大同火災海上保険株式会社
ダイドウカサイカイジョウホケン
2021
業種
損害保険
生命保険
本社
沖縄

私たちはこんな事業をしています

国内に数多くの損害保険会社が存在する中で、当社は唯一、沖縄県に本社を有し、沖縄県内を中心に保険事業を展開している損害保険会社です。
県内に営業課支社10店、損害サービスセンター7店を有し、離島を含めた沖縄県内に幅広く営業展開しています。
地域に根ざした郷土企業「この島の損保。」として、沖縄の皆さまの安心と安全をサポートしています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

この島の損保。

当社は、那覇市久茂地に本店を置き、沖縄県の保険会社「この島の損保。」として、県内を中心に損害保険事業および生命保険販売業務を営んでいます。当社の経営理念である「損害保険の公共的使命に鑑み、その普及を図り適正迅速な保障を行う」の姿勢を貫き、お客様への「あんしん・あんぜん」の提供を通じて、県民に広く親しまれ、信頼される会社を目指しています。

戦略・ビジョン

お客さまサービスで選ばれる大同火災

“お客さま視点”による業務運営を実現し、沖縄に根ざした「この島の損保。」として、お客さま・代理店から絶対的な支持・信頼を得られる会社を目指します。そのために、企業風土・文化・社内環境の整備を進め、お客さま満足を高めていけるような人材の育成に注力しています。

社風・風土

人間尊重が基本。社員1人ひとりが人財です。

地域社会の発展に寄与するには、人と人との信頼関係を保っていくことをおいて他にありません。当社は「信頼」という財産のうえに、地域の損害保険会社として公共的使命を果たすべく、常に努力を続けていますが、そのためには人と人との融和を図る「人間尊重」が大切です。当社ではこのような考えに基づいて、社員の教育や研修を行い人財の育成を図っています。

会社データ

事業内容 損害保険
設立 昭和46年12月10日(前身会社の琉球火災の設立は昭和25年)
資本金 10億5,400万円
従業員数 290名(2018年3月末現在) ※臨時・派遣社員除く
売上高 167億400万円(2017年度)
代表者 代表取締役社長 与儀 達樹
事業所 ■本社
■東京支店 
■営業店
 自動車営業課
 企業法人課
 那覇支社
 宮古支社
 八重山支社
 中部支社
 浦添支社
 北部支社
 宜野湾支社
 南部支社
 
■損害サービス
 損害サービス業務課
 自動車対人賠償課
 損害サービス第一課
 損害サービス第二課
 中部損害サービスセンター
 北部分室
 宮古支社
 八重山支社
沿革 昭和46年12月 琉球火災と共和火災が本土復帰に対処して経営基盤を確立するため対等合併
昭和47年 5月 沖縄県の本土復帰と同時に国内元受損害保険会社として認可取得
当社のあゆみ 当社は、戦後沖縄県で初めて設立された琉球火災海上保険株式会社と共和火災海上保険株式会社が、本土復帰に対処して経営基盤を確立するため昭和46年12月に対等合併して設立された会社です。昭和47年5月15日沖縄県の祖国復帰と同時に第20番目の国内元受損害保険会社として認可されました。
関連会社 大同火災損害調査株式会社
大同火災ビジネスパートナーズ株式会社
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)