株式会社デックデック

株式会社デック

建設業 水道 ガス パイプライン ライフライン 施工管理
業種 建設
設備・設備工事関連/水道/プラント・エンジニアリング/ガス
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

工事室
油谷 学(25歳)
【出身】桐蔭横浜大学  スポーツ健康政策学部 スポーツ教育学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 直径1100mm送水管の画期的な耐震化更新工事の施工管理
私は、15年目、4年目の先輩方の下、約35年前に布設された浄水場から配水池へ飲み水を送っている、直径1100mmの送水管を画期的な工法で更新する工事に携わっております。
更新工事と言っても、管路全てを掘削して既設送水管を撤去し新設する訳ではなく、既設1100mm送水管の中に1000mmの送水管を挿入し中で溶接をして繋げていき、既設管と新設管の隙間をセメントに似たもので埋め、送水管を更新するだけでなく、耐震化も図ることが出来る、PIP(パイプインパイプ)工法という、画期的な工法で行う更新工事に携わっております。
その中でも私は、二班に分かれている施工班の内の一班を任されており、責任感を感じられるやりがいのある仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の思い通りの工程で滞りなく作業が終わった時は達成感を感じられます。
施工班のうちの一班を任されている為、その班の作業の工程や必要な道工具の段取りを考えるのが私の仕事です。
まだまだ経験が浅いため、自分の思い通りに作業が進む事は、中々ありません。
その中でも、作業区画を一般の方達が入れないようにするために、単管やフェンス等で周りを囲う作業の際に、自分で計算して出した材料や道具類が完璧に揃っており、無事に仮囲い作業が終わった時に、
満足感と達成感を感じることが出来ました。
これからも経験を積んで、思い通りに工事を進めていくことが出来るよう、精進していきたいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 生活していく上で必要不可欠な、上水道のインフラ整備業が魅力的でした。
東日本大震災時に、ライフラインが断絶され生活に必要不可欠なライフラインを使う事ができない様子を目の当たりにし、ライフラインの大切さを身近に感じました。
そんなライフラインを整備して人々の役に立てるような、やりがいのある仕事に就職したく、見つけたのが弊社でした。
説明会や面接を受ける度に、色々な世代の先輩たちが楽しそうに会話をしながら休憩している風景を見て、風通しの良い素敵な会社なのだと感じ、弊社に入社したいと感じました。
入社してみると、想像したとおり風通しの良い環境が整っており、コミュニケーションが取りやすい、働き易い環境でよかったと実感しております。
 
これまでのキャリア 大学卒業(桐蔭横浜大学:スポーツ健康制作学部)→株式会社デック 工事室(2年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

将来、自分が働いているビジョンを思い描き、どのような仕事がやりたいか、将来どうなりたいかをひたすら考え、自分にとっての「やりがい」のある仕事を見つけてください!

株式会社デックの先輩社員

私の仕事は、水道工事の施工管理。

工事室
大池 優斗
東海大学 法律学部・法律学科

上水道における現場の施工管理

工事室
三浦 涼平
神奈川大学 法学部 法律学科

水道管配管工事の現場監督(配員管理・工程管理・品質管理など)

工事室
乗松 竜也
神奈川大学 法学部 法律学科

上水道管工事の現場監督、施工管理

工事室
尾形 広太
日本大学 生物資源科学部生物環境工学科

管路の配管設計業務。検討から製作図面の作成まで。

営業部設計室
中村 友也
首都大学東京 都市環境学部 都市環境学科

上水道工事における施工管理

工事部 工事室
千田 克典
秋田大学 工学資源学部 土木環境工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる