株式会社モトックス
モトックス
2021

株式会社モトックス

酒類専門商社(輸入ワイン、全国地方銘酒・焼酎・泡盛、食品)
業種
商社(食料品)
その他商社/食品
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

モトックスは、世界22か国以上のワインを取り扱う酒類専門商社です。

「お酒」は、生まれた土地ごとに文化的または歴史的な背景があり、それぞれ造り手の想いが込められたものです。

モトックスは、そういった造り手の想いや生まれ育った土地の食文化まで一緒にお届けすることを大切にしています。

一人でも多くの方にワインや日本酒といったお酒を気軽に楽しんでいただき、食をもっと豊かにしていきたい、そう願います。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

ワインを通じて世界と日本をつなぐ専門商社。

モトックスでは、世界22カ国以上から2,000アイテム以上のワインを輸入しています。これらのワインはすべて“Value&Quality”のコンセプトに基づいて厳しく選定されています。そうして仕入れたワインをただ販売するだけでなく、ワインに込められた生産者の想いや現地の食文化も一緒にお届けし、より豊かな食文化への貢献をしていきたいとモトックスは考えています。土地ごとの文化や歴史に触れ、生産者の想いや背景を正しく理解し、日本にお届けする…そんな仕事を続けることで、ワイン専門誌で「信頼できるインポーター」として紹介されるまでに成長しました。

戦略・ビジョン

ワインをもっと身近に、食をもっと豊かに。

ワインは「高そう」「難しそう」そんなイメージはありませんか?そんなことはなく、ワインは気軽に、食事と合わせて楽しめるお酒なんです。モトックスでは、若手営業社員が中心となっている「販促企画プロジェクト」で、”もっと気軽にワインを手に取ってもらいたい” ”様々なシーンで食事と一緒にワインを楽しんでほしい”そんな想いでワインの販促企画を立案しています。季節・イベントに合わせた企画、食材・料理と合わせた「○○に合うワイン」といった企画など、様々な切り口からワインを提案し、こういった企画はお客様からも好評を頂いています。ワインを通じて食文化をより豊かにしていく、それがモトックスの使命です。

社風・風土

求めるのは食を楽しみ、変化・成長を楽しめる人。

モトックスの経営理念では「個人の成長」を第一に掲げています。それは、社員一人ひとりの「個人の成長」が叶えば、お客様や社会から必要とされ、お客様の発展や生活文化の向上といった様々な形で社会に貢献することができるという考えによるものです。そのためモトックスには、社員が行う社内セミナー、生産者来日の際に生産者が行うワインセミナー、資格取得に向けた勉強会など一人ひとりが専門知識を磨く機会が多くあります。食やお酒への興味を持ち、自身が成長を望むのならば、その気持ちをサポートしてくれる環境が整っています。また、飲むこと・食べることが好きな社員が多く、楽しみながら仕事をする風土が根付いています。

会社データ

事業内容 酒類専門商社(輸入ワイン、全国地方銘酒・焼酎・泡盛)
設立 1915年9月
資本金 3,000万円
従業員数 179名
売上高 115億円 (2018年実績)
売上高推移 2014年 111.6億円
2015年 111.3億円
2016年 109.0億円
2017年 111.2億円
2018年 115.0億円
代表者 代表取締役会長 寺西 太一
事業所 本  社
〒577-0802 大阪府東大阪市小阪本町1-6-20

東京オフィス
〒107-0051 東京都港区元赤坂1-5-12 住友不動産元赤坂ビル2F

札幌オフィス
〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西11-327-20 アジャイル南1条ビル1F
関連会社 株式会社モトックスプラニング (外食産業)
中国現地法人 杭州摩特克糸酒類有限公司 (合弁会社)
沿革 1915年 元なしや創業
1950年 酒類販売業免許取得
1954年 株式会社元なしや商店設立
1968年 本社ビル完成、株式会社元なしやへ社名変更
1982年 日本名門酒会に加盟
1985年 奈良の名酒 『白滴』 を株式会社今西清兵衛商店と共同開発し発売
1988年 オリジナルブランドの輸入ワイン(ブラック・パール)を販売開始
1989年 第一回ワイン試飲展示会を東大阪市民会館で開催
1992年 株式会社モトックスに社名変更
1993年 モトックス独自開発地方名酒 『良酒百撰』 シリーズを立ち上げる
1996年 輸入ワインの直輸入を開始
1998年 東京オフィス開設
2002年 東京オフィス移転
2009年 本社移転
2013年 中国現地法人『杭州摩特克糸酒類有限公司』を設立(合弁会社)
2014年 東京オフィス移転
2014年 東京オフィス全酒類卸売業免許取得
2015年 創業100周年
2016年 札幌オフィス(サロン・ド・モトックス札幌)開設
2017年 イタリア産ミネラルウォーター「サンペレグリノ」「アクアパンナ」正規輸入元として販売開始
社名の由来 創業時の「元なしや」という屋号は「正真正銘、元手なし」いわば「“0”からのスタート」に由来します。元手はなくとも創意と努力で事を成し遂げようとする創業者の精神は、今も我が社の大きな支えとなっています。
現社名のモトックスは「元なしや」の“もと”、主義・主張・心情である“モットー”、さらに(more and more)の“もっと”、これに可能性の広がりを表す“x”を組み合わせました。
私たちのビジネスの流れ ~ワインが食卓に届くまで~

品質とコストパフォーマンスに優れたワインをお届けするため、
モトックスでは商品選定から販売まで、強いこだわりを貫いています。


◆1 新商品探し
世界各国で開かれるワイン見本市に参加し、ニーズに合った「売れる」ワインを探します。

◆2 商品選定~社内試飲会~
見本市で見つけた新商品候補のワインのサンプルをもう一度見極めるため、社内での試飲をほぼ毎週行っています。
「Value&Quality」のコンセプトに基づいて、候補の中からモトックスで取り扱うワインを選び出します。

◆3 品質へのこだわり
安心、安全で美味しいワインをいつもベストの状態でお届けしたい!という想いのもと、仕入れたワインは「全数検品」をしています。

◆4 販促企画の立案
料理とワインの相性や、四季のトレンドに合わせて様々な販促企画を立案します。
店頭に飾るPOPやプライスカード、レストランのワインメニューなど、生産者の想いを視覚的に伝えるための販促物の作成・選定等も行っています。

◆5 お得意先へ提案
全国各地の酒販店や飲食店、百貨店やスーパーマーケットなどに向けて商品を案内します。
消費者のみなさまへワインをお届けするパートナーとして、さまざまな提案を行っています。

◆6 販売
全国の酒販店、飲食店などのお得意先を通して、今日もモトックスワインは日本中の食卓で皆様の笑顔のそばにあります。
モトックスのワイン紹介ページ『MOT!WINE』 https://mot-wine.mottox.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)