株式会社 青山製作所アオヤマセイサクショ

株式会社 青山製作所

自動車業界/ファスナーメーカー(ボルト・ナット・スクリュー)
業種 機械
金属製品/自動車/その他製造
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

製造本部 可児工場 保全課
熊崎 真之介(29歳)
【出身】中部大学  工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 可児工場で生産設備の保全業務を担当しています。
生産設備の故障の対応、点検、改善、新しい設備の導入対応など、当社可児工場での保全を担当しています。設備等の修理を行うのは、機械を止めての作業となります。その間、生産ができなくなるため、迅速な対応・判断が大切です。あまり迷っている時間はないので、すぐに判断するように意識しています。また、次から同じ故障が起きないように手を加えながら修理をしていきます。毎日朝自分が担当する現場を回り、班長さんや現場の人と話すようにしています。現場を歩いていると、熊ちゃんと声を掛けられ頼りにされる事が、非常に嬉しいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
付帯装置の立ち上げを担当。
入社三年目、付帯装置の立ち上げの担当を任されました。これまでボルトを手作業で網に差し込んで運んでいましたが、これを自動で整列させて網にいれる装置を開発しました。当初はまっすぐボルトが入らなかったりうまくいかないこともありましたが、半年をかけやっと完成させることができました。
多くの人とのやりとりやアドバイス、試行錯誤の結果もあり、完成した時はとても嬉しかったです。私はモノを作ることが好きで、モノを触ったり手先を使うことにとてもやりがいを感じています。工場の中ではやるべきことが毎日違います。目まぐるしさもありますが、そんな部分もこの仕事が好きな理由のひとつです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 機械の知識を活かして働きたかった為。
大学で学んだことを活かしたいと思い、自動車関係の会社を探していました。大学の先輩が多く入社していたこともポイントでした。会社の規模も大きすぎず小さすぎず、自分に合っていると感じました。巨大な企業の中での一部としてではなく、当社なら自分で仕事を進めていけると思いました。現在六年目となりますが、日々楽しく働いています。保全についてまだまだわからないこともありますが、今後は電気の知識も身につけ、更に成長していきたいと思っています。可児工場の設備のことなら「熊崎に聞けばわかる」と名前がでるくらいに成長したいと思っています。
 
これまでのキャリア 保全課(現職:6年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動では自己分析をしっかりと行っていました。自分を見つめなおす良い機会となりました。面接では、相手がもっと聞きたくなるような答え方を意識しました。この質問にはこう答えると準備しすぎず、その場その場で対応していました。そうするためにも、自己分析は大切だと思います。

株式会社 青山製作所の先輩社員

製品に使用する材料の特性・適用についての研究開発をしています。

技術開発部 要素技術グループ 材料・加工技術チーム
八木 雄大
名古屋大学 工学部 物理工学科

各工場への設備設置業務を担当しています。

生産技術本部 装置技術グループ 表面処理生技チーム
玉置 健太
名古屋工業大学 第2学部 応用化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる