株式会社ヤマキ寝具
ヤマキシング
2021

株式会社ヤマキ寝具

西川チェーン
業種
専門店(服飾雑貨・繊維製品・貴金属)
その他専門店・小売
本社
福島

私たちはこんな事業をしています

ヤマキ寝具は、1949(昭和24)年に、ふとん屋として創業しました。
「ふとん屋」なんて地味?古くさい? でも考えてみてください。私たちは人生の1/3を睡眠に費やしています。そしてその時、大抵の人は「ふとん」の中にいます。

健康のため、生きるために欠かせない睡眠と、それを支える寝具。当社は「日本を眠りで元気にしたい!」をモットーに、一人ひとりに合った価値ある寝具をご提案することで、成長を続けています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

健康志向という風も受けながら、いわき市発・全国展開を目指す

当社は約70年前に、いわき市本町で“ふとん屋”を開業したことに始まります。その後、地域のショッピングセンターの先駆けともいえる『タウンモール リスポ』(2018年1月閉店)内に移転。95年には『鹿島ショッピングセンター エブリア』にも店舗をオープンしました。そして、“すべては快適な目覚めのために!”をテーマに掲げ、価値のある商品を揃えるとともに“快適で健康な暮し”をトータルにサポートすることを目指してきました。人材育成、商品開発、Webを活用したサービスなどを率先して進めるなかで売り上げを伸ばし、2018年には新たに店舗を開業。健康志向のなかで寝具に関心が集まる時代の風も受けながら、全国展開を目指しています。

仕事内容

自分自身の眠りの体験を交え、自分の言葉でお客さまと向き合う

「最初は、商品説明ばかりを考え、一杯一杯になっていましたが、なぜそれをお勧めしているかという意図をしっかり伝え、ご購入いただけた時はうれしかったです。お客さまとじっくりお話しができる、落ち着いた接客スタイルだからこそ、できたのだと思います」と話すのは、新卒2年目のスタッフ。商品を販売する以前に、“この商品を使うと、どんな良さがあるか”といったことを、ていねいにご説明するのが当社のスタンス。自分自身の眠りの体験談を交えながら、自分の言葉でお客さまと向き合います。また、一人のお客さまをお店(チーム)全体でフォロー。個人の販売ノルマはなく、協力して成果を出し、それをみんなで喜び合うのがヤマキ流です。

社風・風土

ポップから商品の仕入れまで、お店のすべてを全員が改善提案

当社では、ヤマキ'sスピリッツとして「Yes I can!!(ああ、できるとも)」を合言葉に、常に新しいことに挑戦するチャレンジ精神を大切にしています。経験や知識量に関わらず、新人からベテランスタッフまで、気づいたことは誰でも自由に提案ができ、常に話し合って改善。私たちのお店の特徴であるポップの内容、商品の並べ方、仕入れからホームページのリニューアルまで、それはあらゆることに及びます。同時に、その要となるスタッフのスキルアップをサポートするため、寝具メーカーの海外工場や素材生産農家の視察など研修の機会を多く設けているほか、スリープマスター、ピローアドバイザーなど特化した専門資格の取得を支援しています。

会社データ

事業内容 眠りに関する商品の小売(まくら、ふとん、ムートン、健康寝具など)

設立 1949(昭和24)年
資本金 1,000万円
従業員数 15名(2017年4月現在)
売上高 2億2,000万円(2017年3月実績)
代表者 代表取締役社長 八巻 義英
事業所 <本部>
福島県いわき市小名浜下明神町39

<店舗>
エブリア店
小名浜蔵店
ワコールショップルナ店
主要取引先 西川株式会社、昭和西川 ロマンス小杉 エトワール海渡、ササキリビング 
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)