興進産業株式会社 
コウシンサンギョウ

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

興進産業株式会社 

製造本部 向島工場/造船/鋼材/金属加工
業種
輸送機器
その他製造/金属製品/鉄鋼
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

尾道の対岸・向島、瀬戸内の恵まれた環境に広がる、6万6000平米の広大な本工場。
ここで私たちは、造船に必要な多種多彩な鋼材(例:船のボディの厚板など)の加工・組立てを
巨大な機械や専用ふ頭などの設備を活かし、一貫生産で行っています。
独自の製造体制は、製造プロセスの効率化や高品質な製品に直結していると
大手造船会社・商社、各取引先から高い評価を獲得。
安定した受注実績を誇り、黒字経営を続けています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

先を見越した設備投資と一貫体制の確立で独自のポジションを獲得

5~6万トン、時には数10万トン級の外航貨物船のボディを始めとした随所に使われる鋼材の加工を行っている当社。6万6000平米の広大な工場敷地には、大型設備投資による幅17.5mもの大きな鋼板を2000トンの圧力で一気に曲げ加工できる超大型シップベンダー2機や大型タワークレーン、マグネットクレーンなどの設備が充実しています。さらに、敷地内に専用埠頭と広大な資材保管スペースを有し、海路を使った大量輸送が可能。鋼板資材の受入→保管→仕分→各種加工→組立→製品保管・積込まで一貫体制を確立。社員数80名の企業規模でありながら、大手商社・造船会社からダイレクトに指名を受け続ける安定企業としてのポジションを獲得しています。

魅力的な人材

幹部候補 公募!次世代を担うのは君たちです

大海原を進む船づくりに「興進産業ならでは」のスケールメリットと高度な技術を提供する当社は定着率が高く、近年までは必要に応じて少人数の中途採用を行ってきました。そのため、現在の課長職にあたる管理職クラスは40代以上が中心となっています。安定した業績を続けているなかで、これを次世代に引継ぎ当社の未来を築いていくためには次期管理職の候補者育成が急務となっています。今回の採用はそのための大切な人材投資であり、大いに期待しています。専門性の高い事業ですが、学部や専攻は問いません。仕事に関する知識や実務は、入社後じっくり指導させていただきます。(代表取締役 河合秀昭)

施設・職場環境

日本遺産 尾道の対岸に位置し、多数の取引先が来社する本工場

社員数80名の規模ながら、当社の取引先は日本を代表する商社や造船会社、高炉メーカー。営業というと、担当企業に足しげく通うイメージをお持ちかもしれませんが、当社の場合、ほとんどのケースでお客様が、尾道の対岸にある本工場にわざわざ足を運ばれるのです。それは、長年の実績で“興進産業にしかできない技術”があることを、お客様がよくご存知だからです。当社を売り込む必要性もほぼありません。お客様の要望に応えて、製品の製造難度、現場の状況を踏まえた調整を行い納品する道筋を立てることが大切です。海と山、豊かな自然に囲まれた環境で、船づくりの大切な素材を完璧に納品するために、なくてはならない仕事が待っています。

会社データ

事業内容 ●一貫体制による造船用鋼材の各種加工業
 (鋼板資材の受け入れ→保管→仕分け→
  一次表面加工→切断加工→曲げ加工→
  組み立て→製品保管・積み込み)

・2000トン×17,500mmの超大型シップベンダー(2機設置)
・最大重量130トン(2機相吊り)のタワークレーン
・大型の素材を船で運搬できる当社専用ふ頭(岸壁)

これだけの設備・施設を持った会社は日本でも数少なく、
スケールメリットを存分に活かし、
「興進産業でしかできない」と言われる加工を行っています。

また、尾道対岸の向島にふ頭(岸壁)を有している地の利、海上の利により
国内の大手造船会社や商社との物流拠点・加工・組立てヤードとしての
重要な役割も担っています。

船舶用鋼板加工から船体ブロック組立てまでのプロセスを最初から最後まで一貫して行えるため
シビアな納期が要求されている造船業界に、大きく貢献しています。

★ISO9001認証取得
設立 昭和34年9月
資本金 1億円
従業員数 81名
売上高 当社ならではの設備・技術により固定取引先から安定した発注を獲得。
順調な黒字経営を続けています。
代表者 代表取締役 河合秀昭
事業所 製造本部/広島県尾道市向島町9954-5
本社/神戸市中央区相生町4丁目3-1
主要取引先 日本を代表する商社・重工業メーカーや造船会社をはじめ、
国内全ての高炉メーカーが取引先です。

【商社】
三井物産
JFE商事
JFE物流
伊藤忠丸紅鉄鋼
住友商事
日鐵住金物産

【高炉メーカー】
新日鐵住金
JFEスチール
神戸製鋼

【造船メーカー】
三菱重工業
川崎重工業
常石造船
日立造船
ジャパン マリンユナイテッド
内海造船
三井造船
新来島どっく
尾道造船
岩城造船
沿革 昭和34年 9月   会社創立
昭和35年 5月   広島県御調郡向島町9954番地5の現在地に土地を取得し、
           船舶解徹及び伸鉄圧延事業を開始する。
昭和42年 7月   倉庫業を開始し、日立造船、内海造船むけ鋼板仲継業務を開始する。
昭和42年 8月  70トン塔型クレーンを設備する。
昭和47年 7月   新日本製鐵、三井物産、と提携し日立造船因島工場を主向先とする
           加工工場を建設し、ショット、切断加工を開始する。
昭和49年      2,000トンシップベンダーを設備する。
昭和55年      伸鉄圧延事業を閉鎖する。
昭和58年      80トン塔型クレーンを設備する。
昭和63年      鉄骨加工設備を導入する。
平成 4年      造船用ブロック加工を開始する。
平成 8年11月   港湾運送事業の免許を取得する。
平成 9年12月   食堂、更衣室、娯楽室、会議室を新設する。
平成13年 2月   ISO9001認証取得
平成14年 9月   NCプラズマ切断機(小池製)導入
平成17年12月   NCプラズマ切断機(2号機)導入
平成20年 1月   ぎょう鉄工場を新設する。
平成28年12月  NCプラズマ切断機1機をステンレス鋼対応の新型へ更新する。
平成29年 7月   新型2,000トンシップベンダーを増設する。
企業理念 ・ 「信用第一」今日まで培ってきた優秀な技術を活かし、
お客様のニーズにお応えすべく、たゆまぬ努力をする

・ 「企業は人なり」 優秀な人材を育成し、
 すべての社員が安心して働ける会社を目指す
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)