矢作産業株式会社
ヤハギサンギョウ
2021

矢作産業株式会社

プラスチック成形
業種
自動車
非鉄金属/機械/化学/その他製造
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

【転勤なし×業界シェアトップクラス×ワークライフバランス】
当社は、『熱硬化性樹脂製品』、『アクセルペダル』、『ブレーキペダル』分野においてトップクラスのシェアを誇る自動車部品メーカーです。
今後、電気自動車の普及に伴い、軽くて強いプラスチックである熱硬化性樹脂製品の需要は益々高まる見込みです。
また、有給取得率80%以上、残業時間は月平均20時間以内など、社員が幸せに長く働ける環境を実現しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

時代の先を行く開発力。日本の未来を創るシゴト

今後、電気自動車の普及に伴った自動車の軽量化により、ますます需要が高まるであろう熱硬化性樹脂製品。この熱硬化性樹脂製品、扱うのが非常に難しい分野なため、他社はほとんど参入しておらず、当社独自の高い技術力をもとに成り立っているのです。今お客様はどんな製品を必要としているのか?今後、どのような製品があると喜ばれるのか?言われたモノをつくるだけでなく、日々情報収集し、創造、試行錯誤して新規技術開発に取り組んでいます。また、先輩に限らず誰もが率先して何でも教えてくれる社風です。失敗をしても上司がフォローしてくれるため、安心して新しいことにチャレンジし、技術を身に着け成長していくことができるでしょう。

仕事内容

常により良いものへと改善を重ね、任された仕事で達成感を味わう

入社7年目(技術職)「私は技術職として生産技術部生産技術一課に所属し、金型にプラスチックを流し込む温度や冷却時間、圧力など諸条件を整える役割を担っています。以前は生産技術二課で製品の工程設計をしていましたが、4年目で海外向け製品の立ち上げを任されました。トライアンドエラーを繰り返し、国内外でのお客さまとの打ち合わせは20回を超え、ようやく量産にこぎつけることができた時は、大きな達成感を味わいました。さまざまな経験を積み、常により良いものへと改善しながら進化を続ける毎日です。自分が製造に携わった部品が組み込まれた自動車が世界中を走っていることを思うと、日々やりがいを感じます。」

施設・職場環境

ワークライフバランスを重視し全ての社員が働きやすい会社に

当社は、創業時から一貫して、社員の幸せを何よりも優先しています。社員には働きやすい環境で能力を充分に発揮してほしいと考えており、職場環境の整備にも注力しています。上司や仲間がフォローし合える環境にある為、有給取得率80%以上、残業時間は月平均20時間以内、産休育休の取得、復職率100%と、家庭を持つ社員も家族との時間が取れ、長く働ける環境を実現しています。介護や男性の育児休業などの実績もあります。そのような、人を大切にし助け合う文化が根付いているため、社内の人間関係はとても良好です。休日に社員同士遊ぶことも多く、社内のコミュニケーションも活発で明るく風通しの良い雰囲気の職場です。

会社データ

事業内容 【プラスチック部品専門メーカー】
主に自動車関連部品の、金型設計から製品の製造および販売

【取扱製品】
・エンジン関係製品
・エアコンユニット
・エンジン冷却用製品
・スターター・オルタネータ
・走行安全関係製品
・フィルター・パワトレイン機器
・シフトレバー関係製品
設立 1945年12月 創業
1946年12月 会社設立
資本金 1,000万円
従業員数 333名(男197名 女136名)
売上高 79億(2018年3月期実績)
代表者 石川 勝敏
事業所 【本社】
愛知県額田郡幸田町大字菱池字荒子15番地1
【西尾工場】
愛知県西尾市大羽角町六反52-1
【海外拠点】
アメリカ:Yahagi America Molding, Inc.
タイ:Yahagi (Thailand) Co., Ltd.
中国:上海矢作精密工業有限公司
主要取引先 株式会社デンソー
浜名湖電装株式会社
トヨタ紡織株式会社
アンデン株式会社
ケーヒン株式会社
津田工業株式会社 ほか
設備機器 【熱可塑性射出成形機】
  30~110t 小型 35台
  130~360t 中型 33台
   550t 大型 1台

【熱硬化性射出成形機】
  50~100t 横型 17台
  50~100t 竪型 11台

【その他】
  三次元測定機
  工具顕微鏡
  IBM・AS400電算機
  表面粗測定機
  万能試験機
  画像測定機
  CAE・CAD ほか
会社沿革 1945年 矢作産業創立、圧縮成形機導入
1946年 矢作産業有限会社設立
1960年 小型射出成形機導入
1962年 大型射出成形機導入
1966年 熱硬化性射出成形機導入
1967年 第2工場新設
1970年 一宮工場完成
1974年 日本電装のQCモデル工場に指定
1975年 富永工場完成、新鋭機を続々導入
1976年 金型工場を新設、精密測定機、工具顕微鏡導入
1978年 IBMシステム34導入  コンピュータルーム新設
1981年 橋目工場完成、新鋭小型機導入
1985年 技術センターに三次元測定機設置
1986年 IBMシステム5381電算機導入
1987年 富永組立工場増設
1988年 富永事務所増設、IBM・AS400電算機導入
1994年 有限会社から株式会社に組織変更
          三次元測定機データ処理システム導入      
1998年 額田郡幸田町に新社屋完成(旧本社工場・富永工場・橋目工場を統合)
1999年 ISO9002 認証取得
2002年 ISO14001 認証取得
2003年 YAMI(アメリカ)、YSTH(タイ)生産拠点設立
2004年 CAE流動解析システム導入
2005年 株式会社デンソーよりグローバル賞受賞
2007年 株式会社デンソー主催第52回仕入先QCサークル発表会で最優秀賞受賞
2009年 YSTH(タイ)が新工場に移転
     一宮工場機能を本社工場に統合
2011年 中国・上海に上海矢作精密工業有限公司設立
2018年 子会社と合併
2019年 西尾新工場設立
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)