SMCシビルテクノス株式会社エスエムシーシビルテクノス

SMCシビルテクノス株式会社

三井住友建設グループ/土木建築施工請負/
業種 建設
設備・設備工事関連/建築設計/商社(建材・エクステリア)/建材・エクステリア
本社 東京

先輩社員にインタビュー

土木営業部
福原 亮平(35歳)
【出身】玉川大学  経済学部 国際経営学科 卒
【年収】非公開
冷静なエキスパート
これが私の仕事 官公庁をはじめとした公共事業への応札業務
一般的にはわかりにくいかもしれませんが、世の中には日々様々な公共事業が発注されています。その公共事業の中から入札参加する仕事を選び、入札参加から請負契約締結までが、主な私の仕事です。
一口に入札業務と言っても、入札参加申請資料の作成、積算内訳書の作成、施工中の工事の関連書類の作成などがあり、これらに現場のサポート業務等を併せると仕事は多岐に渡ります。
ただ、今は仕事の電子が進んでいるため、ほとんどの入札業務はインターネット上の専用システムから行っています。そのため、入札時に入力する金額が数億円になる事もあるため、いつになっても金額を入力する時は緊張感を感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
入札業務一連をすべて一人でやり遂げた事!
営業部は現在2名ですが、実は私が入社した際はもう1名が在籍していました。私は中途採用なのですが、入社当時の主な業務はその上司が担当し、私はその補佐的な立場を担っていました。しかし、1年が経過しようとした頃、この上司が急に退職してしまった事で、補業務全般を全て私が担当する事になりました。
ちょうど同じ頃、新規の仕事の落札候補者となりました。その発注者とは初めての仕事という事もあり、どのような書類を準備すれば良いのかなど、わからない点が多かったため、残業の日々が続きました。書類の目処がついたのは年末の仕事納めの日でした。その日、社内の大掃除が終わりかけた時に帰社した私を、現在の上司が初めてねぎらってくれました。
「あぁ、この先もなんとかやっていけるな」。この経験が自信に繋がりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 若くても仕事を任される環境!
建設業界は未経験でしたが、書類・面接選考で採用して頂きました。上記の流れから、入社2年目には主な営業業務全般を任される事になりました。当初はとにかく不安だらけで、些細な疑問点は上司に逐一報告・連絡・相談を欠かさない事を心がけながら、多くの経験を積みました。この事により、早くから仕事を覚える事が出来たのだと思います。
私は、日々の担当業務はもちろんですが、どのようにすれば現場が円滑に進むかを考えながら仕事を進めるようにしています。責任の大きい仕事ですが、比例してそのやりがいを感じております。
 
これまでのキャリア 営業担当(5年2か月)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

皆さんは就職活動を行うにあたり、多くの企業と接して選考に進んでいくと思います。
その中で複数の内定をもらう事もあるでしょう。しかし、就職活動は内定の数を競うものではありません。しっかりと自分と向き合い、本当にここで働きたいと感じる企業を見つける事です。
内定をもらう事はゴールではなくスタートなのです。就職活動で悩み、流した汗は、そのあとの社会人生活で必ず糧となります。悔いの残らない活動をしてください。

SMCシビルテクノス株式会社の先輩社員

自分の目で確認しながら工事を進める仕事

名古屋支店 工事部
幸村 英明
中部大学 工学部 土木工学科

施工管理(現場監督)

リニューアル工事部
伊藤 竜太
東海大学 工学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる