東芝ホームテクノ株式会社
トウシバホームテクノ
2021
業種
家電・AV機器
半導体・電子部品・その他
本社
新潟

私たちはこんな事業をしています

★小型家電商品(IH保温釜、電子レンジ等)の開発を通じ、身近な商品をつうじて人々の生活を豊かにしています。
★PC、スマホ、プロジェクター用各種ファンモータ等の開発を通じ、国内はもちろん海外メーカーに対してもグローバルに事業を展開しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

トップクラスの技術力、製品開発から製造まで全工程を自社で!

当社は1942(昭和17)年の創業以来、国内家電製造工場を有し、製品の開発・設計から製造まで、自社で一貫して行っています。自社工場を有しているため、開発部門と製造現場が緊密に連携し、議論を戦わせ、より良い商品を開発することができます。その結果生まれた商品のひとつが「IHかまど炊飯器」です。開発者が日々研究を重ね、テストと改良を繰り返し、ついに伝統の羽釜の形を実現することに成功。それが、「かまど本羽釜」です。羽釜の形で、かまど炊きのしくみと旨さを実現しました。創業以来、業界の第一線で磨き続けた商品開発力と高い技術力で、今後も新しい価値を創造し続けます。

仕事内容

小型家電の製品を研究・開発し、製造しています。

当社の開発商品は多岐にわたります。小型家電商品はもとより、機器事業では、モバイル機器用冷却ファンモータを開発しており、「設計・試作・評価」の3工程を繰り返し、完成品を作っていきます。当社の冷却ファンモータは、国内メーカーだけではなく、海外メーカーにも多く採用されており、高いシェアを誇っています。そのため、しばしばコンペが開催され、海外でプレゼンを行うこともあります。

社風・風土

上下の隔てなく意見交換ができる「チームワーク」良好な環境。

家電製品チームは、チームワークが重要な部署。なぜなら、みんながベクトルをひとつに合わせることで、ひとつの製品が出来上がるからです。そのためには、部署内や関連部署間とのコミュニケーションが大切。このチームは20名ほどの人数ですが、職位の上下の隔てなく、自由に意見を言い合えます。多彩な人材がいて、その個性を発揮しているからこそ、よい製品が生み出されているのではないでしょうか。そして、機器用部品の開発チームも、横のつながりが強い部署です。また若手が活躍しているのも特徴で、若手のうちから責任のある仕事を任せられるので、その分、やりがいも充分です!

会社データ

事業内容 下記商品の開発設計・製造・販売
 ・小型家電商品(IH保温釜、電子レンジ等)
 ・機器用部品(スマホ向冷却モジュール・各種ファンモータ等)
創業 1942年(昭和17年)
資本金 30億円
従業員数 600名
売上高 343億円(2018年12月期グループ連結)
代表者 取締役社長 出口 幸彦
事業所 本  社/新潟県加茂市
営業拠点/東京、川崎、大阪、台北(台湾)
関連会社/タイ、中国
設立 1981年(昭和56年)7月1日
関連会社 ■コントロール・コンボーネント社(タイ国・パトムタニ県)
■杭州東芝家電技術電子有限公司(中国・杭州市)

沿革 1942年 東京芝浦電気株式会社(現(株)東芝)加茂工場として創業開始
1950年 東京電灯器具株式会社(東京芝浦電気(株)から分離独立)
1981年 東芝熱器具株式会社として新発足
1990年 タイ国に合弁会社CONTROL COMPONENT CO.,LTD.を設立
1992年 東芝ホームテクノ株式会社に社名変更
1995年 ISO 9001 認証取得
1998年 ISO 14001 認証取得
2002年 台湾台北市に連絡事務所を開設
2003年 中国に杭州東芝家電技術電子有限公司を設立
2007年 OHSAS 18001 認証取得
2010年 新潟東芝家電製造株式会社を吸収合併
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)