株式会社第一寶亭留ダイイチホテル
業種 ホテル
外食・レストラン・フードサービス
本社 北海道

先輩社員にインタビュー

チーフ
佐藤 晃樹(27歳)
【出身】横浜国立大学  教育学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 プレイングマネージャー
翠蝶館という女性限定の宿でリーダーの立場として、シフトの管理や宿の売り上げ管理を行っています。その他にもフロントやレストランに立ち、接客や予約管理など、プレイヤーとしても働いています。
また、本社会議にも定期的に参加し、売り上げや販売のプロモーションにも携わるなど、幅広い業務を行っております。一つの仕事を行うだけでなく、自ら手を上げることで、多くの事を経験させてくれるこの環境だからこそ、入社5年目でここまで成長する事ができました。
今後も第一寶亭留にご宿泊いただくお客様と、働く従業員の双方の満足度を向上に向けて日々取り組んでいきたいと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日常を忘れて、お客様が心ゆくまで過ごせる旅館に
私は翠蝶館という女性限定の宿をメインに働いているのですが、あるお客様が朝食の時間になってもお見えになりませんでした。どうされたのかと思いお部屋にお電話を差し上げた所、「気持ちが良すぎてぐっすりと寝ていました」とおっしゃられました。
その時に、第一寶亭留のあるべき姿は、宿泊してくださるお客様が時間を忘れ、この空間に心からリラックスしていただくことだと改めて感じました。目まぐるしい日々の中で、安らぎを求めて来てくださるお客様には、「時間を忘れて寛ぐご滞在」をご提供したいと考えております。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「人と関わる仕事が一番向いていない」そんな私が第一寶亭留を選んだ理由
じつは、皆さんのような就職活動はせず、大学を卒業しました。その後に足を運んだ合同説明会で出会ったのがこの「第一寶亭留」です。最初はブースのデザイン性と雰囲気に惹かれて話を聞きましたが、そこから常務と自分の過去・趣味など雑談を重ねる中で、第一寶亭留の魅力に惹かれ、気付いたら1週間で入社を決断していました。
どの企業に興味を持つにもやはり知ることが大切です。自分が思ってもいなかった所に、自分のやりたい事や、興味を持つこともあります。私も人と関わる仕事が一番苦手と思っていたのですが、今では大切なお客様との会話を楽しみ、さらにより良いサービスを提供するために、日々奮闘しています。皆さんも、今興味あることはもちろん大事にしながら、視野を広げてみることを大切にしてみてくださいね。
 
これまでのキャリア 翠山亭の予約受付→フロント業務(1年半)→厨翠山(2か月)→翠山亭クラブ(9か月)→翠蝶館(1年)

この仕事のポイント

職種系統 販売・サービススタッフ
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 毎日違うお客様とお会いしていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「接客が好き。だから接客業で就職したい。」そう考える事はとても大切な事ですが、好きという気持ちだけでなく、好きだからこそ何をしたいのかを考え、伝える事が大切です。
例えば、自分の接客を通して、お客様の大切な一日に素敵な想い出を創りたい。だからこの企業で働きたい。最初はこのくらいで大丈夫です。ここをさらに具体的にしていくことで、自分のやりたいことが自分でもよく見えてきて、行きたい企業が決められるはずです!

株式会社第一寶亭留の先輩社員

経営企画室での商品企画・開発やプロモーション、採用・研修

経営企画室
大島 彩乃
藤女子大学 文学部 文化総合学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる