黒龍酒造株式会社コクリュウシュゾウ
業種 食品
本社 福井

先輩社員にインタビュー

醸造部 醸造課
川渕 元暉(23歳)
【出身】福井県立大学  生物資源学部 生物資源学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 安全な『酒母』の製造です。
醸造課で『酒母』を製造しています。『酒母』は、清酒酵母を大量に純粋培養する役割を担っています。酵母が安定して増えるために品質管理に気を配ったり、雑菌汚染されないために清潔を心がけたりしています。決められた工程や環境に配慮し、予定通りに進めていくことが大切な仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お酒が絞られる時のホッとした実感。
新人の私にとって、日々の仕事は常態化したもので、毎日同じ作業、見た目には同じ出来上がりのものを相手に仕事をしているので、学生の時にイメージしていた、商品としての『日本酒づくり』を実感しながら働くというのとは、少し違います。
瓶に詰められて、製品化している『日本酒』を見ることができるのは、お酒が絞られた後です。
今年の酒づくりのシーズンを迎えてお酒が無事に上槽された時は、自分がはじめて製造に携わった酒が無事に製品になっていくことに、ホッとした気持ちがこみ上げてきました。
このような嬉しさや安堵が、この仕事の醍醐味だと思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 日本酒が好き。酒づくりに携わりたいという気持ちから。
第一に、日本酒が好きなので、自分が製造に携わった日本酒を味わってみたいという気持ちが大きかったです。福井県を代表する酒蔵である『黒龍酒造』で出来上がった酒なら、全国各地の人たちに福井のものを味わってもらえる。福井の地のものを伝えたい。自分の仕事が地域貢献に繋がったら良いな。と、自然とこの会社で働きたい気持ちで意欲が高まっていきました。
 
これまでのキャリア (2016年入社)醸造部・醸造課(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分がやりたいと思ったことを、例え漠然としたものでも絞ることが第1歩だと思います。
目標が決まったらとにかくすぐ行動をすることで、何かヒントが得られるかもしれません。
応援しています。

黒龍酒造株式会社の先輩社員

日本酒を製造する仕事で、現在はその中の1つの部署を任されています

醸造部醸造課
山岸 晶
山形大学 農学部

日本酒造り

醸造部 醸造課
島田 茂輝
関西大学 商学部

清酒の製造。貯酒管理、調合、ろ過、ビン詰めなど。

製造部製造課
矢原 諭
仁愛大学 人間学部心理学科

得意先様とのコミュニケーションを図る営業。お客様の窓口から企画も。

経営企画部 企画営業課
高松 雄平
金沢星陵大学 人間科学部 スポーツ学科

醸造、原料処理

醸造部醸造課
竹本 穂
東京農業大学 応用生物化学部醸造科学科

醸造作業

醸造部醸造課
池田 智貴
金沢星稜大学 人間科学部スポーツ学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる