市)
【工場】           川崎、滋賀(湖南市)、兵庫(赤穂)、大分、長崎、宮崎
【営業所】        仙台、埼玉(熊谷)、名古屋、北九州、大分、長崎
【海外子会社】  NEOS CHEMICAL (S) PTE. , LTD(シンガポール)、
                    LIYANG NEOS CHEMICAL CO.,LTD(中国)
           NEOS CHEMICAL(THAILAND)CO., LTD.(タイ)
業績            売上高      経常利益
────────────────────

2016年9月 88億1,300万円   4億8,600万円

2017年9月 89億5,100万円   7億1,800万円

2018年9月 96億1,700万円   6億8,600万円
関連会社 NEOS CHEMICAL (S) PTE.,LTD.(シンガポール)
LIYANG NEOS CHEMICAL CO.,LTD(中国)
NEOS CHEMICAL(THAILAND)CO., LTD.(タイ)
(株)エヌエスイー
(株)ネオテック
(株)ユニ・ネオス
平均年齢 41.4歳
平均勤続年数 16.6年
沿革 昭和25年 8月  葛原武男が神戸に阪神工業所を創業し、船舶修理業を開始
昭和27年12月  阪神工業に改組
昭和29年10月  日東化学洗缶工業を設立し、工業用洗剤の研究製造に着手
昭和30年10月  日東化学洗缶工業を新日東化学工業に改称
            工業用洗剤の本格的研究並びに製造に乗り出し「ネオス」の製品名で
                        界面活性剤を中心とした工業用洗剤、燃料油添加剤、防錆剤、除錆剤、
                        化成皮膜処理剤等の製造販売開始
昭和37年 1月  ネオスの総合研究所センターとして尼崎工場並びに中央研究所完成
昭和42年 5月  阪神工業を新日東工業に改称
            新日東化学工業を新日東化学に改称
昭和45年12月  滋賀に各種“ネオス”製造プラント工場として滋賀工場完成
昭和48年 7月  シンガポールに合弁会社NEOS CHEMICAL(S) PTE.LTD.を設立
             船舶及び油槽所タンクのケミカルクリーニング業務並びにネオス製品の
                        販売を開始
昭和51年10月  新日東化学と新日東工業を合併し、ネオスとして発足
昭和54年11月  中央研究所を尼崎より滋賀事業所内に移転
昭和57年 7月  滋賀事業所内に滋賀精密洗浄室を竣工稼動(現滋賀精密工場)
昭和59年 7月  滋賀事業所内にフッ素合成プラント工場として第3合成工場完成
昭和61年10月  大分市志村工業団地に九州地区の化学洗浄及び精密洗浄工場として
                        大分工場完成(現大分精密工場)
平成 3年 6月  長崎県西彼杵郡に精密洗浄設備を有した長崎工場完成
平成 4年 4月  埼玉県東松山市に精密洗浄・精密研磨工場としてUC技術開発室開設
             (現東松山UC工場)
平成 9年 8月  ネオスケミコートを吸収合併し、加西工場開設
平成11年10月  長崎支店と長崎工場と併合し、長崎県諫早市に長崎事業所を開設
平成13年 4月  ネオス興産を吸収合併し、赤穂工場開設
平成14年10月  創立50周年を迎える
平成17年 8月  中国蘇州に合弁会社「尼欧斯化工有限公司」を設立
平成22年11月  宮崎県宮崎市に精密洗浄、表面処理工場として宮崎工場完成
平成24年10月  創立60周年を迎える
平成25年10月  タイに「NEOS CHEMICAL(THAILAND)CO., LTD」を設立
平成26年10月  仙台営業所を開設
創立60周年を迎えました ■2012年で創立60周年■
当社は2012年に創立60周年を迎えました。

関西圏の中では老舗の部類といってもよい、
歴史ある化学メーカーなのです。

この60年、高度成長期やオイルショック、バブル経済の崩壊、
阪神淡路大震災(当社もビルが崩れ、引っ越しを経験しています)
リーマンショック等がありましたが、
着実に事業を発展することができました。


■目指すは、100年企業■
これもお客様から信頼をいただいたことと、
当社の社訓でもあります「弛まぬ努力に創意と工夫」を
続けてきた結果だと思います。
さらなる成長発展をめざし、今後も歴史を重ねていきます。

みなさんも、ネオスで共に成長・活躍しませんか?
モノづくりとエコの両立 ■環境負荷への取り組み■
化学メーカーの中でもいち早く
環境負荷を軽減する製品開発に取り組んできた当社。

海に流出した重油が社会問題となる以前より、
重油問題の研究にとりくみ、安全に処理することのできる
“流出油処理剤”を開発し、環境問題に貢献しました。

■化学を使った環境への貢献■
環境へのダメージを抑えることができる、
水をベースにした”水溶性の薬品”。
早急な対応が求められているPCBをローコストで安全に処理する技術など
様々な形で「エコ」へ貢献しています。

これからも「産業の発展」と「地球環境の維持」を両立することが出来る技術を開発し
世の中に広めていきます!
”挑戦”を促進する『YES NEOSプロジェクト』 ■社員一人一人が”挑戦”に取り組む『YES NEOSプロジェクト』の発足■
2014年12月より、ネオスでは社員の挑戦行動を盛上げるための
社内プロジェクトが新たに発足しました。
その名も『YES NEOSプロジェクト』。

これは、社員一人一人の「○○をやりたい!」という想いを丁寧に拾い上げ、
実行をサポートし、挑戦経過を社内で盛り上げ、失敗しても認め合うプロジェクト。

日常の「やるべき事」だけでなく、
「どうしてもやってみたいこと」に取り組むことが可能です。

例えば、
「自部署の取扱製品とは関係ない製品を売ってみたい!」
「開発の部署ではないけれど、技術の仕事に関わってみたい!」
「工場の緑化作業を進めていきたい!」
などなど…

みんなで楽しみながら難しいけれどもやりたいことに挑戦しています。

プロジェクト発足初年度から70件強の応募テーマが集まりました。
その中には、「この人はこんなことを考えていたのか!!」という
新鮮な驚きを思わず感じてしまうものも少なくありません

是非、このような挑戦を楽しむ過程を皆さんとも共有したいと思います!
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)