株式会社林工組リンコウグミ
業種 建設
住宅/建築設計/不動産/建設コンサルタント
本社 静岡

先輩社員にインタビュー

建築工事部
清水勇樹(26歳)
【出身】千葉工業大学  工学部 建築都市環境学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 建築現場の監理・監督を担当。
商業施設や公共施設などの建築において、設計図面に従って工程表を作成する作業から現場での指揮管理まで幅広い監理業務で、職人さんたちを取りまとめ品質面や安全面を監理・監督する仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「形」になっていく喜びが、仕事への意欲につながっています。
最初に携わった仕事は、保育園の新築工事でした。完成までのほぼ全ての工程に立ち会うことができましたので、いい経験になりました。業務面では、はじめは写真撮りばかりでしたが、レッカーや雑工事、産業廃棄物収集の手配など、徐々に仕事を任せてもらえるようになりました。
職人さんとの折衝など、現場内を走り回ることも多いので、体力も必要だと思います。
うれしかったのは、竣工式に呼んでいただけた事です。完成した保育園で、園児たちが演奏をしたり喜んだりしているのを見て、建設業の持つチカラの素晴らしさを実感できました。
まだまだ苦労することも多いのですが、仕事を成し遂げていく充実感や「形」に残す達成感が、仕事への意欲につながっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き プロフェッショナルの一員として誇りを持てる仕事ができる。
もともと「地元のまちづくりに貢献したい」と考えており、浜松の建設業を中心に就職活動していましたが、父の友人の建設業の方や銀行員の方に勧められ入社を決めました。入社した率直な感想は、職場の雰囲気がアットホームだということです。先輩は気さくで、協力業社さんとの信頼関係もあり、仕事もしやすいと思います。
この仕事の魅力は、やはりスケールの大きさにあります。大きな建造物が実際に建てられていく工程を見て学べるので、毎日が刺激的です。
短い工期できちんと竣工に間に合うのを初めて見たときは、「ああ、自分はプロと一緒に仕事をしているんだな」と、誇らしく感じました。
 
これまでのキャリア 建築現場における監理業務(現職・4年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社を選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、一番大切なのは、やはり「自分に合った仕事を選ぶこと」だと思います。どんなに良い会社であっても、仕事が合わなければ楽しさややりがいを得ることは困難。ですから、根気強く、最後まであきらめずにじっくりと仕事を選んでほしいと思います。会社の知名度や規模だけにとらわれず、どういった職場環境なのかもきちんと把握しましょう。

株式会社林工組の先輩社員

施工現場で工程、品質、安全面を監理。

土木工事部
大庭 航
群馬大学 工学部 社会環境デザイン工学科

土地活用による資産活用のサポート、コンサルティング

営業部企画営業課
寺西俊一郎
名古屋学院大学 経済学部 政策学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる