川澄化学工業株式会社カワスミカガクコウギョウ

川澄化学工業株式会社

【医療機器の研究開発・製造・販売メーカー 東証二部上場】
  • 株式公開
業種 医療機器
化学/精密機器/医療関連・医療機関
本社 東京

先輩社員にインタビュー

研究開発部 製品開発一課
立澤 彩佳(25歳)
【出身】東京理科大学大学院  基礎工学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 血液浄化関連製品の開発を担当しています
2017年4月に入社して5月に研究開発部配属となり、研修を経て9月から血液浄化関連製品の製品開発に携わっております。
よりよい開発品の上市を目標に、製品の試作や性能試験、生産工程上必要な条件の検討を行うなどの試験や製作を行っています。
会社のために、より利益のあり、大量生産していくなかで不良品がでないような製品の開発、設計をすることを考えることは大切です。さらに、医療機器として患者様に対し安全性や最大限の治療、緩和効果が発揮できるだけではなくお医者様に対して使用感が良く、長く使っていただけるような製品を開発しなければなりません。
製品の大元を決定する大きな責任があるからこそ、製品開発をするだけでなく、生産現場や医療機器が使われる現場など、視野を広げて業務に取り掛かることを心掛けております。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
様々な視点から「医療機器」の製品を考えること
今までは、医療機器をどういう原理でどんな効果が得られるかといった知識的な観点でしかみていませんでした。
今は、どう作るのか、どうやって生産していくのかなどの工程について、性能や効果はどうか、それをどう判断するかなどの評価、実際使用するときの使いやすさはどうか、間違われて使われないようにするためにどうすればいいかなどのお医者様側からの観点など、様々な視点から医療機器を眺め、考えさせられるようになりました。
多くの視点からの意見に医療機器の製品開発の難しさがありますが、同時に気付きや学びに対する面白さ、楽しさもあると感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 年に関係なくやりがいを長く持ち続けられる医療機器メーカーだと感じたため
私は、医療機器メーカーで長く仕事していけるような会社で働きたいと考えておりました。
では、「長く仕事していく」ためにはどんなことが必要なのか、考えながら迷いながら就職活動をしていました。
その中で、最初はただ「医療機器メーカー」としての川澄化学に対して会社説明会に訪れた際、若手が責任感を持って活躍をしていると感じて川澄化学に興味を持ち、面接を受けました。
面接を通して、上司と若手の距離が近く、立場関係なく活躍できる会社だと感じ、ずっとやりがいを持って働くことができそうだと思い、入社を決めました。
 
これまでのキャリア 2017入社→研究開発(現在 2年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職することがゴールじゃないことを理解して就職活動に臨んでほしいです。
そのためには、何を大切にして働きたいかが重要ではないかと思います。
折角時間をかけて内定が決まって入社しても、「辞めたい」と思うほどにこんなはずではなかったと感じてしまっては、もったいないです。
今迷うための時間と多くの選択肢があります。今悩んだ分だけ将来の後悔は減ります。
楽は苦の種、苦は楽の種です。頑張ってください。

川澄化学工業株式会社の先輩社員

新しい製品の製造・販売に向けた薬事承認申請業務

薬事部 薬事一課
藤井 紀子
京都工芸繊維大学 繊維学部 高分子学科

既存製品の改良(海外製品を担当)

生産統括部 設計二課
東 直道
大分大学 工学部福祉環境工学科

安全な製品を市場に送り出すためのリスク抽出と安全性、有効性の評価

評価試験センター 評価試験三課
末松 崇志
九州工業大学大学院 生命体工学研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる