明治安田システム・テクノロジー株式会社
メイジヤスダシステム・テクノロジー
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

明治安田システム・テクノロジー株式会社

明治安田生命グループ/金融系IT/ユーザー系/SIer
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
ソフトウェア
情報処理/生命保険/損害保険
本社
東京

特集記事とは、この企業が掲載された特集テーマに沿って、注目されている理由や魅力をリクナビが独自に取材した情報です。

特集テーマ:世の中にしかける IT業界

現場ニーズに「温かな」ITで、保険業界を支える手応えを。

保険販売の現場で、お客さまと向き合う約3万人の「MYライフプランアドバイザー」から意見を聴いたり、親会社である明治安田生命の担当者と直接やりとりをしながら、タブレット型営業端末「マイスターモバイル」や基幹業務システムの構築・保守に携わる仕事を行なっています。親会社・子会社の垣根がない社風のもとで、組織全体で形にしていくことで、組織や社会から必要とされ、人を動かすITを駆使している・人々に貢献している!と実感でき、充実感があります。
保険はいわゆる「無形商品」であり、商品としての特徴や種類も多様化しています。どのようにお客さまに説明すればわかりやすいか、必要性を感じてご加入いただけるのか?その販売フローや一人ひとりの販売担当者の使いやすさや手応えを想像しながら、システムに反映することが不可欠。そのためITの事前知識よりも、現場のニーズや意見・意向を「聴く」、システムでどのように課題に応えるかを「話す」等のコミュニケーション力とヒューマンスキル、つまり「実感」が、より大切とされる仕事です。明治安田生命グループ以外にもシステムを提供しており、保険業界全体への影響という規模感も魅力の一つです。

プロフィール

奥田 泰圭(35歳)

営業管理システム開発室 計上・活動システムグループ

理工学部情報システム工学科卒。主にMYライフプランアドバイザー・募集代理店等の契約・手数料等の成績計上システム、保有契約の情報提供用データ作成を中心に活躍。社内のバドミントン部にも参加中だが、実は学生時代は陶芸クラブ所属。

[ITを選んだ理由]

市場を切り拓いていく将来性。腰を据えて取り組める安定性。どちらも妥協しなかったのが、ITでした。

自宅にはパソコンもありませんでしたが、新しいもの好きで、漠然と「時代はIT」だと感じていたことから、大学もシステムやプログラムにかかわる学部を選択。ただ、大学の専攻で学んでいない人でも、この会社にはしっかりと学べる環境がありました。世の中の仕組みを考えると、「システムでまわっている」と感じられる商品やサービスはとても多い。新卒のタイミングであれば、その領域に「飛び込むことができる」のです。私は金融業界に興味を持ちましたが、その市場規模や企業規模から率直に「安定性」も感じましたし、「新人を育ててくれる」という印象を抱いたことも決め手になりました。

[だからITは最高!と感じる瞬間]

多くの人々の「生活」にかかわっている実感。自分のつくったものが「役に立っている」喜びがあります。

明治安田生命の「MYライフプランアドバイザー」約3万人が営業現場で使っているシステムや、販売実績の集計システムなどを担当しています。全国の銀行や代理店等のデータも扱いますし、その先にはもっと多くの「一人ひとりのお客さま」、そしてその人生を共に歩む「ご家族」もいらっしゃるので、とても多くの方の生活にかかわっていることになります。ですから、小さな改修や新しいシステムの導入でも、きちんと稼働していることが確認できたときや、実際に使われるようになったときに、「ああ、自分が手がけたことが、まさに今、誰かの役に立っているんだな」と実感できます。

[専門的で難しそうですが…]

専門知識は入社後きちんと教えてもらえるので心配無用!大切なのは基本的な「コミュニケーション力」です。

「1+1=2を、1+2=3に書き換えるには?」というレベルから、丁寧でわかりやすい新人研修が約4ヵ月間続きます。文系出身者でも困っていた人はゼロ!1ヵ月もあれば理解が進むはず。むしろ必要とされるのはコミュニケーション力。他部署はもちろん、営業現場の方々の意向を汲み取る力や、自分が困った時に抱え込まず、率直に相談できる力の方が大切。こちらもヒューマンスキル系の研修としてヒアリング、インタビュー、プレゼンテーション等を学べます。若手の先輩が相談に乗ってくれるメンター制度もあり、親会社の職員とも「壁」を全く感じない、この会社ならではの社風も大きいですね。

[今後チャレンジしたいこと]

保険という商品を通じ、自ら携わる領域をもっと拡げていくことで、より多くの人々に役立っていきたい。

仕事の質や量、スピード等を高めレベルアップを図っていくこと。そして、例えば損害保険などのほかの商材領域や、同じような仕組みを横展開して他社にも提供できるようにするなど、現在の生命保険での経験を活かした新たな取組みにも携わっていきたいですね。システムはパッケージやツールだと思われがちですが、本質的にお客さまのニーズを汲み取るところこそ醍醐味だと思うのです。そのときに必要とされるのもまた、コミュニケーション力。ひとりで抱え込むのではなく、多くの人とかかわりながら、誰かの役に立つ「実感」を得られる仕事を、これからも大切にしていきたいと考えています。

ひとりで抱え込まず、気軽に相談できる社風が、この会社の大きな魅力。

グループメンバーと一緒に食事することも多いそう。

相手の意向を聴く、自分の意志を伝えるコミュニケーションが、何より大切。

掲載開始:2020/03/01
この企業は、以下の特集で紹介されています
世の中にしかける IT業界

明治安田システム・テクノロジー株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

明治安田システム・テクノロジー株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)