兵神装備株式会社
ヘイシンソウビ
2021

兵神装備株式会社

■ヘイシン モーノポンプ<一軸偏心ねじポンプメーカー>
業種
機械
プラント・エンジニアリング/設備・設備工事関連/精密機器/その他製造
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

■国内市場占有率90%超(自社推定)
食品・自動車・電機などあらゆる産業分野に使われる「ヘイシン モーノポンプ」「ヘイシン モーノディスペンサー」を開発・製造する一軸偏心ねじポンプメーカー。

●モーノポンプは兵神装備株式会社の登録商標です。
●モーノディスペンサーは兵神装備株式会社の登録商標です。


ポンプの概要については、まず下記サイトをご覧ください。
http://www.heishin.jp/products/index.html

当社の魅力はここ!!

事業優位性

縁の下の力持ち!ヘイシン モーノポンプはあらゆる産業分野で活躍

当社の製品「ヘイシン モーノポンプ」は、水はもちろん、粘度の高い液体から粉末まで、様々なものを精密かつ無脈動・定量で移送することができます。食品業界をはじめ、化学業界、自動車業界、電機業界や上下水道…と、ありとあらゆる場所で求められる製品です。身の回りにあるほとんどのモノが出来上がるまでの過程で活躍している、「縁の下の力持ち」的存在です。このモーノポンプの特長を最大限に引き出すため、日夜システム開発と基礎研究をおこなっているのが、技術開発拠点『技術研究所』。最先端の技術を生み出す強い開発力が、兵神装備の安定した経営基盤へと繋がっています。

企業理念

卓越した流体技術と創意で「世界」を支えます

高付加価値を提供し、無借金経営。それは毎年受賞する多くの表彰に代表される様に、あらゆる顧客の想いに応え続けるからこそ、実現できています。「他では実現できないことを兵神装備が叶える」という「立業創意」こそが私達の誇りであり、原動力です。技術職が流体技術をトコトン突き詰め、営業職は「他の会社では真似できない価値を持っている」という製品力を背景に自信を持って営業活動をしています。本物の仕事に挑戦できる環境は、安定した経営基盤に加え、顧客の想いに応えたいという従業員達の情熱に裏付けられており、永続的な発展を遂げていくことを目指します。(写真:日本機会学会優秀製品賞・発明大賞受賞製品)

会社データ

事業内容 ヘイシン モーノポンプ及び周辺機器の開発・製造・販売。

※ポンプの詳細については、当社製品サイトも是非ご参照下さい。
http://www.mohno-pump.co.jp/index.html
設立 1968年1月
<2018年、創業50周年を迎えました>
資本金 9,950万円
従業員数 415名(2019年1月1日現在、連結)
売上高 130億800万円(2018年12月期実績)←創業史上最高売上高更新!
119億円(2017年12月期実績)
109億円(2016年12月期実績) 
103億円(2015年12月期実績)
98億円(2014年12月期実績)
代表者 <代表取締役社長> 小野 純夫
事業所 ■本社(神戸)
■東京支店
■大阪支店
■名古屋支店
■福岡営業所
■仙台営業所
■さいたま営業所
■横浜営業所
■東日本サービスセンター(東京)
■滋賀事業所(開発・製造拠点)
■サービスアネックス(滋賀)
■技術研究所(滋賀)
■台湾オフィス(台湾・台北市)
関連会社 ■ヘイシンテクノベルク株式会社(コア部品の開発・製造)
■HEISHIN KOREA Co.,Ltd.(韓国・高陽市)
主要取引先 月島機械(株)、日本ガイシ(株)、水ing(株)、川崎重工業(株)、(株)クボタ、(株)神鋼環境ソリューション、三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)、栗田工業(株)、三機工業(株)、住重環境エンジニアリング(株)、王子製紙(株)、日本製紙(株)、東洋エンジニアリング(株)、千代田化工建設(株)、日揮(株)、東レエンジニアリング(株)、パナソニック(株)、(株)東芝、(株)日立製作所、山崎製パン(株)、エスビー食品(株)、トヨタ自動車(株)、日産自動車(株)、本田技研工業(株)
沿革 1968年(昭和43年) 1月:兵神装備株式会社設立。資本金1000万円。
1969年(昭和44年) 10月:ヘイシン モーノポンプ第1号機を納入
1973年(昭和48年) 5月:増資により、払込資本金9950万円
             9月:滋賀工場竣工
1976年(昭和51年) 5月:東京営業所開設
             12月:本社新社屋竣工・大阪営業所開設
1977年(昭和52年) 4月:福岡営業所開設
1983年(昭和58年) 4月:名古屋営業所開設
1986年(昭和61年) 1月:ヘイシン モーノディスペンサー第1号機納入
1988年(昭和63年) 3月:粉体用ヘイシン モーノポンプ第1号機納入
1991年(平成3年)   6月:北関東営業所開設
2000年(平成12年) 9月:滋賀工場、国際規格ISO14001の認証を取得
2003年(平成15年) 4月:ヘイシンテクノベルク(株) 設立
             10月:全社で国際規格ISO14001の認証を取得
2004年(平成17年) 1月:技術研究所竣工
2007年(平成19年) 4月:ヘイシンテクノベルク(株)テクニカルセンター竣工
2010年(平成22年) 1月:横浜オフィス開設
2010年(平成22年) 8月:東日本サービスセンター開設
2013年(平成25年) 1月:創業45周年
             4月:仙台オフィス開設
2014年(平成26年) 1月:HEISHIN KOREA Co.,Ltd.(韓国・高陽市)設立
2016年(平成28年) 3月:台湾オフィス開設
2017年(平成29年)  6月:常設展示場「プロダクトスクエア」(滋賀県長浜市)を開設
2018年(平成30年)  1月:創業50周年
●モーノポンプ/モーノディスペンサーは様々な業界で活躍! モーノポンプ/モーノディスペンサーの最大の特長は、高粘度液から粉体まで無脈動・定量で移送できること。この特長を利用して、様々な業界で愛用頂き、日本の産業社会に貢献しています。

◎食品業界
水飴や味噌のような粘度の高い食品製造に多く使われています。また、ホイップクリーム・果肉入りアイスクリーム・ポテトサラダなど、食感や風味が変わりやすい食品も変質せず移送することが出来るため、従来では考えられなかった高効率化が可能となっています。
 
◎化学業界
化粧品・日用品・工業用品など、様々な製造ラインに採用されています。一例として、印刷業界では「インキ」および「紙(パルプ)」の移送に多くのモーノポンプが使われています。
 
◎自動車業界
車体だけでなく、エンジンからヘッドライトまで多くのパーツの製造に「モーノディスペンサー」と呼ばれる当社製品が使われています。これにより接着剤を正確に塗布することが可能となり、製造の高品質化に貢献しています。
 
◎電機業界
電子基板へのはんだペースト塗布や、電子機器へのシリコンゴム塗布など、高精度で安定した製造が必要な場面で「モーノディスペンサー」が使われています。必要最低限の塗布量を正確に吐出することで、材料のムダ使いの防止します。
 
他にもまだまだあってここでは紹介しきれないほど多くの分野で、モーノポンプ/モーノディスペンサーは我々の身の回りの生活を支えています。また、一つの業界に拘らず幅広い業界へ販売することで、景気変動による売上げへの影響が少なく、強固な収益性を保っています。
●技術開発拠点『技術研究所』 滋賀事業所内に総工費10億円を投じて建築され、3面総二重ガラス張りで、館内には太陽の光が降り注ぎ、四季を通じて快適な研究開発環境を提供する省エネ設計。モーノポンプの特長を最大限に引き出すためのシステム開発と、新製品を生み出す基礎研究強化の役割を担っています。
 
開所後は、研究開発の場に留まらず、お客様のテスト立会を数多く受け入れ、兵神装備の高い技術力をアピールする絶好のスポットとなっています。
●製品展示のショールーム『プロダクトスクエア』 プロダクトスクエアは、2017年に運用を開始したショールームであり、モーノポンプ・モーノディスペンサーなど、40台を超える製品を常時実演展示しています。当社製品の採用を検討しているお客様だけでなく、学生も含めた一般の方もご案内し、製品理解を深めて頂いています。また、同時に滋賀事業所内もご見学頂くことで、ものづくりに対する社内の真摯な取り組みを理解頂き、当社のファンになって頂くことも目標としています。
 
選考過程において、学生の皆さまをご案内する機会もありますので、ぜひ実際に見て・触って、当社ポンプの魅力を体感してください。
●最初の一歩は、「挑戦する・失敗に学ぶ習慣」を身につける。 兵神装備では、若い社員に主体的に考える姿勢を身につけてもらいたいと考えています。そのために入社数年、時として入社1年目の社員にも挑戦の機会を設けるようにしています。
 
技術職であれば、時として誰も取り組んだことが無い技術的課題に取り組み、周囲のサポートを受けながら案件をやり遂げる。営業職であれば、担当顧客を一人で担当し、周囲のサポートを受けながら課題解決を実現し、受注に繋げる。
 
当然、さまざまな失敗も発生しますが、その失敗を自ら検証し、次の行動に活かしています。この『挑戦する文化』『失敗に学ぶ文化』こそ、兵神装備の文化と言えます。また、社員一人ひとりの能力開発や企業としての質的向上にも力を入れています。(語学研修や自己啓発の支援制度など)
●強い商品力。高い顧客要望に対する挑戦心がさらなる強みを生み出す。 当社が誇る高精度の定量塗布装置『ヘイシン モーノディスペンサー』。
高い機能性・省エネ環境性・デザイン性が大きく評価され、2004年度の「グッドデザイン賞・特別賞」をダブル受賞した、当社の近年の主力製品です。食品業界や化学業界では早くから信頼と実績を積み上げてきましたが、近年、自動車業界から注目を大きく浴び、当社にとって大きなマーケットに伸展しています。高い要求水準に応える製品として、アメリカ・アジアの海外生産拠点への売上も順調に拡大しています。
 
お客様からの厳しい要求に応えるため、また更なる市場開拓を目指して、2010年6月に投入されたのが、『ヘイシン モーノディスペンサーHD型』。マイクロリットルレベル(1mlの1000分の1!)の吐出量を自在に制御出来る製品で、電子部品・半導体・LEDなど、電機業界で受注が急拡大しています。その貢献度の高さから、2016年度には「グッドデザイン賞・近畿地方発明表彰」をダブル受賞しました。
 
しかし、この『HD型』も、私たちの次なる挑戦の始まりです。それを心に刻みながら、社員は今日も全力で仕事に、そして顧客に向き合っています。
●「挑戦」し続けるからこそ、評価される。 兵神装備の歴史は、挑戦の歴史。その『挑戦心』は新たな強い基盤を生みだし、今日までの成長の源泉となっています。その結果、外部から表彰されることも増えました。最近の受賞をご紹介します。

【主な最近の受賞歴】
・2006年&2007年 グッドデザインひょうご大賞
・2006年 日経ニューオフィス賞
・2007年 発明大賞発明功労賞
・2007年 ひょうご経営革新賞
・2009年 中小企業IT経営力大賞2009優秀賞(日本商工会議所会頭賞)
・2009年 日本機械学会優秀製品賞
・2010年 「日経BP広告大賞」及び「最優秀電子・機械広告賞」
・2011年 発明大賞考案功労賞
・2011年 グッドデザイン賞
・2012年 文部科学大臣表彰科学技術賞
・2013年 日経BP最優秀専門広告賞
・2016年 関西ものづくり新撰2016
・2017年 ひょうごNo.1ものづくり大賞 技術部門賞
・2018年 地域未来牽引企業選定
・2019年 日経BP MarketingAwards グランプリ
など
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)