芝園開発株式会社シバゾノカイハツ
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
メンテナンス・清掃事業/不動産/安全・セキュリティ産業/スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設
本社 東京

先輩社員にインタビュー

管理部 情報システムグループ
堀田絵理子
【年収】非公開
これが私の仕事 社内システムを守り、攻めのITシステムをつくる
私の仕事は、社内システム全般を管理・保守すること。そして、新しいシステムを構築するときは、
現場とITシステムの懸け橋になりつつ、芝園開発らしいITシステムを作るためのアイデアを考え、
ベンダーと交渉することです。
誰かに言われた通りのシステムを構築するのではなく、攻めの姿勢でシステムを作っていく。
そのためには、真夏でも真冬でも現場に入って、従事者から現場の仕事を教えてもらう。
システム担当というと、パソコンの前に座ってるイメージが強いかもしれませんが、
現場で体を動かして、実際の業務も行ってみる。
この守りと攻めをバランスよく行うことは難しいですが、日々学べることが多く充実しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「ありがとう」の言葉
芝園開発に入社して、一番うれしかったことは「ありがとう」と行ってもらえることです。
今までは、自社のシステムではなくユーザのシステムを設計・構築することがほとんどだったため、
実際にシステムを利用している人と接することはなく、どれだけ苦労して構築したシステムでも
正常に動いて当たり前、停まることはあり得ないということが普通でした。
しかし、今ではちょっとしたトラブルを解決した時でも、周りのひとから「ありがとう」と言ってもらえます。
「ありがとう」の一言がこんなにも嬉しいものなのかと感じることができたと同時に、
その一言があるからまた頑張れる。
そんな繰り返しがあって自分自身が少しずつ前進していくことに、とてもやりがいを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き この会社なら自分らしく働ける
転職を考えた当時、私はんばかなか仕事にやりがいが感じられない状況でした。大きな組織の中での社員は歯車としての要素が大きく、個人の主張はなかなか通らない。自分の思いを押し込めないと働いていけない。そんな負の気持ちしかありませんでした。そんなとき、転職サイトで芝園開発の掲載を見て、直感的に「この会社で働けば何かがかわる」と感じました。
実際、私の直感は当たりました。
こうしたら良いのではないか、こんな風に改善したい。そんな思いを上司に伝えると、「やってみればいいじゃない」と背中を押してもらえます。
もちろん、口ばかりでは終われないのでその文の努力も必要ですが、今ではやりがいを持ち、そして、そんな風に働けるのは、周りに温かく見守ってくれる人たちがいるから。
それが芝園開発の好きなところの一つです。
 
これまでのキャリア 有料老人ホームの営業⇒ITインフラエンジニア⇒芝園開発

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職や転職は人生における分岐点。なんてよく言われるので、悩んで迷っての繰り返しだと思います。
考えることは大切です。でも、考えてばかりでは良い結果が出ないこともあります。
そんなときは、少し方の力を抜いて、フィーリングで決めることも大切だと思います。
自分を信じて頑張ってください。

芝園開発株式会社の先輩社員

新規事業を盛り上げるため、様々な企画を考えています。

管理部 広報デザイングループ
海老沼 里美
日本大学 文理学部

当社の駐輪場・駐車場を拡大してゆくために。

ファシリティマネジメント事業部 営業グループ 民間個人チーム
Y.T

自治体とのパイプ役になる企画営業。

公共サービスサポート事業部 オペレーショングループ スーパーバイザーチーム
木村 賢太郎
東京都市大学(旧 武蔵工業大学) 環境情報学部

街を美しくする責任者。

公共サービスサポート事業部 オペレーショングループ スーパーバイザーチーム
上東野 優希

「理解してもらうこと」それが私の仕事

公共サービスサポート事業部 営業グループ
梅木裕衣

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる