極東産機株式会社キョクトウサンキ

極東産機株式会社

【JASDAQ上場】
業種 機械
プラント・エンジニアリング/重電・産業用電気機器/文具・事務機器・インテリア/設備・設備工事関連
本社 兵庫

先輩社員にインタビュー

研究開発本部
中村昇平(25歳)
【出身】徳島大学  工学部 電気電子工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 電気図面や制御プログラムの作成を担っています。
様々な産業で必要とされている布製品。
私が担っているのは、その検尺(寸法を測ること)機械の制御です。
設定されたサイズに布を計測し、指示した寸法に裁断する。
その用途は以外にも広く、テント用の生地から
医療分野にも用いられています。
言葉にすると簡単ですが、伸縮性に富み破れやすい生地は、
どこまで張るかという判断が難しいもの。
引っ張りすぎても、たるませてもいけませんからね。
入社半年で取りかかったこの開発は、1~2ヶ月の期間で完成。
プログラミングなど、全てに先輩から赤を入れてもらうなど難しいものでした。
今では、社外の特注機の開発にも少しづつたずさわることができていますが、
まだまだ学習が必要だと感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
マイコンも扱える、オールマイティさを目指しています。
現在、電気のグループは総勢5名。
私が目指しているのはオールマイティなエンジニアです。
2年目でまだまだ勉強中ではありますが、いずれはマイコンも学び、
先輩のような人材になりたいと思っています。
自分で試行錯誤し、リーダーに見てもらう中で育てられている。
そんな中でリーダーに気づかされたのは、PCの画面だけでなく、
実際の機械をちゃんと知るべきだということ。
PCの画面上では問題はない。
けれど、機械との連動や組み立てるスタッフさんたちのことまで慮っているか。
お客様の要望を、より高く超えられているか。
そんな視点を持つことの大切さに気づかされました。
これから目指すのは、マイコンも扱え、携わる人の立場にたった開発。
優秀な先輩のもとで、必ず実現したいと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「職人の手作業を機械で」という、広告に惹かれて。
在学中は、漠然と「ゲームの開発に携われたら」と将来を考えていました。
そんなとき、弊社の『職人の手作業を機械で』と書かれた求人広告に巡り合いました。
自分の学んできた知識や技術を、どう社会に役立てるか。
その広告には、仕事の意義がちゃんと書かれているなと思ったんです。
大げさかもしれませんが、仕事を選ぶ際に「誰かの役に立つ」という観点は、とても大切。
興味よりもその意義に惹かれて、私は入社しました。
産業の要ともいえる生産機械の数々。
その用途は違えど、いずれも効率化や省電力化のニーズは高い。
やりがいある開発だなと思えました。
また、機械を創るだけではなく、畳製造の業界を拡大するという
企業としての使命感にも惹かれました。
 
これまでのキャリア 工学部 電気電子工学科を卒業後、研究開発本部に配属。

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル どちらかと言うと個人プレーな仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

極力多くの企業と出会い、少しでも気になったら行動を起こすことだと思います。興味がなければ、皆さんと企業との出会いは何も生み出しません。ですが、少しでも興味を持つ企業が見つかれば、意中の業界や企業でなくとも魅力を探し出せるかもしれません。まずは、たくさん調べ、合同説明会などで多くの企業の担当者と出会うことだと思いますよ。

極東産機株式会社の先輩社員

7セグ表示の操作パネルの液晶化など、既製品の進化を担っています。

研究開発本部
茂末英幸
岡山理科大学 工学部 情報工学科

糊付機にはじまり、現在は新人育成も担っています

研究開発本部
吉田哲士
福山大学大学院 工学研究科 機械工学専攻

5000回の試験を自ら行って、機械の品質に自信を持った。

研究開発本部
油田要
京都工芸繊維大学 大学院 工芸科学研究科 機械システム工学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる