日本電産トーソク株式会社
ニホンデンサントーソク
2021
業種
精密機器
自動車/半導体・電子部品・その他/輸送機器/機械
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

主に2つの事業を中心とした会社です。1つは「自動車部品事業」で、進化する自動車テクノロジーを支える最先端の精密機械技術や、自動車メーカーとの共同開発実績も積み重ね、独立系、AT/CVT車向け部品・車載モーター、電動車部品等の開発・製造・販売を行っています。もう1つは「計測事業」で、あらゆるモノ作りを支える測定機器、品質検査機器などを開発し、提案・導入・アフターフォローまで、自社でトータルに行っています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

世界トップレベルの精密機器・部品の開発技術力

私たちはこんな事業をしています【日本電産グループ】の日本電産トーソクは、小型・省エネを実現するAT車、CVT車用部品をはじめ、 車の電動化に向けた部品をオーダーメイドで、お客様と一緒に作っています。 輸送用機器企業群では平均して高い営業利益率を記録。 寸分の誤差も許されない精密測定機器の製造からスタートし、70年の歴史を持っており、今日も創業時からの「物だけでなく、お客様の心をも測る思いやり」を受け継いでいます。精密機器の開発・加工技術は世界トップレベルを誇ります。

仕事内容

幅広い業務内容!やる気があればチャンスはいくらでも

私たちの仕事の内容は、ただ部品を作っている作業員ではありません。どちらかと言えば、部品を効率よく大量生産できるようにする「仕組み」を作っています。部品の製造拠点は海外にも多くあります。そこで働く人たちが誰でも簡単に、個体差なく素材から部品にすることができるように、技術を開発したり、図面を作ったり、さらに海外出張して現場作りをすることもあります。機器や部品の開発から、生産ラインの構築、さらに出来上がった機器や部品を、どのような物流に乗せるかまで考えることもあります。技術職でありながら、年齢に関係なくやる気次第で、こういった幅広い業務を担当し経験を積める社風があることも、私たちの特徴です。

会社データ

事業内容  業種:輸送用機器
 AT車、CVT車向け自動車部品・車載モーター、
 電動化自動車部品の開発、精密計測・検査機器、
 及び付属部品の開発、生産、販売
設立 1949年4月1日(東京測範株式会社として設立)
資本金 50億8,700万円
従業員数 641名(単独)
約6,393名(グループ) (2018年7月末)
売上高 575万円(2018年3月実績)
事業所 本社・開発技術センターおよび工場・首都圏営業所(本社内)
〒252-8570 神奈川県座間市相武台2-24-1

【海外生産拠点】
《ベトナム》
日本電産トーソク・ベトナム会社
Road 16, Tan Thuan Export Processing Zone,
Tan Thuan Dong Ward, District 7, Ho Chi Minh City, Vietnam

日本電産トーソク秋葉・ベトナム会社
Road 16, Tan Thuan Export Processing Zone,
Tan Thuan Dong Ward, District 7, Ho Chi Minh City, Vietnam

日本電産トーソク・プレシジョン・ベトナム会社
Lot No. E1, E2, E3, E12, Giao Long IP An Phuoc Ward,
Chau Thanh District, Ben Tre Province ,Vietnam

《中国》
日本電産東測(浙江)有限公司
NO.1618 Pingcheng Road,Pinghu Economic
Development Zone,Pinghu City,Zhejiang,China

《メキシコ》
日本電産トーソク・メキシコ会社
Circuito San Miguelito Oriente 115,
Ciudad Satelite - Zona Industrial,
Delegacion Municipal de Villa de Pozos,
San Luis Potosi, S.L.P C.P.78423

【海外販売サービス拠点】
《中国》
日電産東測(上海)国際貿易有限公司
12F,The HQ Tower B, No.100 Zunyi Road,
Shanghai 200051 China

広州営業所(分公司)
ROOM 3004B,TEEMTOWER,TEEMALL,208 TIANHE RD,TIANHE DIST.,GUANGZHOU,CHINA
経営理念 日本電産グループ・コーポレートスローガン
【All for dreams】

日本電産トーソク株式会社・企業理念
【Gauging mind】

《絶対価値》
ゲージを作るものとして、世の中の規範となる
世の中の全てに影響を与えるという
社会的責任を自覚する

《物がものをいう》
いい加減に作ればいい加減のことを
精魂込めて作れば精魂込めて、
物は自分の身の上話をする
沿革 1949年 東京測範(株)として創業
1950年 空気マイクロメータの製造・販売を開始
1953年 自動車部品の生産を開始
1962年 相模工場(現、日本電産トーソク本社開発技術センター)を建設
1965年 本社を東京都大田区より、現在の座間市に移転
1991年 実験・食堂棟を新築  トーソク(株)に社名変更
      山梨工場(日本電産トーソク山梨事業所)完成、操業開始
1992年 ATコントロールバルブの生産を開始
1994年 トーソクプレシジョンベトナムを合弁で設立
1997年 日本電産グループに入る
      日本電産トーソク・ベトナムを日本電産と合弁で設立
1998年 トーソクプレシジョンベトナムと日本電産トーソク・ベトナムが合併し、
      日本電産トーソク・ベトナムを設立
1999年 日本電産トーソク(株)に社名変更
2002年 日本電産機器装置有限公司を日本電産及び、日本電産グループ会社と合弁で設立、
      東測機器(上海)有限公司を設立
2004年 日本電産トーソク本社・開発技術センターを新築
      東京証券取引所市場第1部に上場
2009年 日本電産東測機器装置有限公司を設立
      日本電産トーソク・秋葉ベトナムを会社を設立
          バンコク駐在員事務所の設立
2011年 中国生産会社社名変更 日本電産東測(浙江)有限公司
      中国販売会社社名変更 日電産東測(上海)国際貿易有限公司
2012年 日本電産魚岸東測(平湖)有限公司を設立
      日本電産トーソク・プレシジョン・ベトナム会社を設立
2014年 日本電産トーソク・メキシコ会社を設立
2016年 中国ダイキャスト製造会社を完全子会社化とし、
      社名を日本電産東測鋳造(平湖)有限公司に変更
主な取引先 本田技研工業(株)、(株)SUBARU、日産自動車(株)、トヨタ自動車(株)、ダイハツ工業(株)、ジヤトコ(株)、(株)デンソー、ボッシュ(株)、クボタ精機(株)、(株)ニッキ、日産トレーディング(株)、愛知機械工業(株)、アイシン・エイ・ダブリュ(株)、マツダ(株)、日産工機(株)、スズキ(株)、三菱自動車工業(株)、いすゞ自動車(株)、ヤマハ発動機(株)、(株)クボタ、パナソニック(株)、ダイキン工業(株)、東芝キャリア(株)、三菱電機(株)、三菱重工業(株)、森永乳業(株)、味の素(株)、ハウス食品(株)、日本電波工業(株)、三菱ふそうトラック・バス(株)、(株)神崎高級工機製作所、ルノー三星自動車、現代自動車、奇瑞汽車、東風日産発動機、東風本田発動機、日本電産(株)、日本電産グループ各社
関連会社 日本電産トーソク・ベトナム
日本電産トーソク秋葉・ベトナム
日本電産トーソク・プレシジョン・ベトナム
日本電産東測(浙江)有限公司
日本電産東測(上海)国際貿易有限公司
日本電産東測鋳造(平湖)有限公司
日本電産トーソク・メキシコ
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)