株式会社 吉野工業所
ヨシノコウギョウショ
2021

株式会社 吉野工業所

【研究/開発/設計/製造/機械/電気・電子/精密金型】
業種
化学
機械/化粧品/食品/医薬品
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私達は「時代」に寄り添い、容器を通じて様々な人々の「暮らし・生活」を包み、そして「生活シーン」を彩ってきました。
これからも「人とともに、自然とともに」を合言葉に、人が豊かに生活を楽しみ、自然を大切にしてゆくために力を尽くします。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

日本で初めてPET樹脂による醤油用ボトルを生産。

「ガラス瓶の美しさ・清潔感を軽くて丈夫で割れない性能を併せ持った容器を作る。」1942年、この壮大な夢から当社の事業は本格的にスタートしました。現在では、皆さんのライフスタイルに欠かせないPETボトル。この時の決断とチャレンジがなければ、きっと日本導入が遅れていたことでしょう。まさに、吉野工業所の歩んできた歴史はプラスチック容器の開発史と言っても過言ではありません。昭和40年代には、より美しい化粧品容器を求めて、金属による化粧品容器の生産にも着手。現在、最新鋭の設備と規模を誇る22ヶ所の工場を有し、新しい技術・開発力は海外でも高い評価を受けています。

技術力・開発力

【世の中になければ自分達で創る】挑戦出来るフィールドがある!

テレビCMや店頭などで、普段何気なく目にする化粧品や飲料、洗剤やシャンプーなどの商品群。その多くが実は私達の製品です。それは、「一貫したモノづくりへのこだわり」があるからだと自負しています。吉野工業所は、容器製造のみならず、モノづくりの基盤となる生産機械や金型の設計、開発、製造も自社で行う一貫体制があります。「あったら良いな」 「出来たら良いな」を熱意と技術力でカタチにしてしまう。それが吉野工業所です。

事業優位性

世の中に大きな影響力を及ぼすイノベーション創造企業

例えば、フロンガスなどを使わず微細な霧を作れる「ノンガスタイプのスプレー」。当社が起こしたイノベーションは、人々の生活を“さりげなく”豊かにしてきたという自負があります。そのイノベーションは生活に密着した製品に活用されるため、日本中にその成果を浸透させることが出来るのです。これまでの技術をしっかりと次世代につなぎ、イノベーションを起こし続けることが社会に対する使命の一つであると私達は考えています。

会社データ

事業内容 1.各種プラスチック容器の製造・販売

2.金属容器の製造・販売

3.プラスチック成形機、アッセンブリライン、精密金型の開発・設計・製作
設立 1948年
資本金 4億3,200万円
従業員数 5,342名
売上高 2,032億(2018年11月期)
代表者 吉野 祥一郎
事業所 本社/東京
技術研究所・基礎研究所/神奈川
金型工場/小川金型(那須)、大分金型
生産工場/東京、松戸、市川、筑波、栃木、宇都宮、真岡、小川第一(那須)、小川第二(那須)、群馬、藤岡、伊勢崎、静岡、大阪、滋賀、赤穂、福岡、祥和大分、祥和群馬
海外工場/YAC(アメリカ)、YMP(タイ)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)