株式会社昭工舎
ショウコウシャ
2021

株式会社昭工舎

腕時計文字板 自動車計器盤 貴金属宝飾品
業種
精密機器
機械/化学/自動車/アパレル・服飾・雑貨・皮革製品
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【説明会随時開催】
当社は腕時計文字板、自動車計器盤、貴金属宝飾品の製造を行っています。1929年の創業以来、日本が工業国として発展していくのと合わせながら、腕時計の外装部品・装飾品のトップメーカーとして、堅実な成長を続けてまいりました。これからも、独自の開発力と技術力を研鑽し、時代のニーズに応える製品づくりに邁進いたします。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

長い歴史の中で育んだ技術と信頼と実績!

昭工舎の創業は1929年(昭和4年)。以来、日本が工業国として発展していくのと合わせながら、腕時計の外装部品や装飾品のトップメーカーとして、常に技術を研鑽してまいりました。確かな創造と新たな独創性・開発力が当社の特長。これからも、お客さまのニーズに合わせたものづくりに励み、クラフトマン(技術者)集団としての誇りを胸に、更なる成長を目指したいと考えています。当社は国内外に多くの子会社・工場があり、グローバルな展開を行っているのが魅力の一つ。伝統に裏付けられた確かな技術力が認められ、海外から高い評価を得ています。大手時計メーカーとの継続的な取引があり、安定した経営基盤を築いているのも当社の強みです。

技術力・開発力

伝統に裏付けられた確かな技術力が私たちの誇り!

当社は、腕時計・自動車・宝飾など、あらゆる業界と繋がりを持ち、製品開発から金型加工、表面加工といったさまざまな技術サービスを提供しています。設計技術においては、複雑な曲面の集合体として定義される腕時計の3Dモデリングにて培われた設計技術を基に、装飾品や成形加工型など、時計以外の分野への応用展開を図っています。また、表面処理技術(蒸着・電鋳・塗装・鍍金)においても、デザインを忠実に再現するため研究や試作を繰り返すことにより、工業製品としての完成度と美しさを追求。あらゆるデザインニーズに対応する加工体制が整っているため、お客さまより高い評価を得ています。

社風・風土

意欲さえあれば、いくらでも成長できる環境です!

当社は『腕時計文字板、自動車計器盤、貴金属宝飾品』製造の三つを事業の柱としています。老舗安定企業として信頼と実績を築いており、優れた技術者を育てる万全の教育体制を整えています。個人の能力と努力を正当に評価し、昇給・賞与にしっかり還元する環境を整えているのが当社の魅力。チャレンジを推奨する文化があり、意欲さえあればいくらでも成長できる職場のため、日々モチベーションを維持しながら働くことができます。当社は、化学科・機械科・電気電子科など、理系分野を専攻している方を歓迎。また、腕時計部品や計器部品の製造に興味のある方、海外の工場で働きグローバルに活躍したいという方を求めています。

会社データ

事業内容 腕時計文字板、自動車計器盤、貴金属宝飾品の製造
創業 1929年 創業
資本金 4,000万円
従業員数 単体:130 名  連結:939 名
売上高 25億5千万円(2018年度実績)
代表者 取締役社長 川端 武夫
事業所 【本社:総務統括事業所】
東京都北区上十条2-9-10

【蕨工場:腕時計文字板及び自動車計器盤製造】
埼玉県蕨市北町5丁目2番8号

【狭山工場:腕時計部品及び自動車計器部品、宝飾パーツ製造】
埼玉県狭山市鵜ノ木7番29号

【毛呂山工場:装飾品製造】
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷310番地
沿革 昭和4年 創業者、山本多意吉により個人事業「昭工舎電鍍金工場」として創業。 万年筆用クリップのメッキ加工を経て、腕時計の文字盤作りを開始する。
昭和12年 「株式会社 昭工舎」として創立。
昭和33年 各腕時計メーカーが大量生産体制に入り、当社の受注も大幅に拡大。受注に応えるため「狭山工場」を新設。
昭和35年 腕時計ケースの生産開始。
昭和37年 文字盤の表面加工処理専門工場として、「蕨工場」を新設。
昭和42年 すでに開始していた装飾品事業をさらに拡大する為、「毛呂山工場」を新設し、さらに装飾品の卸しを担当する系列会社「株式会社ヤマ」を設立。
昭和49年 海外進出の第一歩として台湾に「台湾昭工股有限公司」を設立。文字盤製造を開始する。
昭和55年 狭山工場に隣接して「開発本部」社屋を新設。
昭和59年 中国、東南アジア地域における営業拡大の拠点として「昭工貿易有限公司」香港を設立。
平成元年 創業60周年を迎える。装飾品小売の店舗展開を行う系列会社「株式会社セラビー」を設立。
平成7年 台力有限公司・中国坑梓工場創業開始。
平成14年 新規事業として自動車計器盤の量産開始。
平成17年 中国ダイヤル新工場(KSD)を新設。
平成20年 蕨工場に「自動車計器盤」工場を新設。
平成21年 宝飾パーツ事業開始。
平成24年 ミャンマーに昭工舎ミャンマー設立。
中国工場SDL独資化。
平成26年 昭工舎ミャンマーにて事業開始。
中国工場TSK独資化。
ホームページ http://shokosha.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)