得能建設工業株式会社
トクノウケンセツコウギョウ
2021
業種
建設
設備・設備工事関連/建設コンサルタント/住宅/水道
本社
富山

私たちはこんな事業をしています

【社長の得能年久です。あなたにぜひ当社のことを知っていただきたいです】

富山県南砺市を中心に地域の安全・安心なインフラの整備を担っています。
事業は大きく分けて3つの事業があります。

【道路改良や河川・砂防での工事を行う、土木工事】
【交通の要である道路を造る、舗装工事】
【安心できる水を届ける、菅工事】

当社の魅力はここ!!

企業理念

地域社会への貢献は、社員の幸せを追求することから始まります

1929年の創業当初から、「お客様に喜ばれ、地域社会から愛される企業」を目指し続けています。そして実現のためには、実際に働く社員の物心両面の幸福が不可欠。社員満足なくして、お客様満足はないと考えています。現在、社員数は21名。人数が少ないからこそ、社員と私との距離が近く、社員一人ひとりの声に耳を傾けることができます。私にとって社員は家族と言っても過言ではありません。アットホームな職場環境の中で、20代・30代の若手社員もたくさん活躍してくれています。文系・理系は一切問いません。一緒に、建設を通した安心・安全なものづくりで、人・環境・文化、かけがえのない地域社会に貢献しましょう!【 代表取締役 得能年久 】

仕事内容

「地域との信頼関係」が何よりも大切。挨拶は明るく元気に!

「道路」や「河川」など、人々の暮らしに欠かせない「インフラ」をつくり、守っていくのが土木建設。仕事において何より大切なものは、「地域とのコミュニケーション」だと考えています。実際の現場では、他の建設会社、近隣住民の方々、一緒に仕事を進める仲間など多くの関係者とコミュニケーションを取り、信頼関係を積み上げていくことが重要です。基本は「挨拶」。例えば、工事音でご迷惑をおかけする地域の方に「明るく元気に挨拶」をする。これだけでも毎日心掛けることで信頼関係が築けます。また当社では毎月、国道304号線や近隣にある福光駅付近の道路に落ちているゴミを拾うボランティア活動を実施。地域との信頼関係を育んでいます。

会社データ

事業内容 ●土木工事:道路改良、河川、砂防、下水工事、橋梁補修工事、水路工事、造成工事
●舗装工事:道路舗装(公共事業・個人宅)、カラー舗装 (公共事業・個人宅)、駐車場舗装
●管工事:水道工事
設立 1948年10月1日 ◎創業:1929年5月11日
資本金 5000万円
従業員数 21名(2018年2月現在)
売上高 5億円(2018年6月期)
代表者 代表取締役 得能年久
事業所 (本社)富山県南砺市荒木1429
主要取引先 国土交通省、富山県、南砺市、地元建設業者、JA福光
沿革 ・1929年  5月  得能軽車両を創業
・1949年10月  得能建設工業を設立
・1968年  4月  営業所を荒木5444番地より荒木1429番地へ移る
・1983年  3月  得能年久が代表に就任
・1983年  7月  組織変更(法人化)により得能建設工業(株)と称す。資本金5000万円
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)