アトムメディカル株式会社
アトムメディカル
2021

アトムメディカル株式会社

医療機器/開発・製造・販売
業種
医療機器
精密機器/医療関連・医療機関/その他製造/商社(医療機器)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【新しい生命(いのち)の誕生をささえ、医療の進歩に貢献する】
創業以来、私たちは産婦人科や新生児・未熟児医療分野をメインとした研究開発~医療機器の製造販売を展開しています。
また、看護向け機器や医用ディスポーザブル製品、高齢化社会に対応した医療機器などにも分野を広げ、さらにはグローバルな営業・生産体制の構築にも注力し、医療トータル専門メーカーとして確かな実績を築いています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

保育器世界No.1カンパニーを目指して

創業70年を超える歴史を持つ当社は、1952年に国産初の保育器を開発し、国内保育器シェア85%を誇り、トップメーカーの地位を確立しています。今後は、保育器で培った産婦人科、新生児科等の病院ネットワークを最大限に活かし、診察台や分娩台、診断機器などを含む周産期医療分野で国内シェアNo.1カンパニーを目指しています。また、フィリピン・セブ島の自社工場、イタリア・ミラノのヨーロッパオフィスに続き、2014年にはアメリカに販売子会社を設立し、グローバルな営業・生産体制の構築にも注力しています。「To Save a Tiny Baby Life in the World」というテーマの下、保育器世界シェアNo.1カンパニーという高い目標に挑戦しています。

事業・商品の特徴

高い技術と品質で「小さな生命」を救う

当社は、周産期分野を中心としたトータル医療メーカーとして、研究開発を推進しています。当社の製品は国内1拠点・海外1拠点の自社工場で生産しています。各工場には最新の設備を導入し、国際基準の厳しい品質管理により、高精度で信頼性の高いアトムメディカル製品を生み出しています。そうした技術力や品質の高さは国内だけでなく、海外でも評価され、2014年5月には、エジプト軍病院向けに新生児用保育器を1,000台納入。また、2015年にはアメリカで権威のあるスタンフォード大学病院にも当社の保育器を納入しています。また、当社の製品が数多くのドラマの中で登場しています。

会社データ

事業内容 医療機器(産科・婦人科用機器、新生児・小児用機器、輸液用機器、呼吸療法用機器、
看護病棟用機器、医用ディスポーザブル製品)の製造・販売、輸出入
設立 昭和23年7月(創業 昭和13年11月)
資本金 8,400万円
従業員数 400名
売上高 137億(2018年9月期)
代表者 代表取締役社長 松原 一郎
事業所 【本社】
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目18番15号
【営業所】
札幌、仙台、埼玉、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡
【工場】
浦和工場
【その他】
和光総合サービスセンター(埼玉県和光市)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)