社会福祉法人平徳会ヘイトクカイ

社会福祉法人平徳会

介護/福祉/障害者施設/ソーシャルワーク
業種 福祉・介護
教育関連
本社 埼玉

先輩社員にインタビュー

こしがや希望の里 支援課
市村和也(34歳)
【出身】埼玉福祉専門学校  社会福祉科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 施設入所者の衣食住に関わる生活全般の支援、活動や余暇の充実や環境整備等
生活支援員として、入所されている方が必要とされている事や苦手な事に対して手助けをしたり、環境を整えることで利用者様に快適に安心して生活して頂けるように配慮することを心掛けています。
言葉が出ない方や意思疎通が難しい方とのやり取りの中、自分の関わりによって笑顔になってもらえたり 自分から意思表示をされ手を引いて何かを伝えようとしてくださる場面があったりふとした瞬間に気づく利用者様の変化や、コミュニケーションを取るのが難しい方ほど『どうしたら伝わるか』や『笑ってもらうにはどうするか、何が笑いのツボなのか?よし、とりあえず変顔をして歌ってみよう』等という事を考えたり実際に色々と実践してみて初めて理解出来る事が多いので、やりがいもそうですが人と関わることの楽しさを感じることが出来る仕事だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
相談業務に携わり、別の施設の利用者、保護者様との関係の輪が広がった。
相談業務で、施設に通所されている利用者様のご家族より『相談の仕事ずっと続けて下さいね。』と言われた事が本当に嬉しかった。利用者ご本人様が、事あるごとに不安定になってしまうという相談をご家族から受けた際に、予定の見通しがつかないからかもしれないと考えカレンダーに予定を書き込んではどうかという提案をしたところ、カレンダーを使用してから苛立つことが一切なくなったと保護者様より電話を頂いた。施設の現場での利用者様への対応や支援で取り入れたことが役立ったと感じた。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 新しく開所する施設なので、1からのスタートという部分で魅力を感じた
新しく開所する施設だったこともあり1からのスタートという部分で魅力を感じた。越谷市が見知らぬ土地だったのと施設の下見を一人で行ったときに、とてものどかな場所にある施設だなと思いました。
 
これまでのキャリア H17年4月こしがや希望の里入職→H25年4月相談支援員
H31年(今年で14年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

『自分の強み』や『特技』『今までの経験』『これだけは誰にも譲れないこと』等、自分らしさが表現できることが見つけられると良いですね。
ちょっとした思いつきとか、これやってみようかなって意外と大事。
周りがどうこう言う事よりも自分がやりたいかどうか。実際に自分の目で見て話を聞いて判断する。
あとは根性で。

社会福祉法人平徳会の先輩社員

生活支援員/入所されている知的障がい者の方への生活支援

障害福祉サービス事業所 かなめ 管理者
遠藤寛明
埼玉福祉専門学校 社会福祉科・社会福祉コース

生活支援員/知的障がい者の入所施設

こしがや希望の里 支援課 主任
大瀧優
彰栄保育福祉専門学校 保育科

生活支援員/知的に障害のある方の生活支援

こしがや希望の里 支援課
吉原秀美
東京国際大学 人間社会学部福祉心理学科

知的障害者入所施設の支援員。知的な障害を持った方々の生活のお手伝い

こしがや希望の里 支援課
A・S
文教大学 人間科学部人間科学科

法人運営に関わるお仕事(予算・決算書作成、採用活動、収入支出の管理等)

こしがや希望の里 事務課
遠山和樹
文教大学 人間科学部臨床心理学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる