原田車両設計株式会社
ハラダシャリョウセッケイ
2021
業種
自動車
輸送機器/精密機器/機械設計/ソフトウェア
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

トヨタ自動車様が開発した、まるでロボットのような乗り物『i-swing』。
その設計・開発に当社エンジニアも参加させて頂きました。
他にも様々な次世代自動車の開発に携わっています。
自動車の血管とも言える『ワイヤーハーネス』や頭脳となる『制御ソフト』など、
自動車を動かす上で欠かせない様々な部品・プログラムを作るのが私たちの仕事。
専門特化した強みを活かし、今後もさらに活躍の場を広げたいと考えています。

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

人生も仕事の結果も、「考え方」×「熱意」×「能力」で決まる。

良い仕事は、その人の「考え方」から生まれます。そして「考え方」は「熱意」「能力」と掛け合わさることで何倍もの価値を持ちます。マイナスではなくプラスの「考え方」が、仕事をさらに魅力的なものにしてくれるのです。当社で働く社員は、自ら厳しい環境に身を置くことで自己成長を実現しています。なかには知識が一切なかったにも関わらず、技術者として成長した音楽学科出身の社員も。知識を詰め込む教育ではなく、本人が強い向上心をもって取り組んだ結果が、技術者として大成するきっかけになったのです。もちろん、それを支えていたのは「若手を育てたい」というベテランの想い。一人一人の強い想いが、当社の原動力となっているのです。

事業優位性

自動車の「血管」「頭脳」を開発するなど、プロ集団として躍進。

私たちは自動車の血管に例えられる『ワイヤーハーネス』、同じく頭脳にあたる『制御ソフト』など、それぞれ専門分野に特化することで、付加価値の高い製品を開発してきました。特に最近ではHV(ハイブリッド)・EV(電気自動車)等の登場により、自動車の“電子化”が加速。多くの電子部品を扱う当社にも、様々な依頼が寄せられています。未来を見据えた先行開発にも、私たちの技術が必要とされています。≪狭く深く≫をテーマに専門性を追求し、プロ集団として存在感を増しつつある当社。今後もむやみに事業を拡大するのではなく、他にはない、当社ならではの強みを活かした事業展開で着実に成長を目指します。

戦略・ビジョン

強みを活かして医療分野に進出。2040年に向けた事業計画も策定。

私たちの強みは専門分野に特化した制御設計、電気・電子・機構設計ですが、それと同じくらい業界内で評価されているのが樹脂成型の技術です。これにより、自動車部品の試作品開発コストを一気に低減。業界内で広く注目を集めるきっかけになりました。この技術を応用して進められているのが、医療器具の開発です。今はまだ実験段階ですが、手術用器具や研修医向けの練習資材、介護向けの補助器具など、高齢化社会を見据えて研究を進めています。当社では社員一人一人が短期的な目標を掲げ、持続的な成長を目指していますが、会社としても≪2040年≫に向けて事業計画を策定。社会に必要とされる企業となるべく、着実に歩みを進めています。

会社データ

事業内容 上流工程の企画~開発・設計~試作、量産まで一気通貫!
幅広い知識と技術を積める環境・事業です。

■ 設計開発
 (ショーモデル:次世代型パーソナルモビリティやモーターショー展示用品、自動車部品・航空機・電動車椅子、他)
 ※企画・デザイン・設計・製造・解析・組付け・納品まで一貫対応が強みです

■モノづくり
 (試作・量産)

■組込みソフトウェア開発
 (自動車分野)

【新規事業について】
現在は売上の大半を自動車関連が占めていますが、今後は樹脂成型の技術を活かし、医療分野に本格参入する計画です。名古屋市立大学をはじめとする様々な医学部と連携し、医療器具・介護補助器具等を新たに開発。商品群を絞りこむことで、後発であっても「勝てる」ビジネスを仕掛けていく考えです。医療分野への進出は、当社社長が医療系のセミナーに参加して、その社会的意義に心を動かされたことがきっかけですが、経営理念でもある「世の為、人の為」を実現するためにも必要な事業展開であると考えています。これからも「誰かの役に立ち、必要とされる会社」になるために、私たちにできることを精一杯やり遂げていきたいと考えています。

★自社製品の開発は、私たちが夢に描く事業の一つ。まずは医療分野でその一歩を踏み出そうとしていますが、制御設計、電気・電子・機構設計、樹脂成型など、これまでに培った技術をモジュール化して新しい付加価値を提案することも可能です。≪狭く深く≫をテーマに取り組んできた当社だからこそ、これからも多くのスペシャリストを育成し、その創意工夫と高い技術力でオリジナルブランドを育てていきたいと考えています。
設立 1998年6月1日(創業/1993年10月1日)
資本金 3000万円
従業員数 93名(2019年6月現在)
売上高 15億8,070万円(2019年5月期実績)
15億2,800万円(2018年5月期実績)
15億8,000万円(2017年5月期実績)
代表者 代表取締役 原田 久光(はらだ ひさみつ)

【プロフィール】
大学で海洋学を学んだ後、縁あって技術派遣会社に就職。主にワイヤーハーネス等の設計開発を任される。
クルマに興味はなかったものの、様々な課題を解決する中で徐々にその将来性・社会性に注目。
仕事にやりがいを感じ始めていたが、派遣社員としての働き方に疑問を持ち、退職を決意することになる。
メーカーの仕事を持ち帰って設計する「受託開発」ができる会社を目指し、個人事業として創業。
少しずつ取引先を開拓し、5年後の1998年に原田車両設計株式会社を設立する。
あらゆる仕事を幅広く手掛ける『デパート型』ではなく、ニッチトップを目指す『専門店型』で顧客から絶大な信頼を獲得する。
出身は愛知県。趣味はジャズ、ヨット、農業など多岐にわたる。57歳。
事業所 本社/愛知県みよし市三好町中島24
主要取引先 ■ トヨタ自動車株式会社
■ トヨタ車体株式会社
■ トヨタ紡織株式会社
■ 株式会社豊田自動織機
■ アイシン精機株式会社
■ パナソニック株式会社
■ 小島プレス工業株式会社
■ 日野自動車株式会社矢崎部品株式会社
■ 日本発条株式会社
■ ヤマハ発動機株式会社
■ 株式会社本田技研研究所
■ 株式会社マツダE&T
■ 株式会社SUBARU
■ ピジョン株式会社
人財観 人は、人に必要とされることで、その存在意義を再確認する。私たちは、そう思っています。このサイトをご覧になっている学生さんの多くは、人生において最大の転機を迎えようとしているはず。そんな時でも、「人の役に立つこと」「人から必要とされること」を一つの判断軸にしていれば、きっと後悔することはないでしょう。そしてそういった想いを持った方を、私たちも応援したいと思っています。

【私たちが大切にしていること】
私たちは新しい仲間をお迎えする時、その「考え方」を重視してきました。実は当社では特別な研修を行っているわけではありませんが、それでも多くのスペシャリストが育っているのは、意識の高い人材が集まってくれたからだと考えています。社内では先輩が後輩を指導するのはもちろん、知識のある人間が中心となって勉強会を開催する姿も多く見られます。モチベーションの高い社員が、他の社員の意識を変え、組織全体が活性化しているのです。一方で、社長自ら若い人材を外部セミナーに連れ出し、幹部候補を育てる取り組みも始まっています。現在は20代の若さでプロジェクトリーダーを任される人材も増えてきましたが、今後も継続することで、より多くの若手を管理職に登用していきたいと考えています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)