川澄化学工業株式会社カワスミカガクコウギョウ

川澄化学工業株式会社

【医療機器の研究開発・製造・販売メーカー 東証二部上場】
  • 株式公開
業種 医療機器
化学/精密機器/医療関連・医療機関
本社 東京

先輩社員にインタビュー

評価試験センター 評価試験三課
末松 崇志(28歳)
【出身】九州工業大学大学院  生命体工学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 安全な製品を市場に送り出すためのリスク抽出と安全性、有効性の評価
医療機器は、患者様の生命に直結する為、「絶対に安全」といえない製品は市場に送りだすことができません。
そのためには、使う人(医者、看護師など)、使う場面をイメージし、実使用上のリスクを洗い出す必要があります。
洗い出されたリスクに対して、十分な対策ができた製品になっているか、期待される機能を十分に発揮できるかなどの製品評価を行うのが私の仕事です。
リスクの洗い出しや評価は、文献や国際規格を参考にしたり、研究開発部や生産部門、また社外の方に尋ねたりしながら仕事を行います。
製品評価は、必ずしも想定した結果が出るわけではありませんが、その結果を研究開発部へフィードバックを行うことで、改良を進めることができます。
自分が適切な評価を行うことで、より良い製品を患者様へ提供できるように心がけています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が評価した製品が認証機関に認められたとき
ステントグラフトを欧州へ販売するために必要なCEマークの取得する試験では、試験計画立案からサンプル手配、評価、解析と一連の流れを主体で行いました。認証機関に、製品の安全性や有効性を立証できるデータを示すには、研究開発部などと連携し、様々な視点で課題を確認するとともに、適切な実験条件を設定していく必要があります。
苦戦しましたが、「いち早く海外に製品を販売できるようにする」というチーム全体の共通の考えのもと、部署間の垣根を越えて達成することができました。実際に自分たちが示した製品評価結果が認証機関に認められ、CEマークを取得したときは大きな達成感がありました。仕事を頑張って、このような達成感をまた味わいたいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 高い技術力と向上心・人間味のある社風に魅力を感じたから
私は医療業界に興味を持っており、就職活動では様々な医療関係の会社を見てきました。
その中で最も印象に残ったのが川澄化学であり、会社説明会では、アピールポイントだけでなくマイナスのことも正直に話してくれました。その上で若い世代にいよる変革が必要だと熱弁された姿を今でも鮮明に覚えています。また、選考を進めていく過程で面接前後にも気さくに話しかけてくれて、人間味のある社風を感じました。
「世界初・国内初の製品を市場に出す技術力」に加え、「実直で向上心に溢れ、一人ひとりをよく見てくれる」川澄化学であれば若手の内から色々チャレンジできると確信し、この会社を選択しました。
 
これまでのキャリア 2014年入社→研究開発部 → 評価試験センター

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動で大事なのは、自分の考えの軸を明確にし、希望する業界・職種は積極的に見て回ることだと思います。
同じ業界・職種の会社でも、会社の数だけ実情も方針も異なるのは当然ですし、個人個人の考えに合っている会社も異なります。
人生一度きりの新卒での就職活動のチャンスです。
悩み苦しむことも多々あると思いますが、軸さえしっかりしていれば貴方と働きたいと思う会社は必ずあるはずですので自信を持って頑張ってください。

川澄化学工業株式会社の先輩社員

血液浄化関連製品の開発を担当しています

研究開発部 製品開発一課
立澤 彩佳
東京理科大学大学院 基礎工学研究科

新しい製品の製造・販売に向けた薬事承認申請業務

薬事部 薬事一課
藤井 紀子
京都工芸繊維大学 繊維学部 高分子学科

既存製品の改良(海外製品を担当)

生産統括部 設計二課
東 直道
大分大学 工学部福祉環境工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる