三友プラントサービス株式会社
サンユウプラントサービス
2021
業種
プラント・エンジニアリング
化学/その他サービス
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

私たちは、産業廃棄物の収集から最終処分・再資源化・希少金属を含む化学物質類の買い取りなど、産業廃棄物の一貫処理を行う企業です。お客さま企業が抱える廃棄物に関する問題を、ワンストップで解決する全国規模の事業体制を整備。環境・資源への取り組みを加速させています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

さらなる地球環境対策を展開する「2020年ビジョン」を推進

多くの人の協力と、常に全力で事業を進めてきた社員の力によって、当社とグループ各社は、平成30年に創業70年を迎えました。産業廃棄物をクリーンに処理し、地球環境の負荷を軽減する取り組みは、社是「環境と資源を守る」を忠実に実現するなど、パイオニアとしてのこれまでの歩みが評価されています。現在、世界は想定をはるかに超えるスピードで変化し、環境問題も以前に増して複雑化してきました。こうした中、当社は将来に向けた「2020年ビジョン」を策定。あらゆる事業領域で地球温暖化対策を展開し、持続可能な社会の実現に向けて、生産・管理・貯蔵・資源化活動の効率的・効果的な活用を進めています。

事業・商品の特徴

ノウハウと高度な技術を活かした、産業廃棄物の適正処理を提供

営業所をはじめ工場・焼却施設など、全国規模の収集・運搬体制と中間処理工場を展開することで、さまざまな地域で発生する産業廃棄物に対し、グループ企業の総力を挙げて一貫した処理能力を提供。収集・運搬には陸路はもちろん、自社船や専用埠頭を用いた海路をカバーするなど、お客さま企業の産業活動を強力にサポートしています。この他、危険物や有害物質(フロン、PCB)などの処理困難物質への対応、食品関連産業で発生する食品廃棄物のリサイクル、廃棄物の減量化に対するコンサルティングやご提案、さらに希少金属を含んだ化学薬品類の買い取りまで、長年の技術とノウハウを活かした幅広い「環境」事業を推進しています。

仕事内容

新たな分野・テーマにチャレンジする「環境と資源を守る」仕事

「環境と資源を守る」を事業テーマとしてきた当社は、他に先駆け産業廃棄物の適正処理をスタートさせるなど、いち早く環境問題に着目し、廃棄物の無害化・減量化・再資源化を進めてきました。一方で、収集~運搬~中間処理~再資源化~最終処分場の運営にいたるワンストップの「総合処理事業」を推し進め、強固な事業基盤をもつ業界の大手企業として、多彩な産業をサポートしています。こうした環境・風土の中、当社の社員は事業の各所で自らの能力を発揮するとともに、次世代の課題を先取り。先輩たちが培ってきたノウハウ・経験を活かしながら、「環境と資源」の保全に役立つ先進の分野・テーマにチャレンジし続けています。

会社データ

事業内容 ・環境計量証明事業
・廃棄物処理に関するコンサルタント業務
・各種廃棄物の収集運搬及び処分業務
・各種廃棄物の再利用化
・再資源化事業
・環境関連機器
・施設の設計・製作・販売ならびにそれらのメンテナンス業務
・汚染土壌浄化
設立 昭和23年6月19日(1948年)
資本金 3億3,600万円
従業員数 210名(グループ合計450名)(2017年12月現在)
売上高 67億円(2017年12月実績)
代表者 代表取締役社長 小松 和史
事業所 ■本社・第一工場(焼却工場)
〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台1-8-21

■三友プラントサービス株式会社 営業本部
神奈川県相模原市緑区橋本台1-8-14

■第二工場(化学処理工場)
神奈川県相模市中央区宮下2-15-6

■横浜工場
神奈川県横浜市金沢区幸浦2-5-3

■川崎工場
神奈川県川崎市川崎区扇町6-13

■千葉工場
千葉県東金市滝沢631-1

■安平環境総合研究所
北海道勇払郡安平町安平308-6

■横浜営業所
神奈川県横浜市金沢区幸浦2-5-3

■千葉営業所
千葉県東金市滝沢631-1

■東京営業所(2019年4月開設)
東京都港区芝3-22-7 芝NKビル3階

■中部営業所
愛知県大府市北崎町井田1-1

■関西営業所
大阪府大阪市西成区津守3-8-6

【関連会社】
早来工営株式会社
七生総業株式会社
石狩三友メンテナンス株式会社
三友エンテック株式会社
沿革 昭和23年6月 三友プラントサービス株式会社 設立
昭和35年2月 神奈川県湯河原町に油槽所を開設
昭和49年2月 神奈川県相模原市宮下に各種産業廃棄物処理施設並びに分析施設完成(現第二工場)
昭和50年11月 早来工営株式会社 設立
昭和51年11月 神奈川県相模原市橋本に焼却処理工場完成(現第一工場)
昭和53年10月 東京陸運局長より運送事業認可
昭和54年4月 濃度による計量証明事業を登録
昭和57年8月 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-5-3の日本ケミカルサービス株式会社の株式を取得 商号を三友技研株式会社に変更(その後合併し、現横浜工場)
昭和60年8月 北海道勇払郡早来町新栄20-1に安定型及び管理型の最終処分地が完成
昭和61年6月 川崎市川崎区扇町6-10に臨港営業所を開設 同所に専用埠頭が完成
昭和61年12月 北海道勇払郡早来町安平308に安平環境総合研究所及び実用化工場完成
昭和63年3月 大阪市西成区津守3-8-6の福光興産株式会社を買収 廃油・汚泥などの許可取得(その後合併し、現大阪工場)
平成3年9月 北海道石狩市新港中央3-750-6に札幌工場完成 北海道石狩市八幡に4-64に石狩勇仁寮完成
平成6年12月 大阪市西成区に専用ふ頭を備えた大阪工場完成
平成8年2月 横浜工場にてフロンの分解処理業務開始
平成18年12月 三友プラント株式会社ISO14001をマルチサイトで取得
平成19年8月 早来工営株式会社ISO14001をマルチサイトで取得
平成21年3月 千葉県東金市滝沢631-1に千葉工場完成
平成21年12月 清水建設株式会社より川崎市扇町所在の土壌洗浄プラントを譲り受ける
平成24年4月 石狩市「北石狩衛生センター」の運営・維持・管理業務を石狩三友メンテナンス株式会社が開始
平成27年4月 NEDO事業「セルロース系エタノール生産システム総合開発実証事業」を開始
平成28年1月 グループ会社のエヌエスティーエンテック株式会社を三友エンテック株式会社に称号変更し、本格的に省エネルギー事業を開始
平成29年10月 川崎市扇町に低濃度PCBの積替保管(分解・解体施設)を設置
平成29年12月 川崎市扇町に産業廃棄物の混合施設(資源化)を設置
ホームページ https://www.g-sanyu.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)