スポーツX株式会社
スポーツエックス
2021

スポーツX株式会社

スポーツクラブ運営/コンサルティング/投資/人材育成
業種
スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設
コンサルタント・専門コンサルタント/各種ビジネスサービス
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

プロスポーツクラブの大量創設・育成、
リーダー人材(監督・クラブ経営者)の大量育成、
ITを活用したヘルスケアなど、幅広いスポーツ関連事業を展開しています。

当社代表の小山は2009年に株式会社藤枝MYFCを創業し、
史上最速の5年でJリーグ入りを実現させたかつ、キッズスポーツスクールを9年で1.4万人通学する組織を作っている立役者。
無数の企業やクラブを投資育成しながら世界的スポーツ企業を目指します。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

史上最速Jリーグ入りを果たした企業がスポーツの未来を変える。

私たちの前身は2009年に創業した株式会社藤枝MYFC。「教育」を軸としたクラブ体制の構築、選手人件費が低くても勝てるチームづくりなど、ビジネス的アプローチを随所に取り入れ、史上最速(2019年3月時点)、5年でJリーグ入りを果たしました。2017年には『SPORTS X』と社名を変えて第2の創業をし、2例目となるクラブ「おこしやす京都AC」の経営(多店舗展開の標準化を完成させる)、国内外1.4万人以上の生徒が在籍する業界最大級のスポーツスクールの運営など、新たなプロスポーツクラブ事業・スクール事業に着手。純粋スポーツ企業としては日本で初めての大型の資本調達を進めながら、国内のスポーツビジネスを構造から変えようとしています。

戦略・ビジョン

東南アジアの巨大財閥とビッグスポーツプロジェクトが進行中。

日本中・世界中に無数のプロスポーツクラブをつくり、グローバルに活躍する人材、ネットワークを構築する。私たちの中核事業の一つであるキッズスポーツスクールは事業開始9年で1.4万人を抱える業界最大級のスクールへと成長。ベトナム、シンガポールにも進出しています。さらに、日本のスポーツ界では異例の国との(ミャンマーナショナルリーグ)合弁会社設立により、ミャンマー国全体のサッカー改革を行う他、東南アジア大財閥と協業したスポーツビジネス展開が進行中。ガーナDiv1クラブ買収も含め今後も様々な国との提携や事業展開を検討しており、国レベルでのスポーツビジネス領域で大きなインパクトを与える仕事を行うことが可能です。

魅力的な人材

『革新』を起こせるのは常に『挑戦』し続けられる人材です。

他人を尊重するスポーツマンシップ、人のせいにしない「原因自分論」が企業文化として社内に浸透しています。ここでは年齢や背景は関係ありません。社員全員がお互いを尊重しているため、自由に発言でき、新しいことに積極的に挑戦することができます。スポーツビジネスの世界に革新を起こす私たちにとって挑戦は重要なキーワード。挑戦を恐れることはありません。たとえ失敗しても振り返り、また挑戦することが奨励される組織です。人材育成においては営業研修や経営研修を毎週実施しています。2017年は17ヵ国で社員研修を実施。12日間のヨーロッパ研修では最高峰のサッカー文化を経験するなど、人間的な幅を広げることも重視しています。

会社データ

事業内容 プロスポーツクラブの大量創設・育成、リーダー人材(監督・クラブ経営者)の大量育成、ITを活用したヘルスケア他、無数のスポーツ関連事業を次々と展開していきます。投資・支援事業も積極的に行いスポーツ版日本発世界企業をつくります。

〇プロスポーツクラブ多店舗展開事業
〇プロスポーツクラブ経営コンサルティング事業
〇スポーツ関連企業への投資事業
〇プロスポーツクラブ経営人材育成事業
〇スマートスタジアム開発事業
〇スポーツ留学・移籍事業
設立 2017年10月(2002年創業の株式会社Jプレイヤーズの一部事業のスピンアウト)
資本金 3億7444万円(2019年4月16日現在)
従業員数 20名
売上高 5.5億(連結子会社含む) (2018年実績)
代表者 代表取締役社長 小山淳
事業所 京都府京都市右京区西京極東大丸町34

(東京本社開設予定)
関係・投資先会社 〇株式会社スクールパートナー
〇おこしやす京都AC株式会社
〇ミャンマージャパンフットボールディべロップメント株式会社
〇キングスパレスFCアコソンボ株式会社
スポーツを通して、豊かで平和な世界をつくりたい 「咲かせようスマイル、つなげようスポーツで」

スポーツXの企業理念です。
この理念を実現できれば、
世界中の様々な地域にプロスポーツクラブができ、
そこで生まれた人々や暮らしている人に
アイデンティや誇りを持ってもらうことができると考えています。
これが日常の充実につながり、
差別や偏見をなくすことにもつながっていくでしょう。
私たちは、スポーツを通してそんな世界をつくっていくことを目指しています。
コアコンピタンス(強み)は、「ビジョン」「人材」「編集力」。 理念の実現のために、
スポーツXは主に次の6つのプロジェクトに取り組んでいます。

〇プロスポーツクラブの多店舗展開プロジェクト
〇アカデミー・スクール
〇クラブ経営人材育成プロジェクト
〇ハンズオン投資・支援プロジェクト
〇スマートスタジアム開発プロジェクト
〇スポーツ留学・移籍プロジェクト

「藤枝MYFC」や「おこしやす京都AC」などスポーツクラブの経営に携わり、
クラブの経営者、監督などもスポーツXの社員が担っています。
さらに事業パートナーである株式会社スクールパートナーと連携して、
国内外合わせて1.4万人以上の生徒が在籍する、業界最大級のスポーツスクールを運営。
これから10年ほどを掛けて、世界で300のクラブ経営に携わることと、
1000万人のスクール生を集めていくことを目指しています。
これらの数字は、世界で誰も成し遂げていないものです。
ビジネス構造を変革し、スポーツビジネスの新しいステージを築く かつてスポーツビジネスは参入障壁が高い領域でしたが、
現在の日本は国を挙げてスポーツ産業を拡大していこうとしています。
同時にJ3やBリーグなどのように、日本を代表するような規模の企業でなくとも
プロスポーツクラブの経営に携われるリーグが誕生し、
確実に参入障壁が下がってきています。
その一方、日本のスポーツビジネスには体育会系的な考えだけで
物事を進めようとする文化がまだ残っているなど、
昨今の不祥事が明らかにしているように構造的な課題も抱えています。
そこで私たちは、各種プロジェクトを通して、
よりスポーツビジネスが人々にとって身近なものにしていく仕組みを構築しています。
ホームページ http://www.sportsx.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)