伊賀ふるさと農業協同組合イガフルサトノウギョウキョウドウクミアイ

伊賀ふるさと農業協同組合

平成30年4月1日伊賀北部農業協同組合から名称を変更
業種 信用金庫・信用組合・労働金庫
団体・連合会/共済/その他サービス/その他金融
本社 三重

先輩社員にインタビュー

太田山金共センター
西口 晋平(22歳)
【出身】摂南大学  法学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 お金のプロとしてより良い生活のご提案
1日10件から15件ほどのお客様のお宅を回り、貯金の出金、入金はもちろんのこと積立や共済の集金、定期貯金、投資信託の推進などお金にまつわる業務を行っています。私が担当しているエリアでは高齢者の方が多いので『お変わりないですか』と定期的に顔合わせることで何か困っていることはないか確認して、臨機応変に対応しています。また何気ない会話からお客様のご家族の話を伺うことも多いので、ご自身の資産をご家族のために残されてはどうかということや、逆に若い世代のお客様には将来のための貯金をご提案します。お客様の生活の中で何が1番必要なのかをヒアリングしながら、お一人ずづに合わせてご提案出来るのがこの仕事の醍醐味です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
粘り強く訪問
とあるお客様の担当になり、最初は訪問しても全くお話も聞いてもらえず、相手にしてもらえないことが多々ありました。通っているうちに、気難しい方だからこそ信頼していただきたいという気持ちが芽生え、粘り強く訪問をさせていただいていました。そうすると少しずつですが、育てている野菜やお米のこと、お孫さんのことなどプライベートのことまでお話ししてくださるようになりました。定期貯金のキャンペーンの際には大きな金額を私に任せてくれることにもなり、担当させていただくことの責任がずっしりと響きながらも、それだけ信頼してくださるようになった嬉しさがこみあげてきました。金融の外回りをしているなかで、やはりお客様から『ありがとう』や『教えてくれて助かった』という一言が仕事のモチベーションにも繋がります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元で自分らしく働きたい!が叶えられる場所
私は地元で働ける職場であることを重視して就職活動をしていました。そのなかでもどうせ働くのであれば、PCなどの端末相手よりも頭・口・体全てを動かして、人と関わる仕事がしたいと思っていました。JAは地域密着の総合事業を行っているので、幅広い仕事ができるというのが私の仕事選びに大変マッチしていたので、入組を決意いたしました。
 
これまでのキャリア 金融渉外(現職:今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(個人向け・得意先中心)
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自信を持って、向き合うことをだと思います。面接などでは緊張することもあるかと思いますが、自分に合った仕事か見極めるためにも自分らしく臨まれるとといいと思います。JAいがほくぶは本当に職場環境が良いので私はココを選んで本当によかったと思っています。

伊賀ふるさと農業協同組合の先輩社員

スキルアップの機会が充実。

営農部・畜産課
平松 汐理
琉球大学 農学部亜熱帯地域農学科

金融窓口業務

阿山金融共済センター
阪本 祥絵
京都橘大学 健康科学部 心理学科

ライフアドバイザー (共済専任営業担当)

共済部
佐田 太哉
近畿大学 法学部 法律学科

地域のなんでも屋さん(経済部生活課)

経済部生活課
谷辻 凌也
皇學館大学 コミュニケーション学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる