株式会社京都プラテック
キョウトプラテック

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

業種
自動車
家電・AV機器/医療機器/半導体・電子部品・その他/化学
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

【京都から世界のモノづくりを牽引する】
自動車や家電製品、医療機器など、皆さんの身近な製品のプラスチック部品を造っている京都プラテック。
京都本社を地盤に海外工場の設立にも積極的に取り組んでいます。

「プラスチック」は生活のあらゆるところに使われています。
例えば、自動車の内装、車載製品・家電製品のボディや部品・インテリア・アミューズメント機器など
幅広い業界でのニーズに私たちはお応えします!

当社の魅力はここ!!

事業優位性

自動車製造に関わる必要不可欠なパーツを作っています!

京都プラテックはプラスチックの素材を成形し、あらゆるパーツを作り出しています。特に私たちの得意とする業界は「自動車業界」です。例えば、自動車に乗って目に付く内装部品。そのプラスチックで出来ている部品でほとんどのものに製造で関わっています。ダッシュボードやルームランプ、ドアラッチ(ドアのロック装置)、カーナビやオーディオを設置するセンターコンソールなど、非常に多くの部品を手掛けております。日本が誇る自動車産業を支える存在として、無くてはならない製品を日々生産し、社会に貢献を続けています。

施設・職場環境

2~3年目の若手でも海外拠点で活躍できる!

日本の製造業は海外でのモノづくり無しでは語ることはできません。我々京都プラテックも早期からグローバル戦略に取り組んでおり、京都に2拠点の工場があるほかに、中国、タイ、メキシコの3拠点で海外工場を稼働しております。特に海外に興味のある方は、例え若くてもチャレンジすることが出来ます。入社2年目で中国へ赴任し日本とは異なった文化での視野を広げるといったキャリアの先輩社員や5年目にしてタイ工場へ赴任し、他数名の日本人と共に200名の現地スタッフのマネージャーとして経験を積んだ先輩社員も実際にいます。これからのグローバル社会に適応できるよう成長できる風土があります。

会社データ

事業内容 ■精密プラスチック部品の設計、金型、成形、電子部品の実装、組立、販売
■電子応用製品・部品の開発及び設計、製造、販売
設立 1989年2月
資本金 9,000万円
従業員数 120名
売上高 55億円(2019年2月期実績)
代表者 代表取締役社長 井手 敏明
事業所 ●香港事務所(香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場五樓523‐525室)
●中国工場(中国広東省東莞市長安振安科技工業園D区)
●タイ工場(7/297 Moo 6 Tambol  Mabyangporn Amphur Pluakdeang,Rayong 21140)
●メキシコ工場( AV LIBRE COMERCIO 138, PARQUE INDUSTRIAL SANTA FE3,
PUERTO INTERIOR SILAO,GUANAJUATO,MEXICO. C.P.36275)
主な取引先 住友電装グループ、ダイヤモンド電機、ダイキン工業、東芝グループ、トヨタグループ、日立グループ、パナソニックグループ、 芦森工業、今仙電機製作所、オータックス、オプテックス、北川工業、京楽産業、星和電機、トヨトミ、ジーエス・ユアサ、 古河電気工業、市光工業、フジテック、テージーケー 他(敬称略)
沿革 1982年 創業、井手敏明個人にてプラスチック成形請負開始(成形部門)
1985年 (有)久御山樹脂を興す。資本金500万円
1987年 金型メンテナンス用に金型制作設備導入
1989年 (株)京都プラテックに改組・社名変更。資本金1,000万円
1990年 プラスチック成形用金型の設計製作請負開始(金型部門)
1991年 電子部品基板回路設計実装組立請負開始(電子部門)
京都府久世郡久御山町野村村東94-1に新社屋完成、本社工場移転
1992年 資本金2,000万円に増資
1994年 電子部品組立専門工場として京都府久世郡久御山町野村村東64-1に第二工場完成、操業開始
1995年 中国工場進出を試み、委託加工にて操業開始
1996年 資本金を4,000万円に増資、中国に合弁会社設立操業開始
1997年 中国広東省東莞市虎門南柵第4工業区に東莞工場設立、創業開始
2003年 本社工場及び第2工場を統合して京都府久世郡久御山町森中内61-2に新本社工場竣工、移転操業開始
中国広東省東莞市長安振安科技工業園D区に長安工場設立、操業開始
2004年 長安工場に金型製作設備として超高速MCNマキノV56導入
東莞工場及び長安工場の基板実装設備に於いて鉛フリー化完了、長安工場に自動塗装設備導入
2005年 本社工場に金型製作設備として超高速CNCジグボーラーヤスダYBM640V3導入
2006年 長安工場に二色成形機、クリーンルーム設備導入
2008年 京都府八幡市上津屋中堤100に新物流拠点完成、操業開始
2010年 タイ工場設立、操業開始
2016年 メキシコに工場用地を取得し建設開始
2017年 資本金を9,000万円に増資
2018年 メキシコ工場用設立、操業開始
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)