大山株式会社オオヤマ

大山株式会社

大手文具OEMメーカー、デザイン、開発
業種 文具・事務機器・インテリア
金属製品/その他製造
本社 兵庫

先輩社員にインタビュー

デザイン室
森山 麻美
【出身】県立兵庫工業高校 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 キッチリした開発依頼から、ふわっとした開発依頼まで。
お客様からの依頼に基づいて、文房具や事務用品の企画~デザインをしています。お客様から「この素材を使って、このカタチで」ときっちりした指示が来ることもありますが、反対に「価格はこれくらいで、ターゲットはこんな人たち」といった、商品のコンセプト段階から企画する場合もあります。仕事の流れとしては、●開発依頼→●デザイン提案→サンプル作成(数回繰り返すことがほとんど)→●国内・海外工場との打ち合わせ→●量産・商品化となります。デザインだけが素晴らしくても、コストに見合わなかったり、工場で量産できなかったりすると、商品化には至りません。素材に関しても、「環境に良い素材に変えて欲しい」といったオーダーもあります。その度に、別の素材でサンプルを作るなど、商品化へはいくつものハードルがありますね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「20分の2」です。
昨年一年間で、私がデザインした製品は約20種類。その中で、無事に商品となって街の文具店や雑貨店に並んだ商品はたった2つ。それくらい、商品化は簡単なことではありません。初めて商品化が実現したのは、入社して11ヶ月経った頃。この時は、本当に嬉しかったですね。でも、商品化だけがやりがいじゃないんですよ。サンプルが出来上がってきた時も、すごく嬉しい。まだ、商品化できるかどうかわからない「たまご」のようなものですが、自分がデザインしたものがカタチになるって、すごくテンションが上がりますよ。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き せっかく、デザインを勉強したんだから。
工業高校でデザインの勉強をしていました。その時、IllustratorやPhotoshopの基本操作を覚えることが出来ました。実は、高校を卒業してからは全然違う仕事をしていたのですが、結婚を機にこの会社へ転職。どうせなら、高校で勉強したデザインを活かせる仕事に、とデザイナーを希望しました。実際、やってみると素材や形状も様々で、奥が深いですよ。「この素材は痛みやすい」とか、「伸びやすい」とか「縫製しにくい」とか、そういった事は少しずつ覚えていくしかありません。実際に、出来上がってきたサンプルを見て、「こうなっちゃうのか~」なんて思うこともよくあります。そのあたり、ベテランの先輩たちはすごいですね。色んなことを知っているので、分からない時は、「この素材で、この加工って大丈夫ですかね?」なんて聞いています。
 
これまでのキャリア 現在、入社4年目。入社後すぐにデザイン室に配属され、商品企画・デザイナーとして活躍中。

この仕事のポイント

職種系統 デザイナー
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

どんな職業に就こうと、どんな会社に入社しようと、一年目は必ず怒られるもの。人生で、一番怒られる一年、と言っても過言ではないと思います。だからこそ、自分の納得いくような職業・会社を選んで欲しいですね。凹むことは必ずありますが、それを乗り越えるパワーになると思うので。

大山株式会社の先輩社員

文房具、教具メーカーからの開発依頼に応える営業。

営業部
柏木 達也
大阪学院大学 商学部 経営学科

半オートメーションでノコギリの製造をしています。

社事業所
谷 敏和
兵庫県立吉川高校

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる