鹿児島県
カゴシマケン
2021
業種
公社・官庁
本社
鹿児島

私たちはこんな事業をしています

■県民一人ひとりが郷土に夢と誇りを持って生涯を過ごしていけるような鹿児島をつくること。これが今の私たちのテーマ。そのための様々な行政活動、またあらゆる領域にわたる支援・指導活動が私たちの役割です。
■地域を創る。社会を支える。そのために何をすべきかという具体的な回答が、ここには無数に存在しています。鹿児島県は「働く場」としても、自分の力を伸ばし活かすための十分な価値を備えているはずです。

会社データ

事業内容 ■より良い鹿児島県を創り出していくためのあらゆる業務
設立 1871年
資本金 公共機関のためなし
従業員数 約5,100名(一般行政部門)(2017年4月現在)
売上高 公共機関のためなし
代表者 伊藤 祐一郎
事業所 本庁、鹿児島県内各地域振興局、支庁、東京事務所、大阪事務所、福岡事務所など
鹿児島県の魅力とは? ■九州新幹線の開業により、国内の大動脈の一部となった鹿児島県。地勢的にはアジアの玄関口としての機能が期待される一方、個性あふれた歴史に彩られた観光地としてのポテンシャルもこれから拡大していくでしょう。
■また世界自然遺産の屋久島をはじめとする豊かな自然環境を有しており、主要産業として注力される農業の分野に関しても、全国屈指の実績を持っています。
■鹿児島県をひとことで表すのであれば「可能性」の県。あらゆる領域で恵まれた資質を、これからどう育て、どう定着させていくことができるか。その判断と実際の行動が、これからの私たちには委ねられてくるのです。
■現在でも鹿児島県は「日本で最も住みやすい都道府県」のひとつとしての評価を受けています。多くの県民の郷土に対する想いに応え、より魅力ある地域社会を築き、私たちは今後も「くらし先進県」への道を着実に歩んでいきます。
■古くは幕末、日本の仕組みを変えていこうという動きはここ鹿児島からスタートしました。いま現在も社会は、少子高齢化や産業の停滞など多くの問題を抱えています。私たちはそれらの問題の解決策を自らの発展によって全国に提示し、再び変革のうねりを創り出したいとも考えています。
■あなたの意欲と気概。行動力と挑戦心。存分に振るえる環境が、鹿児島県にはあるのです!
鹿児島を日本一にする6つの約束 鹿児島県では、「鹿児島を日本一にする6つの約束」に基づき、観光、農林水産業、医療・福祉、教育、産業・雇用、防災のそれぞれの分野で、鹿児島を日本一にすることを目指しています。

1.観光 『世界から人が集まる鹿児島、観光で日本一に!』
2.農林水産業 『世界に挑戦する鹿児島、農林水産業で日本一に!』
3.医療・福祉 『みんなが元気な鹿児島、医療・福祉で日本一に!』
4.教育 『歴史と教育の鹿児島、人材育成で日本一に!』
5.産業・雇用 『若者と女性が輝く鹿児島、産業・雇用で日本一に!』
6.防災 『安心して生活できる鹿児島、防災で日本一に!』
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)