富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
フジツウクラウドテクノロジーズ
2021

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

2017年4月1日 ニフティ株式会社から社名変更
業種
インターネット関連
ソフトウェア/情報処理
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

デジタルトランスフォーメーションが進むなか、人やモノの多くがデジタル化し、クラウドコンピューティングは無くてはならないものとなっています。当社は、「デジタル社会のつながるサービス」を実現するため、独自性(Originality)と先進性を生かしたスピードと開発力(Agility)で、デジタル革新の土台となるにふさわしい品質(Quality)のクラウドサービスをお客様に提供すべく、グローバル(Global)に挑戦し続けます。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

国産最大級!世界でも有数の規模を誇るクラウド基盤

国産最大級のIaaS/PaaSクラウドサービス『ニフクラ』を自社サービスとして運営しています。インフラサービスの設計、構築、運用などを行うインフラエンジニア(物理/仮想)のほか、お客様が使うコントロールパネルなどの開発を行うアプリケーションエンジニア、エンジニアリングパーツやIoTプラットフォームなどのPaaSを開発するプラットフォーム開発エンジニアなど、幅広い技術領域のエンジニアが活躍しています。また、ビジネスサイドでもサービスビジネス企画やマーケティング・プロモーション、パートナー企業と連携してニフクラの顧客を獲得する営業職など、様々な職種の社員が働いています。

仕事内容

データを価値化し、顧客の課題解決や意思決定をデザインする

『データデザイン by ニフクラ』では、顧客企業との共創による課題抽出や事業プランニングを行う企画職、技術選定やプロト開発を行うエンジニア、データの収集/分析を行うデータサイエンティストなどが、製販一体の組織で蜜に連携を取りながら働いています。案件ごとに必要となる技術要素が異なるため、エンジニアに求められる技術領域もネットワークやアプリケーション、デバイス制御など幅広く、また、ビジネスサイドのメンバーにも、常に新しい技術・サービスの知識をキャッチアップし、顧客に提案していくことが求められます。

社風・風土

創業33年のベンチャー企業!?

ニフティ時代より富士通グループ内でも独自の文化を育んできた当社は、創立33年の老舗であるにもかかわらずベンチャーの雰囲気を残したIT企業です。出る杭を伸ばす社風で、やりたいことに手を挙げてチャレンジし、物ごとを推進していく人を応援します。好きなものや技術に対するこだわりがある社員が多く、みな真剣かつ明るく仕事と向き合っています。規模の大きな会社でない分、裁量が大きく自由な社風のなかで存分に働ける環境です。また、富士通グループの潤沢なリソースを活かしたビジネスがやれたり、親会社と同様の福利厚生制度が活用できるなどの利点もあり、安定した基盤のうえで若手のうちからチャレンジしてみたい人にはピッタリです。

会社データ

事業内容 国産最大級のクラウドコンピューティングサービスである『ニフクラ』は、サーバーやハードディスク、ファイアウォール、ロードバランサーといったコンピュータリソース(インフラ)を、仮想化技術を用いてインターネット経由でオンデマンドで提供するIaaSと呼ばれるサービスや、それを利用するエンジニアがシステム開発を行う上で必要となる開発ツールやミドルウェアなどのプラットフォームをオンラインで提供するPaaSと呼ばれるサービスを提供しています。

インフラサービスの設計、構築、運用などを行うインフラエンジニア(物理/仮想)のほか、お客様が使うコントロールパネルなどの開発を行うアプリケーションエンジニア、エンジニアリングパーツやIoTプラットフォームなどのPaaSを開発するプラットフォーム開発エンジニアなど、幅広い技術領域のエンジニアが活躍しています。また、ビジネスサイドでもサービスビジネス企画やマーケティング・プロモーション、パートナー企業と連携してニフクラの顧客を獲得する営業職など、様々な職種の社員が働いています。

『データデザイン by ニフクラ』では、顧客が持つビッグデータや、IoTなどを用いて取得した様々なデータを、クラウドに蓄積し、AIや機械学習などを用いて解析し、企業の課題を解決するサービスです。1) 事業課題の抽出から、事業プランニングやUI/UXデザインなどを行うコンサルテーション、2) 技術選定や環境設計・構築、プロトタイピングを行うインテグレーション、3) データ収集・分析し、その活用を提案するソリューションまでをワンストップで提供しています。

課題抽出や事業プランニングを行う企画職、技術選定やプロト開発を行うエンジニア、データの収集/分析を行うデータサイエンティストなどが、製販一体の組織で蜜に連携を取りながら働いています。案件ごとに必要となる技術要素が異なるため、エンジニアに求められる技術領域も幅広く、また、ビジネスサイドのメンバーにも、常に新しい技術・サービスの知識をキャッチアップし、顧客に提案していくことが求められます。

今後は、クラウド事業をベースに、アジアを中心としたグローバル展開、AIを活用した自律化による高品質クラウドの開発、パートナー企業との共創によるクラウドネイティブなソリューションの提供などにより、さらなるビジネス拡大に取り組んで行く予定です。
設立 1986年2月
資本金 1億円
従業員数 267名
(2019 年4月1日現在)
売上高 約101億円
(2018年3月末実績)
代表者 代表取締役社長    愛川 義政
事業所 本社■
〒104-0061
東京都中央区銀座7丁目16番12号 G-7ビルディング(2階受付)
03-6281-5710(代表)
関連会社 コネクティッド・デザイン株式会社
沿革 1986年2月
「株式会社エヌ・アイ・エフ」として東京都千代田区で誕生

1987年4月
パソコン通信サービス「NIFTY-Serve(ニフティサーブ)」の提供を開始 → 日本のオンラインコミュニティの原点!

1991年4月
社名を「ニフティ株式会社」に変更

1999年3月
富士通株式会社の100%子会社化

1999年11月
「NIFTY-Serve」「InfoWeb」両サービスを統合し、新サービス「@nifty(アット・ニフティ)」を開始

2003年12月
ブログサービス「ココログ」提供開始 → ブログサービスの草分け!

2006年12月
東京証券取引所市場第二部に上場

2007年7月
イベントスペース「TOKYO CULTURE CULTURE」オープン

2010年1月
日本語で使えるパブリック型クラウドサービス「ニフティクラウド」を開始 → 純国産!ニフティクラウド提供開始!

2011年1月
『ニフティクラウド』を活用したITベンチャー企業の海外展開支援事業を開始

2011年12月
本社を品川区南大井から新宿区北新宿に移転

2013年9月
スマートフォンアプリ開発に特化したクラウドサービス「ニフティクラウド mobile backend」を提供開始

2015年5月
IoT活用に必要な機能をクラウド上で提供する「ニフティクラウドIoTプラットフォーム」展開開始

2015年7月
デバイスのIoT化を目指す企業を支援する「ニフティIoTデザインセンター」開始 → IoTの「I」をカタチに

2015年9月
『ニフティクラウド』、初の海外リージョン「北米リージョン」提供開始

2015年11月
IoTを活用したスマートライフ事業に関する新会社「Connected Design(コネクティッド・デザイン)株式会社」をイッツ・コミュニケーションズ株式会社、東京急行電鉄株式会社と共同で設立

2016年1月
丸紅とクラウドサービスで協業し、『ニフティクラウド』を丸紅にOEM提供

2016年7月
富士通株式会社による売渡し請求に伴い上場廃止

2016年7月
富士通株式会社の完全子会社化

2017年4月
クラウド事業を中心とする事業会社とコンシューマ事業を中心とする事業会社に分社。
富士通株式会社がコンシューマ事業会社の株式を株式会社ノジマに譲渡

2017年4月
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社に社名変更

2017年10月
法人向けサービスを新ブランド「ニフクラ」に統合

2018年7月
本社を新宿区北新宿から中央区銀座に移転
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)