伊賀ふるさと農業協同組合イガフルサトノウギョウキョウドウクミアイ

伊賀ふるさと農業協同組合

平成30年4月1日伊賀北部農業協同組合から名称を変更
業種 信用金庫・信用組合・労働金庫
団体・連合会/共済/その他サービス/その他金融
本社 三重

先輩社員にインタビュー

営農部・畜産課
平松 汐理(24歳)
【出身】琉球大学  農学部亜熱帯地域農学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 スキルアップの機会が充実。
営農部では、伊賀地域の農家さんへの営農指導をはじめ、農産物や加工品の販売サポートなどを行っています。私が所属している畜産課では伊賀牛を育てている畜産農家へ出向き、牛の販売や飼育管理のアドバイス、ほかにも県内外へ仔牛の買い付けなどの業務があります。私は大学で畜産を専攻していたため、ある程度知識はあったものの現場では全然使い物になりませんでした。JAいがふるさとではスキルアップの機会が充実しており、経験豊富な上司や先輩方をはじめ、人生の先輩である農家さんから畜産のことは勿論、一人の人間としてたくさんのことを学んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
農家(組合員)さんの笑顔がうれしい。
自分が学んだことが農家さんの助けになった時はやりがいを感じます。一つひとつは小さなことでも、農家さんの「助かった。ありがとう」という声と、笑顔がとてもうれしいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 就職活動時から感じられた家族のような雰囲気
就職活動ではどんな仕事がやりたいか分からず、様々な業界を見ていました。JAいがふるさとを受験した際に、まず驚いたのが、面接官が10人位いたことです。大人数の面接官を目の前に、緊張しましたが、面接はとても丁寧で、時間をかけて私のことを知ろうとしてくれる姿勢や、終わってからも先輩職員の方が声をかけてくれたのが印象的です。とても人物重視の会社だと感じ、他にはないアットホームな雰囲気に惹かれてここで頑張ろうと決めました。
実際に入職後もこのアットホームさにはずいぶん助けられています。支店内は1つの家族のようで、上司も気軽に相談に乗ってくれ、すぐ溶け込むことができました。
 
これまでのキャリア 営農部・畜産課

この仕事のポイント

職種系統 営業(個人向け・得意先中心)
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

いろんな選択肢があって、自分に何が向いているのか、何がしたいか悩むと思いますが、自分が考えて、悩んでここが良いと納得した会社に入ったら多少思っていたのと違っていたとしても、辛くても続けられると思います。ちなみにJAいがふるさとは事業が様々あるので金融以外にも活躍の場やいろんな体験をしていただけると思います。沢山悩んで考えて、自分が納得のできる就職活動にしてください。

伊賀ふるさと農業協同組合の先輩社員

金融窓口業務

阿山金融共済センター
阪本 祥絵
京都橘大学 健康科学部 心理学科

お金のプロとしてより良い生活のご提案

太田山金共センター
西口 晋平
摂南大学 法学部

ライフアドバイザー (共済専任営業担当)

共済部
佐田 太哉
近畿大学 法学部 法律学科

地域のなんでも屋さん(経済部生活課)

経済部生活課
谷辻 凌也
皇學館大学 コミュニケーション学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる