OKK株式会社
オーケーケー
2021

OKK株式会社

工作機械メーカー(マシニングセンタ/汎用フライス盤)
  • 株式公開
業種
機械
重電・産業用電気機器/半導体・電子部品・その他
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

【世界のモノづくりを支える百年品質】

当社は、自動車、航空機から家電、PCなどさまざまな部品の加工現場で活躍する工作機械の企画、開発から製造、販売までを一貫して行っています。
世の中の機械・装置やそれらの部品などは、工作機械によって作られることから「マザーマシン」とも呼ばれています。
高品質な部品を早く、低コストで作り出す当社の加工技術は、国内のみならず海外でも高い評価を得ています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

機械を産み出す機械、“マザーマシン”をご存知ですか?

「日本はモノづくり大国」。そんなイメージを抱く方は多いと思います。自動車、航空機などの乗り物を始め、建設、衣料、日用品に至るまで、さまざまな製品が日々製造されています。これらの製品をつくるためには、当然製造機械が必要となります。OKKが製造しているのは、その機械を産み出す「工作機械」。製造業の世界では“マザーマシン”と言われています。例えば、ペットボトルのような工作機械と関係のなさそうなものでも、樹脂を流し込んで固めるための金型は、工作機械によってつくられます。つまりモノづくりにおいては、この工作機械は必要不可欠な存在。幅広い分野のモノづくりに影響を与える機械と言うことができるでしょう。

事業優位性

バリバリと削れ、壊れにくい。“重切削”と“高剛性”が強み。

実は、日本の工作機械は世界でもトップの水準を誇っています。OKKは就活生のみなさんよりも、世界中のエンジニアの方たちにお馴染みの会社と言えるかもしれません。では、工作機械の業界において、OKKの強みは何でしょうか。代表取締役社長の宮島は、その点についてこのように語っています。「“重切削”と“高剛性”がキーワードです。固い金属でもバリバリと削れる切削性は、特に重工業界で高いニーズがあります。また、工作機械は数千万円単位の、非常に高価な製品であるため、数十年にわたり長く使えることも大切です。先日、50年前に製造した機械の修理依頼がきました。それだけお客様に長く使っていただいている、と言えるでしょうね」。

社風・風土

100年にわたって蓄積したノウハウを、若手に。

OKKに入社すると、まず1年間の研修から始まります。この1年間で、設計や生産、営業など、あらゆる部署を経験することで、業務の全体的な流れを把握することができます。研修後は先輩社員の下につき、実務を通して仕事を習得していきますが、OKKはそこからの裁量が大きいのが特徴です。2年目からは何らかの機種担当となり、仕事の最初から最後までを、先輩に助けてもらいながらこなしていきます。まだ知識が身につかないうちは、独りでは対応できないことも。しかし、当社には100年にわたる技術の蓄積があり、社内の“匠”に教えてもらうことが可能です。先輩からのノウハウを継承しつつ、ぜひ新しいモノづくりにチャレンジしていってください!

会社データ

事業内容 工作機械(マシニングセンタ、NCフライス盤、汎用フライス盤、専用工作機械)の製造・販売
設立 1915年10月
資本金 62億8307万6312円
従業員数 513名(2019年3月時点・単独)
売上高 232億6300万円(2019年3月期・単独)
代表者 代表取締役社長 宮島 義嗣
事業所 ■本社・猪名川製造所
〒664-0831
兵庫県伊丹市北伊丹8-10
TEL.072(782)5121 
FAX.072(772)5156
■支店
・東京支店・東京テクニカルセンター
・名古屋支店
・ソウル支店
■営業所
兵庫県伊丹市、石川県金沢市、埼玉県さいたま市、群馬県高崎市、新潟県新潟市、宮城県仙台市、長野県松本市、愛知県名古屋市、静岡県浜松市、福岡県福岡市、広島県広島市
沿革 1915年  (株)松田製作所を設立し、渦巻ポンプの製造を開始。
1917年 水道メーターの製造を開始し、初めて大阪市に納入。
1920年 社名を(株)大阪機械工作所と変更。
1934年 豊崎製造所において工作機械の製造を開始。
1938年 社名を大阪機工(株)と変更。
1939年 兵庫県伊丹市に猪名川製造所を新設し、増産体制をはかった。
1951年 第二次大戦により生産を中断していた工作機械の製造を再開。
1960年 数値制御(NC)フライス盤を完成し、新三菱重工業(株)に納入。
1961年 フランス・ラモ社と工作機械(OKK-RAMO)の技術援助契約を締結。
1979年  タイ・チンダスク社に対して水道メーターの下ケース製造技術輸出契約を締結。
1982年  FMS(フレキシブル生産システム)を開発、第11回日本国際工作機械見本市に出品し
     好評を得た。同年より販売を開始。
1989年 タイに現地法人を設立して工作機械などの主要部材である鋳物の現地調達を開始。
1999年 ISO9001認証取得。
2004年 本社を大阪市より兵庫県伊丹市に移転。
2006年 中国に工作機械の販売拠点として大阪机工(上海)商貿有限公司を設立。
2007年 ISO14001認証取得。
2012年 インドネシアに工作機械の販売拠点としてPT.OKK INDONESIAを設立。
2014年 新M工場竣工。
2015年 社名をOKK株式会社と変更。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)