東京製綱株式会社
トウキョウセイコウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

東京製綱株式会社

【東証一部上場】ワイヤロープメーカー
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • 株式公開
  • 正社員
業種
金属製品
機械/繊維/鉄鋼/建材・エクステリア
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

東京製綱は、「ワイヤロープ」を日本で初めて製造したメーカーです。
当社のロープは明石海峡大橋やトルコのイズミット湾横断橋等の大型橋梁用ケーブル、東京スカイツリーや台北101等の高層ビル用エレベータロープ等、高い安全性が求められる場所で使用されています。
また、法面・道路で使用される安全施設の設計・施工、開発製品の炭素繊維複合材ケーブルの製造・販売等、事業は多岐にわたります。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

幅広い分野で評価される、質の高いものづくり

当社のワイヤロープは、エレベーター、クレーン、索道(ゴンドラ・リフト)など、様々な用途で使われており、エレベータロープの国内シェアは約55%でNo.1です。また、橋梁用ケーブルは強度・耐食・耐疲労性などの特性において最高水準が求められるため、世界でも製造できる企業は限られており、当社の製品は国内のほとんどの大型橋梁に使用されています。落石防護網などの安全施設はロシア・ソチで採用され、景観保持と安全確保を両立した技術力に対し、高い評価を得ました。このように、東京製綱は高い技術力によって多種多様な製品を高品質でお客様に提供する、他に類を見ないロープメーカーです。

技術力・開発力

培ってきた技術力を活かし、新たな挑戦を続ける

当社は、東洋でワイヤロープの技術がまだ確立されていない時代に、材料となる金属の研究から始め、一からオリジナルの製造方法を確立しました。失敗の連続でも諦めずに挑戦し続け、その過程でワイヤロープの技術に関する知見を培ってきました。ものづくりへの実直な姿勢とパイオニア精神は、現在にも引き継がれています。近年では、鉄ではない新素材に着目し、炭素繊維を用いた製品を開発して、新市場開拓と拡販活動を行っています。私たちは、長年培った技術力を活かし、新しいことに挑戦し続けることで、業界をリードしています。

魅力的な人材

使命感を持って、世界の安全・安心を支える

当社の幅広い商品群と高品質なモノづくりを支えているのは、人材の多様性です。社内には機械、電気、土木、材料、化学など、様々な専門性を持った人材が集まっています。当社は創業以来、ものづくりを通して “人々の安全・安心を支える” という使命感を持って事業に取組んできました。私たちは、多様な価値観や専門性を持った人材が集まり、同じ社会的使命を共有することで、個の集合体である組織として最大限の力を発揮することが出来ると考えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【技術系】
研究開発、生産技術、品質管理、技術サービス、設備技術、土木設計 他
【事務系】
営業、経営企画、経理、人事、総務、購買、物流 他

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】【WEB開催】 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、WEB説明会を開催します。
説明会・面接予約画面からご予約下さい。
事業内容 【ワイヤロープ・繊維ロープ事業】
◆ワイヤロープ
・国内シェアは約40%で、中でも高品質と安全性を求められるエレベータロープでは国内シェア約55%でNo.1です。
・上海ワールドフィナンシャルセンター(中国)、台北101(台湾)など、海外の超高層ビルにも当社製のエレベータロープが使用されています。
 〔用途〕エレベーター、クレーン、索道(リフト・ゴンドラ)など
◆繊維ロープ
・長年培った技術力で、従来では製造困難と思われた高性能ロープを開発しています。
・北海道のサロマ湖に設置されている、流氷による養殖業への被害対策として開発された防氷堤「ICE BOOM」にも、当社の製品が採用されています。
 〔用途〕レスキュー用ロープ、漁業用網・養殖施設、船舶、電設工事など

【エンジニアリング事業】
◆橋梁用ケーブル
・橋梁用ケーブルは、強度・耐食・耐疲労性などの特性において最高水準が求められ、世界でも製造できる企業は限られています。
・当社の製品は、国内のほとんどの大型橋梁や、トルコ・イズミット湾横断橋などの海外の橋梁にも使用されています。
◆法面・道路安全製品
・落石防護網(斜面に取り付け、落石を防ぐ製品)などの法面関連製品は、2014年にロシア・ソチで採用され、景観保持と安全確保を両立した技術力に対し、高い評価を受けました。

【スチールコード事業】
・海外での生産拠点として中国・常州市に「東京製綱(常州)有限公司」を設立し、グローバルな需要に対応しています。
 〔用途〕タイヤ、エスカレーターのハンドレールをはじめとするゴム製品などの補強材、樹脂製やゴム製の歯付タイミングベルト製品の補強材

【CFCC事業】
・CFCC(Carbon Fiber Composite Cable〔炭素繊維複合材ケーブル〕)は、当社で研究開発した、鉄と同じ強度を持ちながら軽量・錆びない等の特性を持つ製品です。
・送電線網の整備が進むアジア諸国や、道路橋梁工事が進む米国で拡販活動を行っています。
 〔用途〕架空送電線の心補強材、コンクリート橋梁の緊張材
設立 1887年4月
資本金 10億円
従業員数 1,737名(2019年3月末現在連結ベース)
売上高 639億6,700万円(2019年3月期連結ベース)
代表者 代表取締役社長 浅野 正也
事業所 【本社】
 東京都中央区日本橋3-6-2(日本橋フロント)
【支店・営業所】
 鋼索鋼線事業/札幌・釧路・大阪・名古屋・香川・福岡
 エンジニアリング事業/札幌・盛岡・仙台・新潟・長野・名古屋・大阪・広島・福岡
【研究所】
 茨城(土浦)
【工場】
 鋼索鋼線事業/茨城(土浦)・大阪(堺)
 東京製綱繊維ロープ(株)/愛知(蒲郡)
 東綱スチールコード(株)/岩手(北上)
 CFCC(炭素繊維複合材ケーブル)事業/岩手(北上)
【海外】
 鋼索鋼線事業/中国(上海・香港)、ベトナム(ホーチミン)、タイ(バンコク)
 スチールコード事業/中国(常州)
 橋梁事業/中国(江陰)
 エンジニアリング事業/ロシア(モスクワ)、カザフスタン(アルマティ)、キルギス(ビシュケク)、フィリピン(マニラ)
 CFCC(炭素繊維複合材ケーブル)事業/アメリカ(ミシガン)
ホームページ http://www.tokyorope.co.jp
https://www.tokyorope.co.jp/employment/

連絡先

東京製綱株式会社
〒103-8306
東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロント3階
人事部人事グループ 森本・萩原
TEL:03-6366-7771
Email:recruit@tokyorope.co.jp
掲載開始:2020/03/01

東京製綱株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

東京製綱株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)