黒龍酒造株式会社コクリュウシュゾウ
業種 食品
本社 福井

先輩社員にインタビュー

醸造部 醸造課
島田 茂輝(23歳)
【出身】関西大学  商学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 日本酒造り
日本酒は様々な工程を経て造られます。私はその中でも、日本酒造りの最初の工程である白米の洗米、浸漬という原料処理を担当しています。
原料処理では白米の精米歩合や外気温、水温によって変化するので、常に注意を払いながら作米をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
はじめて日本酒が搾られた時!
10月頃から本格的に日本酒造りが始まり、現在の原料処理の担当になりました。
はじめて日本酒造りに携わり、私が担当した白米から、たくさんの工程を経て、日本酒となり絞られた時には、達成感を得たようで嬉しく思い、やりがいを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 日本酒づくりの奥深さに魅かれて
私は「モノづくり」というキーワードを持って就職活動をしており、その中に酒類業界がありました。就職活動が間近に迫った2月、当社の1DAYインターンシップに参加し、そこでの体験から、日本酒に興味を持ちました。原料は水と米だけなのに出来上がりの味わいに幾通りも酒類があって、奥深い世界なんだと思いました。そこから、日本酒造りに携わりたい、地酒として有名な『黒龍』で働きたい。と思うようになりました。
 
これまでのキャリア (2016年入社)醸造部・醸造課(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 忍耐力と集中力が必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動を通して私自身多くの企業を知ることができました。
就職活動はいろいろな企業・仕事を知るなかなかない機会なので、視野を広げていろいろな業種を見てみてください。

黒龍酒造株式会社の先輩社員

日本酒を製造する仕事で、現在はその中の1つの部署を任されています

醸造部醸造課
山岸 晶
山形大学 農学部

安全な『酒母』の製造です。

醸造部 醸造課
川渕 元暉
福井県立大学 生物資源学部 生物資源学科

清酒の製造。貯酒管理、調合、ろ過、ビン詰めなど。

製造部製造課
矢原 諭
仁愛大学 人間学部心理学科

得意先様とのコミュニケーションを図る営業。お客様の窓口から企画も。

経営企画部 企画営業課
高松 雄平
金沢星陵大学 人間科学部 スポーツ学科

醸造、原料処理

醸造部醸造課
竹本 穂
東京農業大学 応用生物化学部醸造科学科

醸造作業

醸造部醸造課
池田 智貴
金沢星稜大学 人間科学部スポーツ学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる