黒龍酒造株式会社コクリュウシュゾウ
業種 食品
本社 福井

先輩社員にインタビュー

醸造部醸造課
竹本 穂(26歳)
【出身】東京農業大学  応用生物化学部醸造科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 醸造、原料処理
現在は釜場という場所で、原料処理をしています。原料処理という仕事は、日本酒を造る上で欠かすことのできない白米を、洗ったり蒸したりします。
お酒造りのスタート地点になりますので、ここでの仕事の良し悪しは後々の品質にも影響を及ぼします。ですので、目標とする数値になるように、丁寧な仕事を心掛けています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が携わったお酒を飲んでもらい、美味しいと言ってもらえる!
醸造業務は冬場に繁忙期をむかえます。クリスマスや正月もなく、酒造りに勤しむため、体力や精神的に辛い時期もありました。しかし、初めて自分が携わったお酒ができたとき、それを両親や友達に飲んでもらい、喜んでもらったときの感動はひとしおです。作業の一つ一つに意味があり、最終的なお酒の味につながっていくのだと思うと、丁寧な仕事をしていかなければならないと感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 挑戦できる会社であること
日本酒造りは伝統文化の一つでありますが、伝統を守りつつも、さらに発展させるために新しいことへ挑戦できるところに魅力を感じました。
伝統を後世へ伝えることは、もちろん重要ですが、現状に満足することなく、時には失敗しつつも挑戦する気持ちを大切にしています。今期の酒造りも新しい試みがたくさんありますので、楽しみながら頑張っていきたいです。
 
これまでのキャリア 醸造課(4年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

様々な会社を知る良い機会です。就職活動中は、なかなか余裕がないかもしれませんが、広い視野をもつことで新たな発見があると思います。
私の場合、酒造関係は色々調べましたが、他の職種は調べませんでしたので、少し反省しています。実際に行く行かないは別にして、自分自身の知識や経験になるので損はありません。

黒龍酒造株式会社の先輩社員

日本酒を製造する仕事で、現在はその中の1つの部署を任されています

醸造部醸造課
山岸 晶
山形大学 農学部

日本酒造り

醸造部 醸造課
島田 茂輝
関西大学 商学部

安全な『酒母』の製造です。

醸造部 醸造課
川渕 元暉
福井県立大学 生物資源学部 生物資源学科

清酒の製造。貯酒管理、調合、ろ過、ビン詰めなど。

製造部製造課
矢原 諭
仁愛大学 人間学部心理学科

得意先様とのコミュニケーションを図る営業。お客様の窓口から企画も。

経営企画部 企画営業課
高松 雄平
金沢星陵大学 人間科学部 スポーツ学科

醸造作業

醸造部醸造課
池田 智貴
金沢星稜大学 人間科学部スポーツ学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる