株式会社にしき堂
ニシキドウ
2021
業種
食品
専門店(複合)
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

にしき堂は、「もみじ饅頭」、「生もみじ」をはじめ、「新・平家物語」や「せとこまち」、「やき餅咲ちゃん」など、さまざまな銘菓をお客さまに提供する老舗の菓子メーカーです。創業より“百試千改”の精神で、美味しいお菓子づくりのため、チャレンジを続けてまいりました。これからも、お客さまに質の高いお菓子をお届けしながら、地元である広島の歴史と共に歩み続けたいと願っています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

人の心が温かくなるようなお菓子づくりに励んでいます

当社は「お菓子屋」なので、毎日美味しいお菓子をお客さまにお届けしています。お菓子を作る喜びは、食べてくださる人のことを思う時。幼い子供たちからご年輩の方まで、たくさんの人が当店のお菓子を笑顔で食べてくださいます。お菓子を食べる時は、賑やかな家族団らんや、親しい人との楽しい語らい、お世話になった方への手土産など思い出に残るものばかりです。世界中の子供たちがお菓子を食べられる時が来れば、世の中から争い事が消えてなくなるかもしれません。そんな日が来ることを期待しながら、私たちは日々お菓子づくりに励んでいます。これからも『誠心誠意』の気持ちで、人の心が温かくなるような商品を世の中にお届けします。

事業・商品の特徴

素材に徹底的にこだわった美味しいお菓子を提供しています

にしき堂のもみじ饅頭にはさまざまなバリエーションがあり、こしあん、粒あんのほか、チーズクリーム、チョコレート、お餅、お芋など、素材を活かした美味しいお菓子を提供しています。また使用する小豆は北海道十勝産。にしき堂が求める品質水準に応えるため、土づくりにこだわり、8年に一度収穫する八輪作を忠実に守るなど、契約農家の皆さんが丁寧に小豆生産に取り組んでいます。他にも小麦粉や米粉、水などにも徹底的にこだわり、お客さまが安心して食べられるお菓子づくりに努め、「広島の美味しさ」を全国に伝えています。

社風・風土

仕事を通して得た知識や経験を、次の後輩へ伝えていく

「生もみじ」は当社の技術陣が総力をあげて開発した新食感のもみじ饅頭です。10年もの歳月をかけた地道な菓子作りの取り組みが、大ヒット商品につながりました。モチモチした食感がお客様にたいへん好評をいただいております。私たちは“安全・安心”をモットーに、失敗しても考えて勉強して…その繰り返しで人は成長し、そこで得た知識や経験を、次世代を担う皆さまに伝えたいと思います。たとえ同じ作業の繰り返しだとしても、働く人の心持ちひとつで単調な毎日も変わります。機械とは違い、感情や体調に左右されてしまう人間だからこそ、心まで単調にならないよう、私たちは人間関係を何より大切にしています。

会社データ

事業内容 和菓子の製造・販売
設立 1951年10月
資本金 1,000万円
従業員数 280名
代表者 代表取締役社長 大谷 博国
事業所 【所在地】
〒732-0052
広島県広島市東区光町1丁目13番23号
TEL:082-262-3131(代)/FAX:082-263-3121
【店舗】
広島駅ビルアッセ店、エキエ1号店・2号店、広島バスセンター店、平和大通り田中町店、祇園新道中筋店、広島空港店、福山南本庄店・福山工場、福山南蔵王店、福山駅店(さんすて内)
売上高 40億円(2017年6月期)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)