シグマ電子工業株式会社
シグマデンシコウギョウ

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

業種
精密機器
自動車/機械/家電・AV機器/その他製造
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

国内シェア6割!モノづくりの現場を支えるOnly One製品を研究・開発
シグマ電子工業は、回転機械のアンバランスの量と角度を測定できる『釣合い試験機』をオリジナルで開発する専門メーカーです。当社製品の活用方法は、小さなものではパソコンのハードディスク、大きなものでは船のスクリュー部分など、普段の生活の身近なところで活かされています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

製品製造業界を支える、精密機械の開発・製造を行っています

製品製造業界では、『回転体』の正確性は欠かせない要素となっています。『回転体』の質量分布がかたよっていたり、機械から振動や騒音が発生した場合は、製品を製造できなくなる場合があります。そういったことを予防するために、『回転体の重心と回転中心にずれはないか?』『安定的に回転しているか?』など、回転体の質量分布が軸対称(釣り合い)になっているかどうかを調べ、調整する機械「釣合い試験機」の開発・製造を行っています。その「釣合い試験機」は、公的研究機関をはじめ、教育機関、自動車、電気・電子機械、精密機械、工作・産業機械、造船など、モノづくりの工程でなくてはならない存在として、国内外で活用されています。

仕事内容

開発から製造、販売までワンストップサービス

当社の『釣合い試験機』は、町の工場から国の公的機関まで、幅広い企業に活用されています。そういった、お客様が求める満足度の高い製品を提供するため、社内でプロジェクトチームを作り開発から製造、販売、メンテナンスまで、すべて当社でワンストップで行っています。電子計測回路からサーボモーターの駆動制御、切削動作などNC旋盤の機能などもすべて自社で開発。それは、すべての工程を理解することで視野が広がる、仕組みを知ることでトラブルやメンテナンスにも迅速に対応するためです。今では、お客様の要望を汲むことに力を注いできた取り組みが、多くの顧客に高い信頼を得ています。

魅力的な人材

ゼロからのモノづくりをバックアップ

シグマ電子工業では、OnlyOne製品を数多く提供しています。アンバランス量を自動的に計算でき、誰でも手軽に高精度なバランシングできるマイクロコンピュータ導入の『フィールドバランサ』。顧客の測定対象のサイズにあわせて製造・調整するオーダーメイドの『釣合い試験機』。今までに前例のないものを自分で考え、設計し、自分で図面を作製し、組み上げる、ゼロから作る新しい釣合い試験機の研究・製造を日々行っています。製品製造業界を影ながら支える「縁の下の力持ち」的な製品で世の中に貢献しませんか?

会社データ

事業内容 釣合い試験機(フィールドバランサ、バランシングマシン、振動計)及び
状態監視計の開発製造販売
設立 1986(昭和61)年3月1日
(創業:1985(昭和60)年6月1日)
資本金 1000万円
従業員数 17名(2018年12月末日現在)
◆製品の研究・開発にひときわ力を入れているため
 研究開発職が全社員の2/3を占めています。
売上高 4億1800万円(2018年2月)
代表者 代表取締役 平野 宗三郎
事業所 本社:岡山県浅口市金光町占見新田185-3
神奈川営業所:神奈川県相模原市南区相模大野8-8-16
名古屋営業所:愛知県清須市西枇杷島町地領1-3-4
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)