日本カーボンエンジニアリング株式会社
ニホンカーボンエンジニアリング
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

日本カーボンエンジニアリング株式会社

NCEK(日本カーボン株式会社グループ会社)
  • OpenES
  • 正社員
業種
プラント・エンジニアリング
機械/輸送機器/設備・設備工事関連/化学
本社
富山
残り採用予定数
2名(更新日:2020/08/03)

私たちはこんな事業をしています

【転勤なし・設計職】

1960年に日本カーボン株式会社(東証一部上場)の機械設備の設計・制作、保全を担う会社として発足した当社。

トップクラスのメーカーとともに歩み55年。
この間に培われた技術力は、さまざまな業界から確固たる信頼を得るまでに成長し、
企画、設計から現地据付、試運転まで一貫したエンジニアリングを提供しています。

高い技術力で作られる一品一様のものづくりをぜひ見に来てください!

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

安定的かつ永続的な成長を目指して、機械設計の育成に注力

今後は、まず現在の主力事業の一つ「粉体システム」を足がかりに医薬品・食品・化学業界におけるシェアをより一層伸ばしていきたいと考えています。需要は今後も伸びていくことが予想され、粉体システムだけでなく搬送から洗浄まですべて当社で担っていけるようになることが目標です。そのために欠かせず、当社が今最も力を入れているのが専門の機械設計者の育成。医薬品・食品業界は特に品質への要求が高いので、それに応えていけるということは、どの業界にでも通用するということだと考えています。安定的な事業基盤を作りつつ、若い設計者を育成していくことで、永続的な成長を目指します。ぜひ、設計者として当社の力になって下さい。

事業優位性

競合を寄せつけない高い技術力と大手メーカーへの納入実績が強み

炭素製品の大手メーカーの機械設備を担う部門として発足した当社は、現在二つの機械システムに注力し事業の柱として育ててきました。一つ目が粉体システム。県内外の医薬品・食品・化学メーカーに納入されており、異物混入は絶対に許されない高い品質基準を求められる業界において、当社の技術力が必要とされています。二つ目は酸やアルカリを用いた洗浄システムで、鉄鋼メーカーに納入されています。鉄鋼の表面処理をするために使われるもので、液中に製品を通過させて洗浄する当社の技術は、既存の技術より圧倒的に不良品が少なくなることで高い評価を得ており、現在特許申請中です。

仕事内容

数億円にもなる大きな機械システムの設計をすべて手掛ける醍醐味

皆さんにお任せしたいのは、機械設計の仕事です。「機械設計」とは言っても、最近は分業設計が進んでおり、「機械の一部分だけ設計する」というケースも少なくありません。しかし当社では、設計から材料手配、据付まですべてを一貫して担当することができます。当社の製品は一つひとつがオーダーメイドなので、一通りの技術を身につけるにはある程度の時間もかかりますが、チームのサポートを得ながら網羅的に機械設計を学べる職場環境は、エンジニアを志す皆さんにとって魅力的だと思います。大きいものだと一つ数億円にもなる機械システムを手掛ける醍醐味を当社の設計者として体感し、真のエンジニアとしての力をつけて下さい。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■機械設計

当社が手掛けるシステムは、一つとして同じものがない「一品一様」のものばかり。
高い技術力を持った先輩社員がしっかりあなたを育てますので、機械系学科の学生さんはもちろん、
理系の方で機械に興味がある方にとっても、きっと楽しい仕事になると思います!

転勤はありませんので、富山市で働きたい方はじっくり腰を据えて、エンジニアとしての力を身につけて下さい。

会社データ

事業内容 ■エンジニアリング部門
多彩なフィールドにおいて、市場ニーズにマッチしたテクノロジーを提案。
一貫したエンジニアリングが新たな価値創造に貢献します。

洗浄システム/紛体システム/搬送システム/硝子加工システム/アルミ形成システム/アルミスクラップ処理システム/在庫管理システム/熱処理システム/環境システム

■メンテナンス部門
先進の技術で、生産環境をサポートします。

■化学機器製造部門
伝統の技術によって培われてきたレスボンが拓く、黒鉛の新たな可能性。

★レスボンとは
当社オリジナル製品の、化学装置構造用不浸透黒鉛のこと。
不浸透黒鉛とは、化学的に極めて安定した人造黒鉛に、
耐食性に優れた合成樹脂を含浸硬化させることにより、
十分な気密性と強度を与えた優れた耐食材料です。
設立 1960(昭和36)年
資本金 4,800万円
従業員数 60名(2019年4月)
売上高 25億円(2019年12月実績)
代表者 代表取締役社長  舘 和行
事業所 【本社】
〒939-2254 富山県富山市高内122番地

※他に事業所はありませんので、転勤はありません!
主な納入先(順不同) 愛知製鋼株式会社、アイチ テクノメタル フカウミ株式会社、アクトシステムエンジニアリング株式会社、旭硝子株式会社、旭化成株式会社、エーザイ株式会社、関東電化工業株式会社、株式会社クラレ、株式会社クレハ、三協立山株式会社、JA東日本くみあい飼料株式会社、シーケー金属株式会社、信越化学工業株式会社、日本製鉄株式会社、昭和電工株式会社、住友化学株式会社、セントラル硝子株式会社、積水アクアシステム株式会社、双日マシナリー株式会社、大同工業株式会社、ダイキン工業株式会社、ダイソー株式会社、第一ファインケミカル株式会社、田辺三菱製薬株式会社、電気化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社、東洋エンジニアリング株式会社、東レ株式会社、東レ・ファインケミカル株式会社、東ソー株式会社、株式会社トクヤマ、日本板硝子株式会社、日本高周波鋼業株式会社、日本伸銅株式会社、日本曹達株式会社、日本電気硝子株式会社、日産化学工業株式会社、パシフィックサイエンス株式会社、ホクレンくみあい飼料株式会社、三井化学株式会社、三菱化学株式会社、三菱化学エンジニアリング株式会社、三菱マテリアル株式会社、株式会社 源、山崎金属産業株式会社、DIC株式会社、FAPV(ベトナム)、FIA(インドネシア)、JAグループ、株式会社LIXIL、株式会社UACJ、株式会社UACJ押出加工、株式会社UACJ製箔、株式会社UACJ鋳鍛、YKK AP株式会社、日本カーボン株式会社、新日本テクノカーボン株式会社、NGSアドバンストファイバー株式会社
沿革 ---------------------------------------------------------------------
1960(昭和35)年8月 日本カーボン株式会社(東証一部上場)の機械設備の設計・製作、保全部門として、
北陸機械工業株式会社を創業
1971(昭和46)年2月 日本カーボンエンジニアリング株式会社に社名変更
1984(昭和59)年6月 大型設備受注への対応を目的に大型組立工場を建設
1990(平成2)年12月 新事務・設計棟新築
2001(平成13)年4月 製缶工場新築
2001(平成13)年4月 「レスボン(R)」不浸透黒鉛製機器の製造開始

連絡先

富山県富山市高内122番地
TEL 076-467-2355
日本カーボンエンジニアリング株式会社
総務部 畔田直樹
mail:n-kuroda@ncek.co.jp
掲載開始:2020/03/01

日本カーボンエンジニアリング株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

日本カーボンエンジニアリング株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)