マルシン食品株式会社
マルシンショクヒン

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

マルシン食品株式会社

餅・デザート・健康食品
業種
食品
本社
新潟

私たちはこんな事業をしています

厳選素材×こだわりの生産方法で、私たちにしか作り出せない「おいしい商品」を市場へ!

自然豊かな新潟県のお米や果実、大豆など、厳選素材を中心に、国際安全認証規格であるFSSC22000を取得した工場で、安全・おいしさ・健康にこだわって「お餅」・「デザート」・「健康食品」を製造しています。創業から96年、常に「良いものをプラスアルファした商品づくり」に挑戦しつづけています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

安全・健康をキーワードに世界に貢献できる食品メーカーに

まだ世にないもの、他社にまねできない商品を開発したい。その思いで挑戦を続けています。私たちは低価格化だけの大量生産をめざしていません。ニーズがあるなら、ニッチな分野でも、ターゲットに向け高付加価値の商品、たとえば大豆発酵食品のテンペや、発芽玄米・雑穀のお粥などの健康食品を発信。サプリメントではなく、日常で健康的な食品で元気になってもらえるよう原材料を厳選し、衛生・品質管理を徹底した工場で生産しています。食品安全の国際認証資格や有機JASの認定を取得した安全安心への姿勢が評価され、プライベートブランド戦略が好調です。今後は自社ブランドの展開にも力を入れ、多くの方々に貢献できる企業を目指します。

仕事内容

企画開発/お客様の予想以上の商品を作り出そうと試行錯誤に挑戦

デザート・餅・健康食品開発で培った技術、認証取得による信頼感から、大手企業から様々な開発の依頼をいただきます。健康志向の食品開発では、先方のバイヤーの意識も高く、私たちも「どれだけいいモノを作れるか」と製造現場と連携し、試行錯誤に挑みます。たとえば、国産果肉で低カロリーのゼリーを、というオーダーの際には、果物の仕入れから、果汁×果肉×香料×色など何千通りもの組み合わせから最適のものを選んで試作、品質評価、社内承認を経て提案。その開発の全工程に関わります。試作は時に30回に及ぶことも。それだけに「おいしい」「これはいい」とお褒めの言葉をいただいたときが、最高の幸せ。大きな達成感が味わえます。

仕事内容

生産管理/工場内の人とモノの流れのすべてを掌握する

私たちは、包装餅を中心に、ゼリーやぜんざいなどの和洋デザート、健康食品の分野で、自社ブランドとPB用商品を多彩に展開しています。多品目な上に季節商品やトレンドもあり、工程は手作りと自動化ラインが組み合わされており、実に複雑。それだけに工場での生産計画は企業活動の根幹ともいえます。そこで、年・月・日から分単位まで計画を立て、資材管理・発注、人事配置も含めた、工場内のすべてのモノと人の流れを掌握し、管理します。特に重要なのは、人と向き合い、人を教育し、一人一人が能力を最大限に発揮できる環境をつくること。工場内の現場長ともいえるポジションです。

会社データ

事業内容 食品の開発・製造・販売

■もち類(包装餅、鏡餅)
■和洋デザート菓子(ゼリー、プリン等)
■和菓子(団子、まんじゅう)
■健康食品(発芽玄米関連商品、テンペ、ダイエット食品)
■介護嚥下食品(高エネルギー、高蛋白食品)
設立 創業 大正11年
設立 昭和27年12月25日
資本金 1000万円
従業員数 190 名(2015年12月)
売上高 28億円(2016年8月実績)
代表者 代表取締役社長 新保清久
事業所 本社・本社営業部/新潟市西区寺尾東2-9-39

首都圏営業部/埼玉県さいたま市
札幌営業所/札幌市中央区
名古屋営業所/愛知県瑞穂市
大阪営業所/大阪府高槻市
福岡営業所/福岡県糟屋郡

寺尾工場/新潟市西区
白根第一工場・白根第ニ工場/新潟市南区
関連会社 (有)花福、(株)花福堂、(株)ケースアグリ
話題の健康食材「テンペ」 テンペはインドネシアでは伝統的な発酵食品。ゆでた大豆を「こうじ」の一種のテンペ菌で発酵させたものです。テンペは納豆と異なり匂いやクセはまったく無く、煮た大豆の味そのものですから、かみしめるとしっかりとした豆の味が口の中に広がります。
イソフラボン、GABA、食物繊維が豊富で、「身体にいい」「ダイエットにぴったり」など雑誌やテレビで度々取り上げられ、着実にマーケットが広がっています。当社の「テンペ」は、新潟県産エンレイ大豆を100%使用。品質に自信があります。
沿革 大正11年
和菓子製造開始

昭和27年
新保製菓株式会社として法人化

昭和35年
現住所に本社工場移転

昭和38年
板餅(商品名 福ふく餅)製造開始

昭和44年
マルシン食品株式会社に社名変更

昭和48年
一体型鏡餅製造開始

昭和51年
レトルト切餅製造開始

昭和54年
アルミ容器入りデザート食品製造開始

平成 3年
白根第一工場竣工
シングルパック切り餅(商品名 越後餅)製造開始

平成 9年
白根第一工場増設

平成10年
東京営業所開設

平成13年
新潟営業部 新潟営業所開設
首都圏営業本部 東京営業所開設

平成14年
福岡営業所開設
嚥下食品、雑穀加工食品発売

平成15年
発芽玄米関連商品発売

平成16年
大豆発酵食品(テンペ)発売

平成18年
ISO9001・有機JAS認定取得
「県産柿を使用した柿ゼリーの開発」が新潟県の「県産農産物加工拡大支援事業」の認定を受ける

平成19年
白根第二工場竣工
ダイエットデザート食品発売
スタンディングパウチ入りデザート食品製造開始
フルーツボトル製造開始
札幌営業所開設


平成24年
ISO22000 FSSC22000認証取得
白根第一工場 品質保証部 企画開発部


平成25年
ISO22000 FSSC22000認証取得 白根第二工場

研究テーマ「ダイズの酢酸発酵技術の確立と機能性の検証」に対して新潟市産業振興財団より支援


平成26年
食品安全安心・環境貢献賞(日本食糧新聞社制定)受賞
名古屋営業所開設


平成27年
大阪営業所 開設

平成28年
常温可能なプラスチック容器入り飲料などの新製品開発に対し
「新潟市中小企業成長分野参入促進設備投資補助金設備投資事業」の認定を受ける
FSSC22000 食品安全マネジメントシステム「FSSC 22000」は、イオン、コカコーラ、ウォルマート、英テスコ、仏ダノンなど、世界の流通・食品大手約 650社が加入する組織「GFSI」が取引先に認証を求めている規格(認証スキーム規格)の1つ。取得難度の高い認証です。
県内では他に先駆けて、全国でも極めて早い段階で取得しました。当社のような中小規模の企業が取得したことで、驚きやお褒めの言葉をいただくことも少なくありません。
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)