医療法人社団モルゲンロート
モルゲンロート
2021

医療法人社団モルゲンロート

有明こどもクリニック/子ども/地域医療/教育
業種
医療関連・医療機関
商社(医療機器)/医薬品/教育関連/その他サービス
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【地域の方が安心して出産・育児を行える環境を整えたい】
その最初の足掛かりとしてスタートした有明こどもクリニック。
業界の常識に捉われることなく、常に地域の方々やスタッフの声に耳を傾けた取り組みを実施。
湾岸エリアの小児医療充実に向け今後も複数の開院を控えながらも、「病児保育サービスや保育園の開設」など医療面以外での育児サポートに、力を入れていきたいと考えています。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

子どもやご家族の成長を見守り、あたたかくサポートしていきます

まずはクリニックの受付業務を通して仕事の流れや利用者とのコミュニケーションを学んでいただきます。予約・お会計・診療補助などお子様や保護者と直接関わる仕事です。地域に根付いたクリニックなので、0歳から健診や通院で通っているお子様の成長を見守ることができ、顔見知りのお子様が増えていくのは特徴のひとつ。またお子様だけでなく保護者との関係も築いていくことができ、怪我や病気以外のときでも「近くを通ったから!」と立ち寄ってくれることも珍しくありません。そんな信頼の輪が広がっている地域の方々に「安心して出産や育児をして欲しい」。その強い想いを持ったスタッフがNo.1の小児科を築き上げていきます!

事業優位性

業界のルールに捉われず、みんなの声を大切にする柔軟な医院

私たちが大切にしているのは、常に利用者やスタッフの声を聞きクリニックの運営に活かしていくこと。お子様と一緒に保護者の診察を行ったり、待ち時間を短縮してお子様への負担を減らすWEB問診票やインカムを導入しています。このように柔軟なアイディアが出るのも、職種やキャリアの垣根がなく意見交換を気軽にできる雰囲気があるからこそ。また、診療は21時までですが残業はほぼなく、完全週休2日制を設けているのでプライベートとの切り替えができる環境です。産休育休制度も整えていて、ライフスタイルの変化にも対応していくことが可能。良い意味で「クリニックらしくない」柔軟な体制や対応が利用者やスタッフに愛されるポイントです。

企業理念

「何かあっても、ここに行けば安心」と思っていただける存在に

医療法人社団モルゲンロートは、日本の乳幼児死亡率を下げたいという小暮理事長の想いから生まれた会社です。2010年当時、まだ医療体制が万全ではなかった湾岸エリアの小児医療を充実させるため、有明と豊洲にクリニックを開院。地域に住む子どもたちと、そのご両親の安全と安心を守ってきました。2院の年間利用者数は年間8万人。地域のかかりつけ医として定着し、2019年以降も複数のクリニックの開院を予定しています。今後は「安心して出産・子育てができる地域作り」をキーワードに、当日受け入れ可能な病児保育施設の開設など、子どもたちだけでなく保護者も安心できる地域作りに力を入れたいと考えています。

会社データ

事業内容 ◆こどもクリニック
小児科・小児皮膚科・アレルギー科・内科(健診・予防接種・ワクチン・予約)
設立 2010年9月
資本金 1億9746万円
従業員数 従業員数 59名(うち非常勤22名)
2019年1月時点
売上高 5億1637万円(2017年8月~2018年7月実績)
代表者 理事長 豊洲院院長 小暮 裕之
事業所 【有明こどもクリニック 有明院】
東京都江東区有明1-4-11 ブリリアマーレ有明クリニックステーション1F

【有明こどもクリニック 豊洲院】
東京都江東区豊洲5-5-25 昭和大学豊洲寮1F

【有明こどもクリニック 勝どき院】
東京都中央区勝どき3-5-5 AIP勝どき駅前ビル3F
院長より 少子高齢化が問題になっている日本。
その背景には様々な理由がありますが、
「出産・育児を安心して行える場所がない」
これも一つの要因ではないかと考えています。

仕事をしながらの育児が当たり前の時代。
ではお子様の体調が急に悪くなってしまったら?
会社を休むと迷惑がかかるかもしれない…
仕事終わりでは病院が終わってしまうから早退…
そんな不安が保護者を襲う場面は少なくありません。

ですが今の日本ではその不安を解消するための
環境や制度が整っていないことが多いのです。

私たち医療法人社団モルゲンロートは、
「有明こどもクリニック」を起点とした小児医療を軸に、
地域で安心して出産・子育てができる環境作りを推進。

最初の取組として、当時開発したてだった湾岸エリアに
充実した小児総合診療が可能なクリニックを2010年設立。
さらに保護者や地域の声を柔軟に取り入れることで、
いつでも頼りになる存在になるよう改善を重ねました。

・仕事終わりに来院できるよう21時までの診察
・保護者の方の診察も積極的に実施
・待ち時間削減のためにWEB問診票やインカムの導入

固まった考えをなくし他業界の当たり前を取り入れることで、
徐々に口コミで評価されるようになり、
今では有明院・豊洲院合わせて年間8万人の方に
利用していただけるクリニックへと成長。
第一段階の目標は達成ベースまで進めることに成功しました。
今後のビジョン では次に私たちが取り組むことのできる課題はなにか?
それは医療面ではなく、保育面であると考えています。

現在の病児保育の多くは前日までの予約制。
当日の朝の急な体調不良に対応できないことが多く、
仕事を休まざるを得ない状況があります。
そこで当日でも受け入れ可能な病児保育施設の開設を検討。
仕組みもすべて出来上がっており、
残すは場所の確保のみというところまで進んでいます。

現在はお子様のいる方をターゲットとした仕組みを作っていますが、
ゆくゆくは湾岸エリアの出生率を上げられるように、
安心して子育てのできる地域というブランドを作りたいと考えています。

その為には新しいアイディアや意見、
目標実現のためにともに歩んでくれる社員が必要不可欠。
ますは興味がある、やってみたいという気持ちがあればOKです。
地域や人を診る医療に携わってみませんか。

理事長/小暮 裕之(38歳 2歳・1歳の子育て中)
ホームページ https://child-clinic.or.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)