東洋紡株式会社トウヨウボウ
  • 株式公開
業種 化学
プラント・エンジニアリング/医療機器/繊維/情報処理
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

岩国事業所 工務部 設計グループ
西耕平
【出身】広島大学大学院  工学研究科 社会環境システム専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 東洋紡の製品を生み出す、機械設備の設計
私の担当する岩国事業所のポリマー工場では、PETボトルや接着剤等に使う樹脂製品を生産しています。これらの製品を生み出す機械設備は私達にとって非常に大切なもの。私はそうした機械設備の設計を行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
設備を形にする時、皆で課題を乗り越え、嬉しさを分かち合える。
私が相手にするのは、東京ドーム数個分はあろうかという大きな敷地にドカンとそびえるプラント。設備を設計して、実際に形にしようとする時、100%予定通りに進むことはまずありません。思いもよらない問題が次々と出てきます。そうした問題を、建築・電装・システムなど他分野の技術者や、他部署・他事業所・他社など多くの方々と力を合わせ、一つ一つ解決していきます。全ての問題をクリアして設備が動き出した時、一緒に取り組んでくれた方々と喜びを分かち合える。こんな仕事はなかなか無いと思いますよ。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ふとしたきっかけで化学メーカーの設備設計に興味を持ちました。
私は元々、船舶・海洋工学が専攻。就職活動を始めた段階では、船・車・飛行機など「乗り物」メーカーを中心に回っていました。しかし活動を進める中で、自分が関われるのは製品のほんの一部であり「自分がいてもいなくてもあまり変わらないのでは?」と感じてしまいました(実際はそんな事はないと思いますが…)。そんなとき偶然東洋紡と出会い、化学プラントでの「設備」の重要性や、自分が設計したものが形になる達成感を教えて頂き、興味を持ちました。その後、工場や面接の場で色々な方と話をしましたが、どなたとも自然体で接する事ができ、自分の肌に合うのはこの会社だ!と直感的に思いました。
 
これまでのキャリア 樹脂を生産する設備、貯蔵する設備、出荷する設備などを設計。

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

最初から業種や業界、または会社そのものを絞りすぎると、大きなチャンスを逃してしまいます。就職活動中は特別な時期。就職活動中にしか、これだけ多くの会社の話を聞くチャンスはないので、少しでも興味を持ったところにはどんどん飛び込んでいくべきだと思います。また、会社を良く調べることは非常に大切ですが、最後は直感に頼って会社を選ぶのも大切かもしれませんね!(少なくとも私はそれで後悔していません)

東洋紡株式会社の先輩社員

いろんな場所に出向いて情報を取る営業の仕事

光機能材料事業部
木谷 優希
工学研究科 物質系工学専攻

東洋紡製品を生み出す、機械設備の設計

総合研究所 エンジニアリング開発室
小西康介
大阪大学大学院 工学研究科 応用自然科学専攻 量子計測領域

研究者を支える画期的な試薬の開発

敦賀バイオ研究所
小林 哲大
生命科学研究科 総合生命科学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる