株式会社萬野屋
マンノヤ

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

株式会社萬野屋

国産和牛/食品/グローバル/商社/コンサルティング
業種
商社(食料品)
外食・レストラン・フードサービス/コンサルタント・専門コンサルタント
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

■30ヶ月以上肥育した雌牛の国産和牛のみを取り扱い20年
■「小売販売」「焼肉屋」「卸」「店舗プロデュース」など多角的事業を展開
■インバウンド店舗の立ち上げにも着手。2020年GW、本町に新店OPEN
■萬野屋ブランドをライセンス化し、自分のお店を持ちたい人へのコンサルティングを実施
■国産和牛を武器に新しいビジネスを共に考えられる人材採用を計画
■海外からも注目!萬野和牛の名で知られる国産和牛の専門商社

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

肉卸業者からの脱却、国産和牛のフラッグシップカンパニーへ

【1】食肉生産加工・卸会社から数えて90年以上の歴史有【2】国産和牛の加工技術、審美眼、各農家とのネットワーク、海外とのコネクション、他社を圧倒する知識とノウハウを所有 【3】ブランドイメージUPを目指し、2019年4月に本社を移転・増床。空間のデザイン性を高め、感性を刺激するオフィスに 【4】同業への技術指導・人材育成・業者選定などのコンサルティングや店舗プロデュースにも注力 【5】国産和牛や店舗経営に関するセミナーを通じて国産和牛=萬野屋ファンを拡大中 【6】2020年GWには本町で萬野屋のブランドエッセンスを取り入れたインバウンド焼肉店をOPEN予定

事業優位性

国産和牛が源泉の新たなビジネスモデルを計画

【1】JA金沢ブランド能登牛の知名度拡大目的のアンテナショップはアドバイザーとして監修 【2】脱サラや投資家など、焼肉店に関心がある方と萬野屋ブランドのライセンス契約を結ぶプロジェクトをスタート 【3】デザイン部門を内製化。飲食ビジネスに精通したデザイナーが理想の店舗イメージを創出 【4】2020年内に中国への和牛輸出が解禁!ビジネスチャンスが豊富な事業形態 【5】店舗リニューアルを最長4週間でカタチにするスピード感に溢れたプロデュース力

会社データ

事業内容 ■食肉卸・小売販売、ネット通販
■飲食店経営(焼肉店、牛串焼店 計9店舗)
■食肉の捌き
■調理技術研修指導
■飲食店プロデュース
(焼肉、肉料理、鉄板焼)食肉アドバイザー
設立 1997年9月1日(1930年創業)
資本金 1,000万円
従業員数 190名(2019年3月)
売上高 14億2500万円(22期2019年7月期末)
13億1800万円(21期2018年7月期末)
11億925万円(20期2017年7月期末)
10億2451万円(19期2016年7月期末)
代表者 代表 萬野和成
事業所 大阪府大阪市天王寺区勝山4-10-25
ガード下番号116-117
(2019年4月に拡張移転:大阪市天王寺区国分町21番40号)
店舗 ■本社 ビーフファクトリー(セントラルキッチン)
■やきにく萬野 本店 
 大阪市天王寺区国分町21-40 ガード下番号58~60
■やきにく萬野 北畠店
 大阪市阿倍野区王子町4-3-16
■やきにく萬野 ルクアバルチカ店
 大阪市北区梅田3-1-3 ルクア大阪 地下2階
■焼肉萬野ホルモン舗 上七店
 大阪市天王寺区上本町7-2-30
■焼肉萬野ホルモン舗 天王寺店
 大阪市天王寺区堀越町16-6 ニイタカ天王寺駅前ビル2・3F
■焼肉萬野ホルモン舗 三休橋店
 大阪市中央区南船場3丁目3-1 BRAVI三休橋1F
■焼肉ホルモン ザ・まん
 大阪市天王寺区悲田院町9-16 大広ビル2F
■にくや萬野 お初天神裏参道店
 大阪市北区曽根崎2丁目10-9
■肉卸 萬野屋 別邸
 大阪市北区曾根崎2丁目5-34 お初天神エビスビル
■精肉小売店 肉まんのや
 大阪市天王寺区国分町21-40 ガード下番号61
沿革 ■1999年6月
大阪市天王寺区のJR環状線ガード下に「やきにく萬野」開店

■2000年8月
「やきにく萬野」隣接地にてRestran& Bar「IngryMongry」開店

■2001年
IngryMongryを朝引きホルモン料理「萬の屋」に業態変更

■2004年10月
大阪市天王寺区上本町に「焼肉萬野・ホルモン舗」開店

■2005年4月
大阪市阿倍野区に「やきにく萬野・北畠」開店 ・山形牛販売特約店認定、
大和牛販売指定店取得

■2010年8月
大阪市中央区に「mannoya Beef Garden Amemura」を開店

■2011年9月
大阪市中央区三休橋に一切れオーダー(全40種類)可能な
「焼肉萬野ホルモン舗三休橋」を開店

■2012年6月
大阪市天王寺区にセントラルキッチン「Mannoya Beef Factory」(肉道場) 開設

■2014年8月
「牛串 萬の」開発…JR天王寺・北口に1号店開店

■2015年1月
「極雌 萬野和牛 Mannoya Premium Qeen’s Beef」ブランド化に向けスタート

■2015年3月
「にくや萬野」お初天神裏参道店 開店

■2016年7月
「肉卸 萬野屋 別邸」開店

■2017年12月
大阪駅ルクアバルチカにMy焼肉萬野オープン

■2018年4月
「やきにく萬野本店」「Mannoya Beaf Factory」「株式会社萬野屋本社」移転
精肉店「肉まんのや」開店

萬野屋はココがスゴイ <次世代店舗を続々OPEN>
2015年3月「にくや萬野」、2016年7月「肉卸 萬野屋 別邸」を
梅田お初天神に「東京、世界展開のモデル店舗」としてOPEN。
2017年12月には大阪駅商業施設ルクア大阪地下2階バルチカにて
一人1台のロースターで焼肉が食べられる「My焼肉」スタイルをOPEN。
ライセンス展開モデル店舗「ザ・まん」ブランドオープン。
新しい焼肉のスタイルで流行を作り出すべく、
店舗デザインや業務オペレーション、商品品質、接客スタイルを発信し続けます。

<精肉の総合商品・プロデュース>
日本国内の牧場・屠場から直接仕入れし全国に流通させているノウハウ、海外からの輸入もアメリカやオーストラリア他、工場指定で他社ではしていない厳選食材の流通網。海外企業とのコラボで新ブランドのプロデュース。

<本物の食材と技術を目の前で>
当社の店舗は全てオープンキッチンスタイル。
キッチンこそ私たちが輝くステージとして捉え、
自信のある国産和牛や巧みな加工技術をご覧頂けるよう工夫を凝らしています。

<仕入れは一頭丸ごと>
お客様のご要望の部位を提供できるよう、仕入れは一頭丸ごとが原則。
ホルモン35種類以上、赤身20種類以上の各部位の特徴をスタッフが把握し、
最適な加工方法や調理法を駆使して、お客様に提供しています。

<女性一人の来店も可能に>
清潔感、臭いがつかない、空間デザイン、ファッショナブルという
女性の好みそうなキーワードを軸にして店舗システムを構築。
国産和牛に合わせて嗜むワインを提供するために専属ソムリエを配置しています。
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)