農中情報システム株式会社
ノウチュウジョウホウシステム
2021

農中情報システム株式会社

(農林中央金庫グループ/ユーザー系/金融システム)
業種
ソフトウェア
情報処理/政府系・系統金融機関
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

◆JAバンクと農林中央金庫のIT戦略を担う専門企業◆

私たち農中情報システム株式会社(NIC)は、農林水産業に携わる方々を支える金融機関「JAバンク」 と 「農林中央金庫」 のIT戦略を担うユーザー系システム会社です。
金融システムのスペシャリストとして、「JAバンク」と「農林中央金庫」のシステム開発・運営を通じて、日本の農林水産業と地域のくらしへの貢献を目指しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

地域のくらしに貢献する金融情報システム

農中情報システムは、農林水産業に携わる方々を支える金融機関「JAバンク」と「農林中央金庫」のシステム開発・運営を担っています。JA(農業協同組合)の信用事業である「JAバンク」は、全国に7,000店舗以上を持つ地域密着型のリテールバンクとして、地域の方々に多様な金融サービスを提供しています。また、「農林中央金庫」は、JA・JF(漁業協同組合)・JForest(森林組合)等の協同組織を基盤とする全国金融機関として、国内外100兆円規模の資金を運用し、その収益を農林水産業に携わる方々に還元しています。私たち農中情報システムは、ITによる金融業務の高度化・効率化を通じ、日本の農林水産業と地域社会への貢献を目指しています。

仕事内容

JAバンク・農林中央金庫のIT戦略パートナー

農中情報システムのシステムエンジニアは、主にシステム開発の「上流工程(仕様検討・要件定義)」と「プロジェクトマネジメント」を担っています。「上流工程(仕様検討・要件定義)」は、農林中央金庫の職員と、直接対話をしながらシステムの要件を決めていく仕事。「プロジェクトマネジメント」は、要件に応じた開発計画を策定し、システム開発にかかるスケジュール・コスト・品質等を管理していく仕事です。大規模な金融情報システムを、個人の力で開発・運営していくことはできません。そのため、当社のシステムエンジニアには、社内外の関係者と協力しながら、開発プロジェクトを推進していく力が求められます。

社風・風土

金融システムのスペシャリスト

当社では、優秀な金融システムエンジニアの条件を、「ITスキル」・「金融知識」・「ヒューマンスキル」を併せ持っていることだと考えています。システムのスペシャリストとして「ITスキル」はもちろん、ユーザーの要望を汲み取って提案していくための「金融知識」、システム開発を管理し社内外と調整するための「ヒューマンスキル」も欠かせません。そのため、この3つを人材育成の柱として、階層別・キャリア別の研修体系を整備し、ユーザーから信頼される金融システムエンジニアの育成に力を注いでいます。現時点で、これらを全て身に付けている必要はありません。目指していく意欲があれば、全力でサポートする体制を用意しています。

会社データ

事業内容 (1) 農林中央金庫および農林中央金庫グループ各社の情報システムの開発・運営
(2) JAバンクの基幹系システム(JASTEMシステム)の開発・運営
設立 1981(昭和56)年5月29日
資本金 1億円
従業員数 687名(2019年6月現在)
売上高 237億7700万円(2019年3月期)
代表者 代表取締役社長  雪元 章司
事業所 (1) 東京都江東区
(2) 東京都昭島市
(3) 福岡県福岡市
(4) 神奈川県伊勢原市
※ (3)・(4)は当社管理職および現地社員のみ常駐
株主 (1) 農林中央金庫   90%
(2) 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ   10%
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)