社会福祉法人平徳会ヘイトクカイ

社会福祉法人平徳会

介護/福祉/障害者施設/ソーシャルワーク
業種 福祉・介護
教育関連
本社 埼玉

先輩社員にインタビュー

障害福祉サービス事業所 かなめ 管理者
遠藤寛明(34歳)
【出身】埼玉福祉専門学校  社会福祉科・社会福祉コース 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 生活支援員/入所されている知的障がい者の方への生活支援
入所されている利用者様が、日々楽しく笑顔で健康に過ごせる様にサポートをする仕事です。生活全般の支援に携わる事になるので、「気づき」がとても大切な仕事です。「どうしたら楽しく生活を送る事ができるのか」周りのスタッフと考え計画、実施した結果、見事にハマった時の充実感と達成感はこの仕事の最大の魅力と言っても良いと思います。利用者様と言葉で通じ合えなくても「笑顔」で答えてくれた時の瞬間はどんなものにも代えがたい価値があります。そういった経験が蓄積されていく事で、働いているスタッフも人として成長させて頂いているのだと日々実感しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
出勤から楽しい
バイク通勤の時、私のバイクのエンジン音が特定の利用者様に聞こえた様で、利用者様が出入り口付近まで走っていき私が出勤するのを待っていたという話を周りのスタッフから聞いた時はとても嬉しかったです。発語のない利用者様ですが出入り口付近にいたご本人様の目の前に立ち「おはようございます」と伝えると、顔の表情を変え、身体を動かし感情を伝えようとしているのを見た時は、この仕事を続けてきて良かったと思えた時でした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 同じ志を持つ人と作り上げていきたい
私が卒業する年に開所予定という情報があり、「オープニングスタッフとして新しい施設を一から作り上げていきたい」と思ったのがきっかけでした。一度話を聞きたかったので、現施設長と話をした時に、こしがや希望の里や利用者様に対する思いに強く共感し、採用面接を受けようとその時に決めました。入社から4年後に一度一身上の都合でこしがや希望の里を退職し、福祉と異なる業種も経験しました。ただ、福祉の楽しさや、やりがいを忘れることができず、やはりこの仕事がしたいと思っていた所、現施設長よりお話をいただき再度働かせて頂いております。
 
これまでのキャリア こしがや希望の里(4年間)→営業/工場(1年間)→知的障がい者施設(他施設1年)→こしがや希望の里(6年目)→障害福祉サービス事業所(1年目)

この仕事のポイント

職種系統 社会福祉士
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

必ず希望する職場に赴き自分の目で見て、担当者から話を聞き、職場の雰囲気を感じてから決めるのが良いと思います。

社会福祉法人平徳会の先輩社員

施設入所者の衣食住に関わる生活全般の支援、活動や余暇の充実や環境整備等

こしがや希望の里 支援課
市村和也
埼玉福祉専門学校 社会福祉科

生活支援員/知的障がい者の入所施設

こしがや希望の里 支援課 主任
大瀧優
彰栄保育福祉専門学校 保育科

生活支援員/知的に障害のある方の生活支援

こしがや希望の里 支援課
吉原秀美
東京国際大学 人間社会学部福祉心理学科

知的障害者入所施設の支援員。知的な障害を持った方々の生活のお手伝い

こしがや希望の里 支援課
A・S
文教大学 人間科学部人間科学科

法人運営に関わるお仕事(予算・決算書作成、採用活動、収入支出の管理等)

こしがや希望の里 事務課
遠山和樹
文教大学 人間科学部臨床心理学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる